ブラックバスってどんな魚? 生態と特徴を知ってみよう【ENJOY!! バスフィッシング】

バス釣り歴数週間のビギナーも、ウン十年のベテランもフィールドに立てばみ~んな平等。僕たちのココロをつかんで離さないバス釣りに関する気になること、興味はあるけどいまさら聞けないあれこれを、すべてのバス釣りアングラーの強い味方、メジャークラフトのヒロセマンが真心込めて全力解説!! そう、すべてはもっともっとバス釣りを楽しむために!

●文:ルアーマガジン編集部

前回のENJOY!! バスフィッシングはこちら

ヒロセマンのプロフィール

[写真タップで拡大]

バス釣りの伝道師:広瀬達樹 a.k.a.ヒロセマン

ハイコスパタックルブランド、メジャークラフトのプランナー兼プレイヤー。
ルアーの釣りが大好きだ!

多くの釣り人が夢中になる魚とは?

今回のテーマはズバリ、ブラックバスです。

広瀬「なるほど。大胆ですが、意外と知らないこともあるかもですよね。どんな魚か知ってから釣ると近道になる。季節的にも涼しくなった今頃から始めるのはいいかもしれません」

暑いとしんどいですもんね。

広瀬「バスも動きやすい適水温になるのでエサを食べる、ルアーでも釣りやすくなりますよ」

そうなんですね。ほかにはどんな特徴がありますか?

広瀬「釣りをしてて感じるのは、簡単に釣れることもあれば全然釣れないこともあって、前に来た時にはワンキャストワンヒットだったのにどこに消えた? ってくらいに差が出ることがある。不思議な魚です」

だからみんな釣ってみたいのかもしれませんね。

広瀬「あとは頭のいい魚ですよね。大きいのは特に。空気が読めるというか読めないというか。どっちが遊ばれているんだって気持ちになることもあります。まさにゲームフィッシュ。それがブラックバスですね」

ENJOY!! レッスン 1. ブラックバスの生態・特徴を知る

広瀬「僕はバスだけが専門ではないのですが、ブラックバスはまず格好がいいですよね。1匹ごとに顔が違うとはカメラマンさんからもよく聞きます。それと単純に賢い。キャッチ&リリースだからなのもありますが、スレるという言葉を群れの魚ではなく単体に使うのってバスだけじゃないですかね」

これがブラックバスだ!

[写真タップで拡大]

視野はかなり広く、水辺に立つ人の姿はほぼ把握できるという。光の感知力は高いのに瞼がないので日光を嫌う。

オオクチバスと呼ばれるように、大きな口で吸いこむようにしてエサを食べる。肉食魚でエサは小魚や甲殻類など。

エラ

人間でいう鼻で、内側にあるエラで呼吸をする。傷付けると大変なことになるので触らないように。

側線

体の両脇にあり、水圧や水流などを感知する人間にはない器官。濁った水中でも動けるのは側線があるからとされている。

体型

やや細身で素早く泳ぐことができる。釣って自慢できるのは、でっぷりと太ったフットボール体型だ。

サイズ

長さ重視派、重さ重視派とあるが、一般的には50cm以上が釣り人の目標。世界記録のウエイトは10.12kgだ。

なんでも食べる!

水中だけではなく水面や水面近くを飛ぶ昆虫を食べることもある。食欲は旺盛だ。

性格

一般的にはどう猛で大食いとされているが、実は繊細で好奇心が旺盛なのを知っているのが釣り人だ。

狩りは超本気!

ただし捕食時の動きはすさまじく、エサを追い詰めて水面を割ること(ボイルと呼ぶ)もある。

バスは食欲旺盛、何でも食べる。 [写真タップで拡大]

捕食はアグレッシブ。水面を割るボイルがでることも。 [写真タップで拡大]

仲間

学術的にはスズキ目サンフィッシュ科オオクチバス。シーバス(スズキ)も広い意味では兄弟魚になる。

隠れファンも多い!?

ブルーギルもスズキ目サンフィッシュ科。体高があり同じサイズではバスよりも引きが強い。

バスと近いエリアに生息、バスのエサにも。 [写真タップで拡大]

ENJOY!! レッスン 2. バスの個性。小バスは好奇心旺盛!

広瀬「顔が違うのと同じように、性格も1匹1匹違う気がします。ただスレるという意味では若い魚、いわゆる小バスはルアーや人をあまり恐れません。なので釣りやすいのは小バスですね。ジャンボの数釣りは理想ですが、元気サイズなら狙って数釣りもできる。個人的には大好きで~す!」

メジャクラ的バスのサイズ考

30cm以下元気サイズ(釣りやすい)
30~40cmちょぼちょぼ(標準的)
40cm以上ジャンボ(釣りにくい)!

バス釣りの遊び方のひとつ、数釣り!

[写真タップで拡大]

広瀬「元気サイズよりもジャンボが釣りたいんですけど~」

見栄えがいいのは知っていても数釣りの魅力も捨てがたい!?

バスはカメレオン!?

写真の2匹は体色が明らかに違う。

広瀬「水の色によって変わりますよね。マッディだと白っぽくて、チョコレート色だと黒くなる。シェードにいればなおさら。まさに黒バスですね」

今月のENJOYロッド!! イッポン!!

バスパラ BXST-645UL【メジャークラフト】

[写真タップで拡大]

全長アクション対応ルアー対応ライン価格
6ft4inEX.ファスト1/32~1/4oz3~7lb9,240円(税込)

注目ポイント

なんといっても収納に便利な振り出しロッド! 全モデルに専用ケースも付いてハイコスパなシリーズとなっている。

[写真タップで拡大]

ウルトラライトの振り出しなので超繊細! というわけには正直いきませんが、携帯性は捨てがたい魅力。小バスを狙って釣るテクニックはしっかり身に付くと思います

『ルアーマガジン』2023年1月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2023年1月号

今月号のルアーマガジンは2つの「モノ」特集! まずは皆様もついつい使ってしまう言葉「神ルアー」。ガチで釣れるルアーの使いこなしや理論・理由を様々なアングラーさんの目線で紹介していきます。そしてもうひとつが「コスパ!」今の世の中、誰しも懐事情は厳しいもの…。悩めるすべてのアングラーに捧げる、お得術にご注目あれ! あ!今回のルアマガから創刊25周年に突入です! 直前から色々とありますが、今年も色々と盛り上げていきますよ~。

  • 発売日:2022年10月20日
  • 定価:990円(税込)

※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ルアマガプラス