2022年リューギのバス釣りリグパーツ革命!『グライドハンガー』を解説

あのミドスト&ホバストの名手として知られる山岡計文さんが、今度は超画期的リギングパーツ『グライドハンガー』を発明! 幾通りものリグを可能にする変幻自在のこのパーツ。徹底的に使いこなすべく、基本から応用までをレクチャーしていただくことにした。

●文:ルアマガプラス編集部

山岡計文さんのプロフィール

[写真タップで拡大]

山岡計文(やまおか・かずふみ)

トッププロ兼クリエイター溢れ出すマルチな才能!

紀伊半島のディープセントラル・七色ダムの畔で生まれ育ったバスフィッシング・エリート。国内最高峰JBトップ50コンペティターにして、プロガイドに下北山村議会議員と三足の草鞋で活躍中。今回解説のモデルも山岡さんのようにマルチ!

グライドハンガー【リューギ】

スペック

サイズ入り数価格(税込)
S、M、L各6個495円

参考フックサイズ

SサイズMサイズLサイズ
リミット#1
インフィニ#1~#1/0
リミット#1/0~#3/0
インフィニ#2/0~#4/0
リミット#3/0~#5/0
インフィニ#4/0~#6/0

「デメリットなし、メリットしかない」

マグカップの持ち手にも似たシェイプの硬質ワイヤーで、その一方にはリングアイ、もう一方には開閉可能なハンガーアイ。それ単体では、使い道の想像が付かないシンプルなパーツがここにある。

山岡「基本的な装着方法は、ラインの先をリングアイに通してから、ルアーのアイへと結びます。そしてハンガーアイから(アイ付き)シンカーを通して、フックのシャンクに装着します」

開発者である山岡計文さんは『グライドハンガー』の使い方をまずこう解説。フォール時はシンカーが先端へと移動してスピーディーなフォールを実現。一方、操作時はシャンク間をシンカーが上下左右に可動する。

「元々はミドストやボトストがより簡単にできるパーツとして考案しましたが、よくよく考えてみれば『コレって何にでも使えるよな』って。例えば……」

出るわ出るわ、無限の手法!

「発想力のある人なら、もうメリットしかないと思います」

各項を参考にさぁ、挑もう!

『グライドハンガー』サイズバリエーション

フックの軸線径マッチが基本…だが、しかし!

左からS、M、Lサイズ。 [写真タップで拡大]

フックの軸線径に対するクリアランスを保つべく、使用フックサイズは左ページを参照。「小さなフックにLでシンカーのスライド幅が広がり、大きなフックにSなら重心集中します」創意工夫次第!

セット方法の基本

まずはリングアイにラインを通すだけ

[写真タップで拡大]

セット方法はまずリングアイにラインを通すだけ。「基本はハンガーアイをシャンクに…ですが、ルアーのアイでもいいし、ラインでもいいし」これまた創意工夫次第なのだ

グライドハンガーのココがスゴい!

ハンガーアイをどこに掛ける? 何通りものリグの代用が可能!

[写真タップで拡大]

例えば初めてのフィールド。「これからどんな釣りをするか悩むくらいなら、とりあえずセットしておくのもいい手ですね」たった1つの小さなパーツが釣りのスタイルを無限大に解放。「シンカーのことは釣り始めてから替えていけばいいだけです」まずは付けとこ!

『ルアーマガジン』2023年1月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2023年1月号

今月号のルアーマガジンは2つの「モノ」特集! まずは皆様もついつい使ってしまう言葉「神ルアー」。ガチで釣れるルアーの使いこなしや理論・理由を様々なアングラーさんの目線で紹介していきます。そしてもうひとつが「コスパ!」今の世の中、誰しも懐事情は厳しいもの…。悩めるすべてのアングラーに捧げる、お得術にご注目あれ! あ!今回のルアマガから創刊25周年に突入です! 直前から色々とありますが、今年も色々と盛り上げていきますよ~。

  • 発売日:2022年10月20日
  • 定価:990円(税込)

※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ルアマガプラス