スーパーライトショアジギはベイトタックルでやるべきこれだけの理由。10gのジグを50m飛ばしてターゲットを捕捉![フィッシュマン 西村均]

SLSJ(スーパーライトショアジギング)といえばスピニングタックル。これをベイトタックルで楽しんでいるのが両軸リール研究家ドクトルニシニシこと西村均さんだ。「釣果や飛距離が劣ることもないし、むしろ楽しさが広がります」。西村さんが右手に握る愛竿を例にベイトSLSJの可能性に迫る!

●文:ルアーマガジンソルト編集部 ●写真:西村 均

>> SLJにオススメベイトロッドのスペックと価格

北陸魚類が恐れるベイトエンスージアスト

【西村 均(にしむら・ひとし)】
ドクトルニシニシの愛称で親しまれている、新潟県・中越エリアの凄腕アングラー。ロックフィッシュの他にアジング、青物、シーバスなど季節に応じたターゲットをベイトタックルオンリーのスタイルで追求する。 [写真タップで拡大]

構造上、ベイトリールはメタルジグをカッ飛ばせる! 恍惚のキャストフィール

ベイトタックルによるスーパーライトショアジギング(SLSJ)。ベイトということでメタルジグはスピニングより重めを使うんでしょうか?

西村「いや、一緒です。僕はスーパーライトショアジギングなら重くても20gまで。10gを切るジグも普通に使いますからね」

イメージですけど、ベイトタックルは飛距離でスピニングタックルより劣ってるんじゃないかと思ってしまうんですが…。

西村「そんなことはありません(笑)。10gのジグを50mは飛ばせます。20gなら飛距離70mは超える。このくらいの重さだと、非力な人でもズバッと振り抜けますよね。スパーンッとメタルジグが飛ぶ感覚。恍惚のキャストフィール。スピニングにはない充実感があります。これがベイトタックルによるSLSJの魅力です」

ベイトタックル使用時でも、10gのジグなら50m、20gなら飛距離70mは超えるという西村さん。 [写真タップで拡大]

ベイトタックル入門者でもしっかり振り抜いて投げやすい?

西村「投げやすいです。そもそもメタルジグは飛ぶ。ベイトリールはルアーがスプールを回転させてラインを引き出して飛ぶからルアーの飛行姿勢が安定。重くて空気抵抗の少ないルアーほど投げやすく、飛距離が出ます」

ベイトタックルはまさに、スーパーライトショアジギングに最適ということ?

西村「ベイトタックル入門者には、ベイトでこんなに飛ぶんだ、と良い経験ができると思います」

ではベイトタックルでスーパーライトショアジギングをやるメリットは?

ベイトタックルSLSJオススメロッド

【ビームス・ローワー8.6L(フィッシュマン)】
●全長:260cm●自重:167g●継数(本):3●ルアー:5~25g●ライン:PE0.6~2号●価格:5万1800円(税込5万6980円) [写真タップで拡大]

西村「ローワー8.6Lは、15g前後のメタルジグがカッ飛ぶ。軽量ルアーの遠投に特化したロッドです。きれいに曲がるのでキャストしやすく、魚の引きが楽しめる。曲がりを視覚的に楽しめるのも釣りのも大きな魅力です。曲がるからバイトを弾かず、バラしにくい。このサオでワラサクラスの青物も獲っています」

西村「僕はビームス・ローワー8.6Lというロッドをメインに使うけど、これはシーバスのバチ抜けに使えるくらいしなやかなモデルです。PEラインは伸びが極端に少ないから、魚からのバイトを弾いてしまう可能性もある。でも、ビームス・ローワー8.6Lなら、バイトを弾いたりバラしたりというデメリットを、しっかりとカバーしてくれる、非常に使いやすいロッドなんです」

パワフルなやり取りも、ベイトタックルの魅力の1つ!

ロッドがしなやかだとシャクリにくいということは?

西村「うーん、ないですね。ラインが伸びないし、リールの巻きと併用すれば問題ない。むしろクラッチを切ってすぐに落とし込めるなどメリットのほうが多いです。磯で根魚を狙うスーパーライトショアスローなんかは、断然ベイトタックルが有利ですからね(笑)」 

SLSJで使うメタルジグは20gまで、というのが一般的。西村「ベイトでもそれは変わりません。沖のアジを狙うときも飛ばしウキを使うよりメタルジグを投げるほうが勝負が早い。ベイトタックルで10gのメタルジグが50mは飛ぶ。飛距離もスピニングタックルと遜色はないです」 [写真タップで拡大]

スーパーライトショアジギングからスーパーライトショアスロージギング(SLSS)に展開?

西村「足元から水深のあるところで、バックスライド系のジグを使うんですけど、縦にロッドをあおってシャクリの頂点でクラッチを切ればすぐに落とし込めます」

スピニングもサオを戻せば即、フォールに移行できますが?

西村「スピニングはサオを戻す分だけ。ラインをフリーにすれば足の長いバックスライド。僕はこれをスキッディングと呼んでます。で、スプールが止まれば着底とわかりやすい。これもメリットです」

ボトムを細かく叩けますね?

西村「磯でやれば根魚に効きます。ベイトリールは巻く力が強いから根魚をかけたらゴリ巻きでボトムから引き剥がせる。これもベイトタックルの強みですよね」

ベイトでのスーパーライトショアジギングは、釣獲力も優れているということに!

西村「磯でスーパーライトショアスローをやるときは、ロッドはローワー8.6Lより若干パワーがあって先調子で感度の良いクローラ8.3L+。SLSJはどんな大物が喰うかわからない。ベイトタックルはその限界を広げてくれます」

スーパーライトショアジギングにベイトタックルという選択もありだ!

ベイトタックルSLSSオススメロッド

【ビームス・クローラ8.3L+(フィッシュマン)】
●全長:251cm●自重:210g●継数(本):3●ルアー:6~28g●ライン:PE1~3号●価格:4万9800円(税込5万4780円) [写真タップで拡大]

西村「クローラ8.3L+はローワー8.6Lよるちょっと張りを持たせてあって先調子気味。感度が高く、磯でボトムを探るスーパーライトショアスローにぴったり。キングサーモンと勝負できるパワーもあるので、根魚に有無を言わせずリフトできます。でもフィッシュマンのロッドなのできれいに曲がる。キャストもしやすいです」

西村さんオススメルアー&操作法!

西村「ベイトタックルでも狙うシチュエーションは通常のSLSJと一緒。堤防やサーフなどで極普通のメタルジグを使います。ウェイトは、ほしい飛距離によってセレクト。使い方もワンピッチジャークやただ巻き。レンジが上ずったら、クラッチを切ってすぐに落とせます」

SLSJ用:GUN吉5、7、12g(アイマ)

西村「ガン吉はクセのないスタンダードなメタルジグで5g、7g、12gと軽いところをラインナップ。飛距離や水深に応じて使い分けます。ベイトに付くアジを狙うときにも強いです」 [写真タップで拡大]

SLSJ用:ドラッグメタルキャストスリム20g(デュオ)

西村「スタンダードな扱いやすいメタルジグ。飛距離もアクションは極普通というのが一番の特長です。飛距離がほしいときに20gを投入。塗装が強く、入手しやすいのも気に入ってます」 [写真タップで拡大]

SLSSはシャクリの頂点からスキッディング

「磯で根魚を狙うときはバックスライド系のメタルジグを使用。着底後、縦にシャクリ上げて、ティップがシャクリの頂点まできたらリールのクラッチを切ってフォール。元居た位置に戻るような足の長いスキッディングで誘います」

【SLSS用】
アブガルシア・ソルティーステージ ショアスキッドジグ20g(ピュアフィッシングジャパン) [写真タップで拡大]

西村「シャクリ後、リールのクラッチを切るとラインを引き出しながら水中を滑空するようにバックスライド。磯以外でもドン深サーフなど足元から水深があり、バーチカルな釣りに近づくほどスキッディングが効きます」 [写真タップで拡大]

西村「磯で根魚を狙うときはバックスライド系のメタルジグを使用。着底後、縦にシャクリ上げて、ティップがシャクリの頂点まできたらリールのクラッチを切ってフォール。元居た位置に戻るような足の長いスキッディングで誘います」

最後に、ベイトタックルでのスーパーライトショアジギングの魅力は?

西村「ずばり痛快なキャストフィールと大物への対応力」

大物への対応力?

西村「もちろん、ベイトSLSJの魅力は色々ありますが、一番はズバッとシャープに振り抜いて、スパーンッと気持ち良く飛ぶ感覚。スピニングでは味わえない。あと大型魚をかけたときの対応力。ローワー8.6Lもクローラ8.3L+もバットは強い。大物の限界値が上がるのも魅力でありメリットです」


※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ルアマガプラス