次世代バス釣りスピニングにおけるPEラインの革新

今、スピニングタックルの常識が進化しつつある。いわゆるフィネスタックルに、PEラインを巻くスタイルが浸透してきているのだ。そしてその革新の背景には、PEラインの進化があった…。YGKテスター高須賀豊さんが解説。

●文:ルアーマガジン編集部

高須賀豊さんのプロフィール

[写真タップで拡大]

高須賀豊(たかすが・ゆたか)

YGKテスター。ゆたかボーイの愛称でも知られるオカッパリアングラー。ストロングスタイルを信条としつつも、テクニカルかつ豊富な引き出しを持つ。

『バス釣り』に適したPEラインの登場

バスフィッシングの定番ラインといえばフロロカーボンだが、近年その枠にPEラインが拡大しつつある。それを実感していると語ってくれたのは、エックスブレイドのプロスタッフである高須賀豊さんだ。

高須賀「オカッパリというタックル制限のあるスタイルでは、現場に持ち込めるスピニングタックルは多くの場合で1本。自分の場合は特にそうですが、メインとなるベイトタックルによるストロングスタイルが効かないときのフォロータックルとなるので、軽いルアーの遠投からサイトフィッシングまで、フィネス全般での使用が想定されます」

まさにそのシチュエーションで、PEラインが活躍するのだという。

高須賀「最近のバス釣りって、数は釣りにくくなっているけど1尾のサイズが上がっている印象があるじゃないですか。そんなときにPEラインが持つ圧倒的な強さは心強いのです。それからサイトで『吊るし』をやるときですね。タックルがタックルなのでヘビーカバーでやるわけではありませんが、フロロ4lbでは不安になるシチュエーションは多いです。そんなときもPEラインなら、キャスタビリティやプレッシャーを最低限に抑えつつリーダーを太くすることで対応できるわけです。スピニングでハードルアーを使いたいときにはフロロを使ったりしますが、それは特殊な状況。今ではPEスピニングがほぼメインと言えますね」

それを支えるのが、エックスブレイドの『フィネスシャングリラ』。このラインだからこそ、PEタックルでのフィネスを完遂することができるのだという。

絶妙な張りを持つフィネスシャングリラ。ラインの端を摘んで立ててると、まるでモノフィラメントラインのように素直に自立する。 [写真タップで拡大]

高須賀「エックスブレイドのバス用PEラインで最も細いラインナップを展開する文字通りのフィネス用ラインが『オルトロスPE WX8 フィネスシャングリラ』です。一言で表すならフロロ的な使用感のあるPEライン。従来の細いPEラインって、柔らかすぎたり逆に針金みたいに硬いものが多かったんです。でもフィネスシャングリラはそこが絶妙で、フロロタックルから持ち替えても違和感が無い。バスフィッシングって、海のルアー釣りとは違う独自のキャスティングだったりするので普通のPEラインだとトラブルが起きがちなんです。でもフィネスシャングリラなら、その心配はありません。初心者や久々にバス釣りをやったような人であっても、とにかくトラブルレスです」

品質の向上、そして製品の進化。PEラインの進化がまさに今、バスフィッシングに革新をもたらしているようだ。

オルトロスPE WX8フィネスシャングリラ【XBRAID】

超強力フィネスフィッシング用PEライン

エックスブレイドが誇るハイクオリティラインの骨子『WX工法』に加え、コシとしなやかさを両立させたHST加工も加わり、トーナメントシーンなど、極限状態で求められる飛距離、強靭高強力、トラブルレスを実現したライン。エックスブレイド最強の原糸を使用しているため、0.4号でも10lb相当の強さを誇る。

[写真タップで拡大]

タックルセッティング

  • ロッド:グラディエーターマキシマム GX-59ULS-AS ソリッドマックス【レイドジャパン】
  • リール:コンプレックスXR C2000HGS【シマノ】
  • リーダー:アンバーコードアブソーバー ウルトラストロングFCリーダー 0.8~1.5号【XBRAID

よく曲がるがゆえのフルソリッドロッドならではのフッキングの悪さを、伸びの少ないPEラインでカバーできる最強のセッティング。リーダーは「速攻8の字むすび【DAIWA】」を使用したトリプルエイトで組んでいる。お手軽かつ強力なノットだ。

『ルアーマガジン』2023年3月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2023年2月号

今回の特集「バスプロ名鑑」では、バス釣り業界で活躍する有名アングラー100名のプロフィールを大公開! 年齢、身長体重など基礎的なスペックに加え、血液型や出身地なども併せて紹介しているので、アングラー同士の意外な関係性が見えてくるかも!? もうひとつの特集「バス釣りハローワーク」は2022年4月号にて大好評だった企画。様々な形で釣り業界に係わる方々に、仕事内容や就いたきっかけ、はては給料まで聞いてしまっています…!

  • 発売日:2022年12月21日
  • 定価:990円(税込)

※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ルアマガプラス