「吊るし」はここぞで使え!【江口俊介の差がつくバス釣りカバーテク】

私たちのフィールドには、ルアーを送り込むのがためらわれるような難攻不落のヘビーカバーが存在する。水面に分厚く堆積したフローティングカバー。キャストさえ許されないほど高く伸びた草木やアシ。そんな手強いヘビーカバーを味方にするテクニックを我らが釣りウマ兄貴・エグシュンこと江口俊介さんにレクチャーしてもらった。今回は「吊るし」の使い方をご紹介。

●文:ルアーマガジン編集部

2024 新製品情報

江口俊介さんのプロフィール

[写真タップで拡大]

江口俊介(えぐち・しゅんすけ)

日本最高峰のバスフィッシングトーナメント・JBトップ50で長きに渡り活躍し、数々の輝かしい戦績を残し2022年に引退。バス・ソルト問わず様々な釣りに精通する誰もが認める釣り上手。

COVER TECHNIC FILE01「吊るし」

[写真タップで拡大]

やり方

ベイトフィネスタックルあるいはパワーフィネスタックルを使って、カバーにラインを引っ掛けてルアーを落とし込む。一定時間シェイクして、反応がなければ一段下にフォールさせ、またシェイクを繰り返そう。

適合ルアー

  • スモラバ
  • ネコリグなど

有効なシチュエーション

  • バスがスロー(低活性)だと感じるとき
  • ラインを吊るせるものがあるとき
  • バスがいる可能性が高いと思えるピンポイントで

食わせ能力の高さと手返しの悪さを天秤にかけて上手に活用しよう!

江口「通常カバーがある所って連続していることが多いので、それを全て吊るしで誘ってしまうと時間がかかりすぎる。ここぞというときに繰り出す食わせの必殺技ですね。誘うレンジは正直ケースバイケースです。冬であればはじめからボトム付近で誘うことが多いし、これからの季節だったら表層のちょうちんからスタートするといいと思いますよ。シェイクする時間はこれも状況によります。期待度が高いカバーであれば1分以上一定レンジでシェイクすることもありますし、水深がある場合はテンポよくレンジを下げたりもします」

『ルアーマガジン』2023年9月号 発売情報

ルアーマガジン史上初めてのスモールマウス×オカッパリの表紙を飾ってくれたのは川村光大郎さん。大人気企画「岸釣りジャーニー」での一幕です。その他にも北の鉄人・山田祐五さんの初桧原湖釣行や、五十嵐誠さんによる最新スモールマウス攻略メソッドなど、避暑地で楽しめるバス釣りをご紹介。でもやっぱり暑い中で釣ってこそバス釣り(?)という気持ちもありますよね? 安心してください。今年の夏を乗り切るためのサマーパターン攻略特集「夏を制するキーワード」ではすぐに役立つ実戦的ハウツー満載でお送りします! そして! 夏といえばカバー! カバーといえば…フリップでしょ!! 未来に残したいバス釣り遺産『フリップ』にも大注目ですよ!


※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事