革新的過ぎて理解されていない!? スリムアサシン149ジェットブーストが秋のシーバスゲームの主軸になり得る理由[SHIMANO エクスセンス]

その名の通り、細身のボディが特徴的なシーバス用ミノー。一見、サヨリパターンを意識したものかと思いきや、実はそれだけにとどまらない実力と汎用性を持つ。実際に、開発の段階から深く関わった、シマノインストラクターであり、自身のブランド「マルジン」でもルアーをプロデュースする島田仁正さんに、このスリムアサシンの活用方法を解説して頂いた。

●文:ルアーマガジンソルト編集部

[写真タップで拡大]

嶋田仁正(しまだ・じんせい)

広島県在住。卓越したスキルでランカーを量産するデカシーバスハンター。理路整然としたパターン追求を旨とし、ルアーやタックルに関する深い独自理論を持ち合わせる。シマノインストラクター。ルアーメーカー「マルジン」代表。

遠距離シャローレンジにスリムミノーを投入可能という新境地

エクスセンス スリムアサシン149F/149S ジェットブースト(シマノ)

【149F】
●全長:149mm ●自重:20g ●飛距離:64m ●スイムフォーム(角度):8° ●本体価格:2490円

【149S】
●全長:149mm ●自重:22g ●飛距離:65m ●スイムフォーム(角度):6° ●本体価格:2490円

サヨリなどの細身のベイトフィッシュを捕食しているときにマッチするロングミノー。シンキングモデルも登場し、攻略レンジが広がり飛距離もアップした。巻きだけでなくジャーキングメソッドにも対応してくれる。貫通シャフト式の重心移動ウエイト搭載で、圧倒的飛距離を実現。リアルなウロコホログラムのスケールブーストも採用。 [写真タップで拡大]

この記事は、嶋田さんがウェーディングで中海を攻略する際に取材されたものである。季節は秋。当日の状況は、海に向かって降りていこうとするシーバスの通り道を探る。まずはスリムアサシン149のシンキングタイプから投入。

ウェーディングゲームを開始。夕マズメに備えてシーバスの回遊スポットをチェックする。スリムアサシンの圧倒的な飛距離は、このようなオープンエリアで威力を発揮する。 [写真タップで拡大]

嶋田「これは細身のミノーなのでサヨリパターン専用かと思う人もいるかもしれませんが、サヨリだけでなくどんなベイトフィッシュにも対応するルアーになっています。ただ巻きでは、流れの変化を受けてアクションがフリーズするような可変アクションを搭載。また、シンキングになって、ウエイトバランスが変わったことで、トゥイッチやジャーキングもかなり良い動きが出るようになりました。なので、デイゲームにもぴったりなルアーになっていますよ」

このルアーの大きな武器のひとつが飛距離。遠距離に見えるベイトフィッシュの波紋や潮目も楽々と届いている。

流れを受けて泳ぎが一瞬「フリーズ」して魚にアピール

スリムアサシンはリトリーブ中に流れの変化に差し掛かると、アクションが一瞬止まったような動きを見せる。これがアクセントとなり。シーバスの捕食スイッチが入るきっかけにもなる。ヒラを打つのではなくフリーズするというのがこだわりポイントだ。 [写真タップで拡大]

嶋田「バイブレーションと同様の飛距離が出ていますよね。シンキングではありますがそこまで潜らないので、遠距離の上のレンジを攻めることができる。橋の明暗部攻略では、ルアーのスイムレンジがとても重要になってきます。そんな中で、バイブレーションの飛距離で浅いレンジが引けるこのルアーは、ローテーションの中でかなり活躍すると思います。アクションは巻いてよし、流してよし、ジャーキングしてよしと、結構芸達者なルアーになっていますよ」

スリムアサシンは細身&ロングのミノーだが、実は応用範囲が広い。ローテの幅を広げる意味でも、これからの時期にぜひボックスに入れておきたいルアーだ。 [写真タップで拡大]

使うタックルは、スピニングでもベイトタックルでもどちらでも使用可能。前述した、スコーピオンMDとエクスセンスジェノスB80H/RFの組み合わせもオススメだ。

エクスセンス ジェノスB80H/RF(シマノ)

●全長:8ft(2.44m) ●継方式:並継 ●継数:2本 ●仕舞寸法:150cm ●自重:157g ●ルアー重量:14〜100g ●適合ライン(PE):2.0〜4.0号 ●本体価格:69,300円 [写真タップで拡大]

嶋田「このロッドはティップセクションが繊細なので、ビッグベイトだけでなく、ミノーやバイブレーションなどあらゆるルアーを使うことができます。ナイトのウェーディングゲームで使っても面白いですよ。使い心地はしなやかですが、秘めたパワーはかなりのもの。テストではウェーディングで12kgのブリもキャッチしているので、パワーは全く問題ありません」

ハイシーズンに入ればスリムアサシンサイズのミノーが大活躍。この日はロングレンジに魚が溜まっていたため、スリムアサシンの飛距離が大きな武器になった。 [写真タップで拡大]

竿抜けスポットの表層を攻略できるスリムアサシン149で、秋のシーバスゲームを堪能してみてほしい。


※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ルアマガプラス