本場アメリカバス釣りトーナメント年間ランキング3位へ浮上中!【藤田京弥 最高峰への道 Part.4】

日米のトーナメントシーンを股にかけた藤田京弥さんの戦いぶりを追うこの連載。初戦でいきなり決勝進出を決めたバスマスター・ノーザンオープンの舞台で、またしても初日2位の大躍進を見せる。

●文:ルアーマガジン編集部

藤田京弥さんのプロフィール

[写真タップで拡大]

藤田京弥(ふじた・きょうや)

昨年はJB戦で10勝の偉業と共に、最高峰トップ50をはじめ3つのシリーズ戦で年間優勝を獲得。もはや国内に敵なしの天才アングラーは2022年、国内と世界の「二刀流」での頂点へと挑む。1996年4月2日生まれの26歳、埼玉県出身・山梨県在住。

ウエイトとエリアの読みが的中。年間ランキングも3位に浮上!

――7月上旬に行なわれたレイクオナイダ戦、初日に藤田さんが持ち込んだ20lbオーバー(単日2位)には驚きました!

藤田「バラシもラインブレイクもない理想的な展開でした。でも2日目にあそこまで釣れなくなるとは……」

――プラクティスの内容から詳しく教えてください。このフィールドも初めて訪れる場所ですか。

藤田「はい。ニューヨーク州の湖なので、バスボートを置いている南部のテキサスから車で2日半ぐらいかかります」

――移動だけでもバテそう。

藤田「運転はむしろ幸せな時間ですよ(笑)。誰にも会わずにひたすら突き進むだけなので。ただ、到着してプラを始めようと思ったらバッテリーがダメになっていて、そこからまた往復8時間走って買いに行く、ということがありました。練習できたのは実質8日間ぐらいです」

――レイクオナイダは、スモールマウスが多い湖ですよね。

藤田「はじめは僕もそう思ってたんです。どこかに『ディズニーランド(伊藤巧)』があるんじゃないかと。ところが、初日は1尾釣るのがやっとのレベル。プラクティスの前半は1日数本しか釣れませんでした」

――アメリカのスモールなんて、ボッコボコに釣れるイメージですが?

藤田「個体数が少ないんだと思います。魚探を見ながら『いた!』と思って釣るとほかの魚種ばかり。ドラムやウォールアイ、パーチ、でっかいブルーギルの仲間とか、オヤニラミが大きくなったような魚とか。同じスモールフィールドでも野尻湖や桧原湖とはまったく違いますね。特に、沖の中層で群れているような魚は皆無でした」

例年なら1日15lb平均で決勝進出だったレイクオナイダだが、この試合はハイウエイト戦に。初日にスモールマウスのみで20lbを持ち込んだのは藤田京弥だけだった。 [写真タップで拡大]

――ではいったいどういう場所に?

藤田「全域に数え切れないぐらいのハンプがあって、そういうところに単独でついてます。それを1尾ずつ探して、1/4ozのダウンショットのシューティングで釣るのがメインとなったパターンでした」

――数日しか経験のない場所で、なぜ20lbというビッグウエイトが出せたんでしょう。

藤田「いちばん大きかったのは、そのポテンシャルを持ったエリアを見つけていたことだと思います。ほかにも釣れる場所はたくさんあるんですよ。湖の中央に有名なハンプ群があって、僕もプラではチェックしたんですが、4lb(=約1,800g)を超えるスモールがなかなか釣れない。最高でも5尾で18lb程度だとわかったので見切りました」

――ちょっと待ってください。今回の優勝者のウエイトは18lb台×3日間ですよ。

藤田「結果的にはそうでしたね。前の週のローカルトーナメントで19lb台まで釣れていたので、優勝するにはそれ以上だなと。それで4lbクラスがねらえるエリアをメインにしたんです」

例年なら1日15lb平均で決勝進出だったレイクオナイダだが、この試合はハイウエイト戦に。初日にスモールマウスのみで20lbを持ち込んだのは藤田京弥だけだった。 [写真タップで拡大]

想定外だったプレッシャーの破壊力

藤田「初日は朝からメインエリアに入り、12時ごろまでに30本ほど釣りました」

――釣りすぎです(汗)。

藤田「1,600gでも入れ替えできないので、最後のほうは「もったいないなぁ」と思いながらやってました。さすがに釣らないとサイズまではわからないので」

――同船したコアングラーはラッキーでしたね。

藤田「うしろでは1尾しか釣れてません。スモールに関しては」

――えっ?

藤田「2日目の人も同じですね」

――藤田さんが30尾釣っている間に、多少のおこぼれはないんですか。

藤田「そんなに甘くないってことです。1尾ずつシューティングで抜いていく展開なので、うしろからざっくりやっても釣れません」

――なるほど……。

初日の午後はラージマウスを追ってオナイダ川へ。ウイードをテキサスリグで撃つと2kgフィッシュが反応したが、サオを曲げたのはコアングラーだった。 [写真タップで拡大]

藤田「ただ、初日の最後にコアングラーにやられちゃったんですよ。湖から流れ出るオナイダ川を30分ぐらい下ったところに、デカいラージマウスが釣れる場所を見つけてたんです。20lbが揃ったあと、午後からねらいに行ったのは良かったんですが、2.5kg級を抜かれてしまって。テキサスリグをポンポン落とせば飛びついてくるイメージがあったんですけど、この日は丁寧に誘ったほうがよかったみたいです」

――さて、2日目は一転して13lb10oz。風が出て荒れたようですが、ウエイトが伸びなかったのはそのせい?

藤田「初日にいろんな選手に叩かれすぎたんだと思います。2日目の朝、例のエリアに入ってエレキを下ろした途端、やばいなと思いました。ぜんぜん魚が映らないんです」

――バッティングも相当あったんでしょうか。

藤田「エリアが広いので船団というほどではないんですが、おそらく初日の昼に僕が離れたあとにも釣られまくったんでしょうね。バスマスターOPENは毎回200人以上の選手がいて、みんなガチなんですよ。本気でエリートを目指す若手が増えているようで、MLFから流れてきた選手もいるので」

――ハイレベル化してるんですね。

藤田「なのでプラの段階から、3日間スモールマウスだけでは持たないだろうと思っていて、決勝はラージマウスだけで勝負するつもりでした」

――その展開も見たかった!

藤田「予想よりプレッシャーの影響が早かったですね」

――とはいえ今回も16位入賞。ノーザンOPENの年間ランキングも3位に浮上ですよ。

藤田「次戦のチェサピークベイはほとんど海だと聞きました。それがどういうことなのか、まだよくわかってません(笑)」

エリートプロへの登竜門であるバスマスターオープンは近年人気が過熱気味。高性能魚探を使いこなす若手の優秀なアングラーも多く、エリートシリーズとは違ったハードルの高さが生じている。 [写真タップで拡大]

藤田京弥2022トーナメントスケジュール

バスマスターオープン

試合日参加試合開催場所
4月14~16日ノーザンオープン第1戦ジェームズリバー(バージニア州)【10位】
4月28~30日セントラルオープン第1戦ロスバーネットレイク(ミシシッピ州)【46位】
7月7~9日ノーザンオープン第2戦レイクオネイダ(ニューヨーク州)【16位】
9月8~10日ノーザンオープン第3戦チェサピークベイ(メリーランド州)
9月22~24日セントラルオープン第2戦レッドリバー(ルイジアナ州)

JBトップ50

試合日参加試合開催場所
4月1~3日第1戦遠賀川(福岡県)【優勝!】
6月3~5日第2戦弥栄ダム(山口県)【11位】
7月22~24日第3戦北浦(茨城県・千葉県)
9月9~11日第4戦霞ヶ浦(茨城県・千葉県)※現時点では、不参加の予定

JBトップ50第1戦の密着ドキュメント「京弥のターン」は必見です!

『ルアーマガジン』2022年11月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2022年11月号

今回の表紙は「る○ぶ」をイメージしています。って、言わなくてもわかりますかね(笑)。旅をテーマに特集を考えていたときに真っ先に浮かんだイメージがコレでした。楽しそうでいいですよね~。実際、内容のほうも非常にバラエティ豊かなものになっています! ガチで使えるハウツーはもちろん、冒険心をくすぐる実釣企画、たくさんのお役立ち情報…。「る○ぶ」のように皆さまを楽しい旅へと導きますよ!

  • 発売日:2022年9月21日
  • 定価:990円(税込)

※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ルアマガプラス