沢村幸弘、川村光大郎、川島勉に聞くバス釣りカバー攻略Q&A【重要なこと、差がつくカバー攻略、フッキングのタイミング】

「釣り場に行くとあっちもカバー、こっちもカバー。ルアーを投げられる場所がわからなくて困ってるんです!」な~んて嘆いているそこのアナタ! カバーが有るならカバーを撃てば良いのだ! え? カバー撃ちが苦手だって? もうひと安心。ここは行列のできるカバー相談所。あらゆるカバーの釣りに精通した3人のセンセイが、アナタの疑問をバッチリ解決して、カバーに対する苦手意識をなくしてくれるぞ! 今回は「重要なこと、差がつくカバー攻略、フッキングのタイミング」の3項目を聞いてみた。

●文:ルアーマガジン編集部

3人のセンセイをご紹介

沢村幸弘センセイ

[写真タップで拡大]

バスフィッシングの黎明期より活躍し、今なお数々のトーナメントで好成績を残すレジェンドアングラーにして二代目陸王。JBトップ50遠賀川戦では、圧倒的強さで連勝し「遠賀川の神」の異名を持つ。河口湖のショップ「キャリル」を経営するかたわら、リールのチューンやカスタムパーツの開発も行う。ベイトフィネスを日本に浸透させた張本人である。

川村光大郎センセイ

[写真タップで拡大]

最多陸王戴冠者にして、大人気メーカー・ボトムアップ主宰。オカッパリのみならず、ボートでもその実力を遺憾なく発揮し、あらゆるメディアで引っ張りだこの名実ともに人気ナンバーワンアングラー。カバーに対するあらゆる釣りに定評があり、中でも針先を完全に隠せる『スナッグレスネコリグ』を世の中に広めた功労者と言っても過言ではないだろう。

川島勉センセイ

[写真タップで拡大]

房総リザーバーのウルトラスーパーロコアングラー。これまでにも数々の名作ルアーを手掛け、ロコテクを全国レベルへと昇華させてきた。そしていよいよ自身のブランド「BETOBETO」をスタート。ますますの活躍に注目が集まる。ソフトベイトを用いたカバー撃ちはもちろん、ビッグベイトやスピナーベイトなど、ハードルアーでのカバー攻略も得意とする。

【Q4】カバーフィッシングで1番重要なことってなんだと思いますか?

【沢村センセイ】入れていく順番

沢村センセイ
沢村センセイ

目視できるカバーであれば、ルアーを入れていく順番。一番奥から攻めてバスを釣ったら、ファイト中に他の魚が逃げてしまうことが考えられます。いきなり確信をついた場所に入れていくのではなく、外側から入れていくことで、ひとつのカバーから複数の魚を獲ることもできますから。

[写真タップで拡大]

【川村センセイ】接近からプレゼンテーションまでのアプローチ

川村センセイ
川村センセイ

バスに察知されないように近づき、正確なキャストと小さな着水音でアプローチすることです。

[写真タップで拡大]

【川島センセイ】30~40cmが余裕で引っこ抜けるタックルを用意

川島センセイ
川島センセイ

根掛かりしやすいタックルを使ってしまうと、仮に魚を掛けられても、カバーから出せなくなってしまいます。なので、引っかかりにくいリグを使って、カバーにも魚にも負けないタックルを選ぶことが重要だと思います。30~40cmくらいのバスであれば、引っこ抜けるくらいのものがいいですよね。

[写真タップで拡大]

【Q5】フッキングのタイミングや注意点があれば教えてください

【沢村センセイ】ラインの太さに注意

沢村センセイ
沢村センセイ

まずはカバーに対して適切なラインの太さを選ぶことが大切で、それがラインブレイクせず、高いフッキング率につながります。アワセで切れてしまうのはナンセンス。カバーの釣りは、ラインがカバーと接触した状態でフッキングすることが多い。それでも全力でアワセないとフッキングが決まらない。なので、適切なラインセレクトをして、切れないという前提のもとに思い切りフッキングすることが重要です。これもカバーによって力加減やタイミングは多少変わってきますけどね。

[写真タップで拡大]

【川村センセイ】待ちすぎない

川村センセイ
川村センセイ

ルアーが口に入って、魚が反転してからアワセてしまうとカバーに巻かれてしまうかもしれないので、カバーがきつい場所ほど即アワセですかね。逆にウィードならいっぱい待ったりもしますが。まあある程度デカい魚であれば、手元にコツンときたら丸呑みしているはずなので、すぐにアワセて良いと思いますよ。

【川島センセイ】即アワセ派です

川島センセイ
川島センセイ

カバー越しで送り込むのはその分、奥に入られてしまうのでキャッチ率が下がります。なので、僕は送るくらいなら即アワセ派。バイトがあったら、「食った」という言葉が間になる程度。食った、バシッ! が理想です。

【Q6】人と差がつくカバーの撃ち方があれば教えてください

【沢村センセイ】こまめに丁寧に!

沢村センセイ
沢村センセイ

プレッシャーが掛かっていると感じたら、カバーにルアーを入れる場所、回数を、こまめに丁寧にしていく。あとはルアーのフォールスピードを遅くする、もしくは逆に速くする。ウエイトを軽くしてスローに落とすのも良いし、ヘビーウエイトでリアクション効果を上げてやるのもバイトに繋がったります。

【川村センセイ】3つの要点があります

川村センセイ
川村センセイ

「撃ち所を見極める」「入れにくいスポットにも頑張って入れる」「的確なルアーセレクト」この3つです! 特に撃ち所を見極めることは重要で、キャストはうまくても無駄が多い人をよく見かけます。風や流れを考慮し、バスの向きや付き場をちゃんとイメージして撃つこと。そして次に撃つ場所を前の段階から常に考えておくこと。ルアーセレクトは、ボリューム、アクション、フォールスピード、カラーなど、状況に合ったものを選べること。あと僕の場合、人よりシンカーウエイトが軽めを使うことが多いのですが、軽いほうが着水音が抑えられるし、速さ(重さ)は強さに繋がるので、タフが前提の昨今は軽めが主流です。でも、それでカバーの隙間に落ちていかないのは本末転倒なので、落とせる範囲で軽く! が鉄則ですね。

[写真タップで拡大]

【川島センセイ】バスの目線を意識して誘う

川島センセイ
川島センセイ

カバーにルアーを入れて、フォールで食えばいいのですが、その後の誘いで食う魚も多いです。そういった魚に口を使わせるために、なにかにコンタクトしている状態で誘うのがポイントだと思います。例えば浮きゴミなら直下だし、崩落跡なら枝に引っ掛けた状態とか。というのも、それがバスの目線になることが多いんですよね。

『ルアーマガジン』2022年11月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2022年11月号

今回の表紙は「る○ぶ」をイメージしています。って、言わなくてもわかりますかね(笑)。旅をテーマに特集を考えていたときに真っ先に浮かんだイメージがコレでした。楽しそうでいいですよね~。実際、内容のほうも非常にバラエティ豊かなものになっています! ガチで使えるハウツーはもちろん、冒険心をくすぐる実釣企画、たくさんのお役立ち情報…。「る○ぶ」のように皆さまを楽しい旅へと導きますよ!

  • 発売日:2022年9月21日
  • 定価:990円(税込)

※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ルアマガプラス