「カバー」狙うならカバージグも再評価されるべき【江口俊介の差がつくバス釣りカバーテク】

私たちのフィールドには、ルアーを送り込むのがためらわれるような難攻不落のヘビーカバーが存在する。水面に分厚く堆積したフローティングカバー。キャストさえ許されないほど高く伸びた草木やアシ。そんな手強いヘビーカバーを味方にするテクニックを我らが釣りウマ兄貴・エグシュンこと江口俊介さんにレクチャーしてもらった。今回は「パンチング」の狙い方をご紹介。

●文:ヤングマシン編集部(□□□□) ●写真:□□□□ ●外部リンク:□□□□

江口俊介さんのプロフィール

[写真タップで拡大]

江口俊介(えぐち・しゅんすけ)

日本最高峰のバスフィッシングトーナメント・JBトップ50で長きに渡り活躍し、数々の輝かしい戦績を残し2022年に引退。バス・ソルト問わず様々な釣りに精通する誰もが認める釣り上手。

COVER TECHNIC FILE04「カバージグ&テキサスリグ」

[写真タップで拡大]

王道(カバージグ)なくして応用(吊るし等)なし!

フィネスや変化球もいいけど、定番『カバージグ』も再評価されるべき!

江口「『王道』っていうのは、これまでカバー撃ちの定番であったカバージグやテキサスリグなどの釣りのこと。カバー撃ちの本質は『効率良くカバーの最奥までルアーを送り込む』ことだと思います。それをフィネス化していくと効率的にテンポ良く最奥を攻めることが難しくなる。ハイプレッシャーフィールドだからといって、例えば吊るしばかりしていると、取りこぼす魚は必ず出てきますよ。近年フィネス方向のカバー撃ちが流行っているからこそ、そういった人達が取りこぼしている魚を王道のカバージグで取れたりするんです。まずは正攻法をマスターすることも大切です。あと、タフになるとみんなルアーを軽くしがちだけど、そうするとバスにルアーを見せる時間も長くなります。逆に重くすると、ストンッと落ちてバスに見切られにくくなる。ハイプレッシャーにリアクション要素を入れるっていうのは基本ですね」

まだまだあるぞ! カバーちょいテク【番外編】

ディッピング

[写真タップで拡大]

浮きゴミやマットカバーなど、キャストではルアーを送り込むことができないカバーでは、ティップをカバーの中に突っ込み、クラッチを切ってルアーを落とし込むことで攻略可能。川村光大郎さんがよく使うテクニックだ。

壁ドンリアクション

[写真タップで拡大]

オーバーハングやレイダウンなどにただルアーを入れるだけでは反応しないバスも、スキッピングでカバー奥の岸や壁にルアーを叩きつければ、何の疑いもなく口を使うことがある。「壁」はバスにとってベイトを捕食する格好の「狩場」なのだ!

『ルアーマガジン』2022年11月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2022年11月号

今回の表紙は「る○ぶ」をイメージしています。って、言わなくてもわかりますかね(笑)。旅をテーマに特集を考えていたときに真っ先に浮かんだイメージがコレでした。楽しそうでいいですよね~。実際、内容のほうも非常にバラエティ豊かなものになっています! ガチで使えるハウツーはもちろん、冒険心をくすぐる実釣企画、たくさんのお役立ち情報…。「る○ぶ」のように皆さまを楽しい旅へと導きますよ!

  • 発売日:2022年9月21日
  • 定価:990円(税込)

※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ルアマガプラス