ため池バス釣りエキスパート岡友成さんの攻略メソッドを大公開

新規開拓上等! 池ローテ最高!! そんなアクティブため池エキスパート4人が、王道パターンから限定ネタまで独自の視点を語りおろす! 4人とも「年々厳しくなっている」という状況だが、それをどう打破するかの秘策が山盛りだぞ。今回は岡友成さんのため池「あるある」&「ひそひそ」話をご紹介。

●文:ルアーマガジン編集部

岡友成さんのプロフィール

[写真タップで拡大]

岡友成(おか・ともなり)

撃ちモノ巻きモノ何でもござれ! 岸釣りガチ勢が心酔するレイドジャパンで、プロダクトディレクターを務める岡さん。幼少のころから池を愛し、25年以上経った今なお岡山県を中心に池バス道を掘り下げる。

サイズの二極化進行…一方、池のパワーは春に感じる

河川や水路、リザーバーに恵まれている岡山でも、池は釣れなくなってきている…というか適正な数になったのか。サイズの二極化は激しいですね。深掘りしていきますけど、基本僕は開拓した池をグルグルとローテーションします。ちなみに各池のポテンシャルは、春に分かることが多いですね。スポーニングが成功してるな、とか、シャローにバスが見えないな、とか。

季節ごとに池をローテーション

[写真タップで拡大]

基本、同じ池に年間を通して通い込まない。その池ごとにあるベストシーズンを把握して、その季節に訪れる。そのために、池ごとの濁り具合いや深さ、岸がナチュラルか護岸か、ウィードはあるか…などをチェックします。クリアな池は春にサイト、濁りやすいところは巻きモノシーズンに、夏はウィードやインレットがある池に…とか。池の1番いい状態を釣っていきます。

ウィードが枯れたら解禁日!? 守られた池へ

[写真タップで拡大]

激しく水生植物が繁茂したり、ウィードがもっさり生えていたり…。フロッグやパンチングくらいしか釣りができない池は、それだけ釣り人から守られています。水中はめちゃくちゃロープレッシャー。なので、それらが台風で流されたり秋に枯れたりすると、爆発しますね。

フレッシュな水が循環する池でモンスター狙い

いいサイズがいる池は、水の循環がいい。バスが育つ環境がある池というか…。ある程度の規模があって、すくなくともナチュラルバンクがあり、インレットが機能している。サイズが出るなら、間違いなくダッジやデカダッジ。 [写真タップで拡大]

「雨後のインレットや、夏にバスが浮きやすい岩盤&オーバーハングがA級スポット。心地良い水か、シェードがいい。しかも高IQなでかバス狙いなら、表層系ルアーがベストです [写真タップで拡大]

デカダッジ【レイドジャパン】

[写真タップで拡大]

created by Rinker
レイドジャパン デカダッジ【ピンクトリック】

「マックスクラスを狙うなら、間違いなくデカダッジ。レイドルアーの中でも一番でかバス率が高いですね。自分はコレで釣れたら5割以上が50アップです」

夏と冬は、どシャローかディープ

[写真タップで拡大]

インレットやオーバーハングなどはシャローで、冬もタイミングでバスは差します。また、沖のディープも夏冬の狙いドコロ。そして、みんなシャローが釣れないとあきらめて帰りがち。沖も、岬やブレイク、あと見つけづらいが湧水があると爆裂!

レベルバイブブースト【レイドジャパン】

ウエイトとソリッド樹脂で構成されたハイブリッドメタルバイブ。「お守りルアーですね。浅場も深場も、釣れるサイズも問わず釣れる『ため池定番』ですね」

[写真タップで拡大]

ヘッドスイマーリベロ【レイドジャパン】

「こちらもディープを根がかり知らずで巻いてこれる」ソフトベイトの食わせとブレードのフラッシング効果、コンパクトフォルム…とまさに池最強な新機軸!

[写真タップで拡大]

岡友成さんのため池タックル

マイクロダッジB.I.G.【レイドジャパン】

[写真タップで拡大]

  • ロッド:グラディエーターアンチ GA-67MHTC ザ・フロッグマン
  • リール:ジリオンTW HD1000H(DAIWA)
  • ライン:エクスレッド16lb(東レ・モノフィラメント)

このセットで何でもいけます! 新作「マイクロダッジB.I.G.」なら、フロッグ感覚で使えるので、同リールのエクストラハイギヤ&ルアーPE(東レ・モノフィラメント)に差し替えます。

『ルアーマガジン』2023年1月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2023年1月号

今月号のルアーマガジンは2つの「モノ」特集! まずは皆様もついつい使ってしまう言葉「神ルアー」。ガチで釣れるルアーの使いこなしや理論・理由を様々なアングラーさんの目線で紹介していきます。そしてもうひとつが「コスパ!」今の世の中、誰しも懐事情は厳しいもの…。悩めるすべてのアングラーに捧げる、お得術にご注目あれ! あ!今回のルアマガから創刊25周年に突入です! 直前から色々とありますが、今年も色々と盛り上げていきますよ~。

  • 発売日:2022年10月20日
  • 定価:990円(税込)

※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ルアマガプラス