金森隆志さんが解説! マイクロベイトのバス釣りタックル編成は?

バス釣りフィネスの最先端『マイクロベイト』。まだ導入してないアングラー、または導入してもなんだか難しくてよくわからない人も多いはず。そんなクセの強い、ある意味振り切ったルアーたちの扱い方を、金森監督がオカッパリからわかりやすく解説!今回はタックル編成について。

●文:ルアーマガジン編集部

金森隆志さんのプロフィール

[写真タップで拡大]

金森隆志(かなもり・たかし)

類まれなる岸釣りのスキルを持ち、取材中に高確率でビッグバスを叩き出す、バス釣り界のスーパースター。マイクロベイトの有効性にいち早く目を付け、代表を務めるレイドジャパンからは、すでに複数のルアーをリリースしている。

極小かつ軽量リグを扱う、最重要項目

普段のタックルで扱うなら極細PEラインがマスト!

極めて専門性の高いリグだけに、タックルは気になるところ。やはり、かなり繊細なモノになるはず。金森さん……否! 金森監督、そのへんいかがでしょう?

金森「そうですね、理想を言えばエクストラライトやアジングロッドみたいなロッドを…と言いたいところですが、オカッパリで専用タックルを用意して、常に持ち歩くのは出番の少なさから見ても得策とは言えません。それに色々制限があるオカッパリでは掛けてからのリスクも大きいです。ある程度普段のタックルに落とし込む必要があります。

それを叶える要がPEラインです。この釣りは極論、ラインで飛ばして、操作して、掛けるという、PEありきの釣り。0.3号くらいのPEであれば、普段使っているウルトラライトのロッドでほぼ不自由なく扱えます。というか、そのタックルが最近のフィネス全般を扱っているタックルなので、僕にとっては専用タックルでもなんでもないんですけどね。

なので、タックルバランスの重要度を順序立てするなら、ライン、ロッド、リールの順です」

フィネスタックルのラインシステムがPE主流になりつつある昨今では、それを取り入れているアングラーならマイクロベイトのハードルはグッと低くなったはず。その一方、フロロラインがメインのアングラーにはマイクロベイトを扱うのは難しいのでしょうか?

金森「飛距離を必要としない足元を釣る環境であれば、フロロでも大丈夫です。あとは風が強いときなんかは逆にフロロが有利に働くこともありますよ」

[写真タップで拡大]

金森隆志のマイクロベイトタックルについて

マイクロ専用、否! フィネスバーサタイルタックル

[写真タップで拡大]

右のタックル

  • ロッド:グラディエーターマキシマムGX-61ULS-ST マックスフィクサー【レイドジャパン】
  • リール:ヴァンキッシュC2500SHG【シマノ】
  • ライン:アバニソルトウォーターフィネスX8 0.3号【バリバス】+グランドマックス1号【シーガー】

左のタックル

  • ロッド:グラディエーターマキシマムGX-59ULS-AS ソリッドマックス【レイドジャパン】
  • リール:ヴァンキッシュC2000SHG【シマノ】
  • ライン:アバニソルトウォーターフィネスX8 0.3号【バリバス】+グランドマックス1号【シーガー】

リトルスウィーパー2.5in【レイドジャパン】

[写真タップで拡大]

リールは軽く、コンパクトに

[写真タップで拡大]

金森さんがメインで使っていたヴァンキッシュC2500番、リール自体が軽量なので繊細な操作が快適に。また近距離でのキャスト精度を求めるときはスプールが小口径なC2000番を使うことも。

リーダー結束はお金で買いました(笑)

[写真タップで拡大]

リーダーの結束時、ハピソンのラインツイスターを愛用する金森さん。ちなみに金森さんのリーダ長は基本1m。風や流れが強い場所で2mほど。

金森「僕は練習してもFGノットが組めなかったので、キレイかつ速さをお金で買いました(笑)」

風が強いときの対処法

ティップダウンで操作

風が強い時や流れのある場所での対処はリーダーを長くする以外に、ロッドポジションでも対処できる。

金森「スト系だと、ふわふわ感を出すのにどうしても縦捌きしたくなると思うんですけど、横捌きでも、シェイク時のテンションを優しくすれば、ある程度のふわふわ感を残しつつ、風があるときでも精度を落とさずにやり切れます」

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2022年11月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2022年11月号

今回の表紙は「る○ぶ」をイメージしています。って、言わなくてもわかりますかね(笑)。旅をテーマに特集を考えていたときに真っ先に浮かんだイメージがコレでした。楽しそうでいいですよね~。実際、内容のほうも非常にバラエティ豊かなものになっています! ガチで使えるハウツーはもちろん、冒険心をくすぐる実釣企画、たくさんのお役立ち情報…。「る○ぶ」のように皆さまを楽しい旅へと導きますよ!

  • 発売日:2022年9月21日
  • 定価:990円(税込)

※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ルアマガプラス