エリアトラウトロッド2本目買うなら?【よりマイクロルアーを扱えるor操作性に優れた硬めのロッド】

極めて繊細な魚のアタリ、そしてテクニックの違いで釣果に差がつくエリアトラウト。では難しいのかといえばさにあらず。どんなロッドを最初に買えば良いのか? その問いにズバっと回答してくれたのは、ヴァルケインの菊地さん。注目の新作ブレイクスルーゼロヴァージをもとに、どういう用途で選んでいけばいいのか実釣を交えて詳しく解説してくれた。様々な戦術の組み立てに向いたロッドを紹介していこう。

●文:ルアーマガジン・マス王編集部

エリアトラウトを知り尽くすエキスパートアングラー

菊地栄一(きくち・えいいち)

ヴァルケイン代表にしてルアー&ロッドのクリエイター。

数多くのこだわりアイテムを世に送り続け、多くのエリアアングラーから支持を受けるレジェンド。

[写真タップで拡大]

1本目から大きく変えず基準に近いロッドを選ぼう

――2本目のロッドとなると、やはり1本目と大きく用途が違うモデル。そう考えがちだが…?

菊地「2本目におすすめなのは60ULです」

――61Lよりさらに柔らかめ!?

菊地「スローテーパーでよく曲がるようになっています。よりマイクロなスプーンやクランクで、徹底的に使い込んでスローな巻きの感覚をつかんでいく。ラインもナイロンかフロロカーボンを使ってみてください」

――ベースとなるロッドからさらにスローな巻きに特化する。とことん巻きを覚えてから…。

菊地「3本目でようやくボトム、ミノー、トップウォーターといった操作系のロッドへ進みます」

――ここでだいぶ味付けが変わったロッドになるわけですね。ブレイクスルーゼロヴァージでいうと、どの機種になりますか?

菊地「60GLといって、GLはグランドライト。Lより全体的に硬いロッドになります。これは他でいうところのミディアムファースト。全体的にしっかりと張りがあって、ティップは結構入ってくれます。これにエステルやPEを使い、ルアーへ細かい操作をかけていきます」

――ベースをしっかり覚えてから着実にステップアップ。これが菊地流の極意だ!

ブレイクスルーゼロヴァージ 60-UL【ヴァルケイン】

マイクロ寄りの巻きが得意なスローテーパーモデル

[写真タップで拡大]

61Lより全体的に曲がってくれる、スローテーパーのロッド。曲がりやすい分、操作性よりもマイクロルアー寄り。軽いスプーンや、小型クランクのクーガナノといった巻く釣りに特化し、ラインはナイロンかフロロがしっくりくる。

ロッド全長価格(税込)
ブレイクスルーゼロヴァージ 60-UL6ft18,700円

60-ULのテーパーの特性

バット近くのベリーからしっかり全体が曲がる設計

61Lに比べるとバット付近から曲がりはじめており、ロッド全体で綺麗なカーブを描くスローテーパーになっている。

菊地「徹底的に使い込んで楽しめるモデルとなっています」

[写真タップで拡大]

使用ルアー:ハイバースト1.4g【ヴァルケイン】

軽量マイクロスプーンか小型クランクに最適

[写真タップで拡大]

全体的に曲がるロッドなので、マイクロルアーに適している。実釣では水深2mのポイントも攻めたため1.4gのハイバーストを使用。エリア次第でアンダー1gスプーンの出番。

ブレイクスルーゼロヴァージ 60-GL【ヴァルケイン】

ライトより全体的に硬めのロッドでボトム系やミノーなどを操作しやすいモデル

[写真タップで拡大]

GLとはヴァルケインオリジナルの表記で、ライトより硬めのロッド。「一般的にいうミディアムファースト。3本目ではボトム系やミノーといったロッド操作が必要なロッドを試してほしいですね」操作系ルアーはPEメイン、あとはエステルも◎。

ロッド全長価格(税込)
ブレイクスルーゼロヴァージ 60-GL6ft18,480円

60-GLのテーパーの特性

バットからベリーはしっかりティップは結構入ってくれる

全体的に張りがあるテーパーになっており、ティップ自体は結構入ってくれる。写真のように他と同じ負荷を掛けた状態ではベリーからティップまで、なだらかなカーブを描く。

[写真タップで拡大]

使用ルアー:ヴァルキャノン2.8g【ヴァルケイン】

ティップで細かい操作ができるためボトム系ルアーを扱いやすい

[写真タップで拡大]

曲がるロッドに比べて、硬めでティップだけ曲がってくれるロッドなので、ボトムを感じながら操作するようなメタルバイブレーションにピッタリ。ほかにミノーやトップもOK!

『エリアトラウト タックルガイド』発売情報

エントリーモデルからエキスパートカスタムまで、最前線のタックルをまるごと深堀り!!

驚異的なスピードで進化し続ける、エリアトラウト専用タックル。極限の世界でエキスパートを支えるのは、やはり「道具」だった!

超人気ブランドのロッド、ライン、フック、ギア……リールを、ルアーマガジンならではの深掘りで、AAA級アイテムたちの真価をまるごと紹介!

各パートごとには注目度の高いモデルをカタログ的に掲載する、取材記事とカタログスペースの2段構えで、エリア用タックルの全貌をお届けします。

●発売日:2022年4月18日
●定価:1,980円(税込)


※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ルアマガプラス