「遠賀川」バス釣り場を陸王チャレンジャー山口諒也さんがご紹介

日本全国春夏秋冬のおすすめバス釣りエリアを完全網羅! 陸王オープン&ダービーのブロック優勝者6名が、それぞれのホームフィールドを全力でガイド! あなたの初場所釣行、私たちが必ず釣らせます! 今回は陸王オープン2019 Dブロック優勝の山口諒也さんが遠賀川の攻略情報を地図ごとご紹介!

●文:ルアーマガジン編集部

山口諒也さんのプロフィール

[写真タップで拡大]

山口諒也(やまぐち・りょうや)

陸王オープン2019 Dブロック優勝。好きな釣りはカバーフィッシング。モットーは、慢心せずに常に「今まで以上」

カレント(流れ)を読んで釣るスキルが身につく

河川の釣りでは「水の流れを読む」ことは重要なスキル。遠賀川でバスが釣れるようになれば、ほかのフィールドでも流れを生かした釣りを展開できます。ナチュラルバンクとコンクリート護岸が両方あることも魅力です。

遠賀川ダムの釣り場マップ

筑豊を潤す一級河川

遠賀川釣り場ガイド

【1:春秋冬】高圧線エリア東岸

水深があって水通しが良い中~上流域の1級エリア

山口「消波ブロック帯の下流側の切れ目にキンチャクが沈んでいるのですが、その沖がブレイクになっていてディープエリアが続きます。こういったディープ隣接の場所は春にスポーニングを意識したバスの魚影が濃くなります。春はブレーバーのジグヘッドワッキーがおすすめ。2~3回スイミング気味にシェイクして、あとは糸フケを出して放置、を繰り返してください。晩秋は消波ブロック帯に巻き物を通したり、下流にある水道橋の橋脚をヘビダンで狙ったりするとよく釣れます」

タダマキ112/132【ノリーズ】

インチワッキーアイガード0.9~1.3gがおすすめで、キンチャクの上を根掛かりせずに絶妙にかわしてくれる。

[写真タップで拡大]

タダマキ112/132【ノリーズ】 [写真タップで拡大]

【2:冬】中島橋西岸

高確率でデカバスが狙える冬の本命エリア

山口「木などのブッシュが西岸全体に渡り広がっているエリアです。ブッシュが張り出している場所が点在しているのでその変化を撃っていくと良いです。冬でもバスのストック量が多く、水深が浅いのでブッシュの木の付け根にデカバスが差します。スモラバのマイクロピッチシェイクやパワーフィネスで誘いましょう。藪漕ぎは必須です(笑)」

[写真タップで拡大]

コスモ+M.P.S.【ボトムアップ】 [写真タップで拡大]

【3:春】犬鳴川の堰

春にバスが遡上してくる人気スポット

堰の真ん中に水深が浅いハンプがあり、両岸側が深くなっている。東岸側はあまり放水をしないので浅くなりスポーニングエリアになることも。ハンプをブレーデッドジグで引いてきたり、高比重ノーシンカーでズル引きしたりしてみよう。

ブレーデッドジグは低重心ヘッドで根掛かりに強く、初動のアクションが良いラピッズブレードがおすすめ!

[写真タップで拡大]

ラピッズブレード 3/8oz【DAIWA】 [写真タップで拡大]

【4:春夏冬】菜の花エリア

季節によって西岸と東岸を使い分けよう

山口「西岸はアウトサイドベンドの消波ブロックエリアになります。スポーニング前の早春は流れが当たる場所の方がフィーディングのバスが多いと感じています。消波ブロックの上にアラバマリグを通したり、3.5~5gのテキサスリグで穴撃ちするのがおすすめです。夏もカレントが効くので有効なエリアです。冬のおすすめは東岸の菜の花大橋上流側。岸際のカバーはかなり水深があるので足元を吊るしで誘いましょう」

[写真タップで拡大]

ブルスホッグ 3in【ボトムアップ】 [写真タップで拡大]

【5:秋】日の出橋エリア

初秋に上流から下ったバスが留まるスポット

残暑が残る初秋におすすめのエリア。真夏に直方裁判所堰のような上流域にいたバスが下ってきやすい。支流との合流点になっているので、それぞれの筋の水質の良し悪しを判断する場所にもなる。

[写真タップで拡大]

【6:夏】直方裁判所堰

真夏にカレントを求めてバスが集まる

山口「夏の高水温により遠賀川全体の水中酸素濃度が下がる中でも、この場所は強いカレントがあって、他よりも水温が低くベイトフィッシュが集まりやすいエリアです。40アップや50アップのスクールに出会うこともあります。スクーパーフロッグのノーシンカーリグやブレーバーマイクロのダウンショットリグでサイトで狙います。5月下旬から9月上旬まで有効なエリアです」

[写真タップで拡大]

【7:夏】彦山川下流

彦山川で最も水深がある夏冬エリア

県道73号線の橋脚周辺。西岸側は杭が連なっている。アウトサイドベンドで流れがあり、水深もあるので夏や冬に実績がある。ブッシュと橋脚下周辺をバスがクルーズしているのでサイトフィッシングで狙ってみよう。橋脚の基礎部分も狙い目。

[写真タップで拡大]

オススメご当地ルアー

エスケープツイン【ノリーズ】

釣果情報が絶えない正真正銘ご当地ルアー

遠賀川では愛用しているアングラーが非常に多く、数多くあるホッグ系ワームの中でも安定した釣果を約束してくれる遠賀川ド定番。テキサスリグやフリーリグがおすすめ。

[写真タップで拡大]

ブレーバー【ボトムアップ】

ネコリグやジグヘッドワッキーリグがおすすめ

遠賀川の定番ストレートワームの地位を築いているのがこちらのワーム。ワッキーで使うときはテールをカットして使うと両端を大きくくねらせながらフォールする。

[写真タップで拡大]

ハリーシュリンプ 4in【ボトムアップ】

食わせ能力が高いエビ系リアルシェイプワーム

エスケープツインと並び、愛用者が多いワームがこちら。山口さんも今年遠賀川で56cmを釣っている。テキサスリグやフリーリグで使用する。

[写真タップで拡大]

遠賀川行ったら必ず行きたい遠征メシ

なかまの洋食やバスキチ

店長自慢の「アングラーズランチ」がおすすめ!

バス釣り好きの店長が経営するおしゃれな洋食屋。店内にはたくさんのバスルアーが飾ってある。日替わりのアングラーズランチはとっても美味しく、かつ、ボリューミーなので午後の釣りに影響が出ない範囲で堪能しよう。

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2023年1月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2023年1月号

今月号のルアーマガジンは2つの「モノ」特集! まずは皆様もついつい使ってしまう言葉「神ルアー」。ガチで釣れるルアーの使いこなしや理論・理由を様々なアングラーさんの目線で紹介していきます。そしてもうひとつが「コスパ!」今の世の中、誰しも懐事情は厳しいもの…。悩めるすべてのアングラーに捧げる、お得術にご注目あれ! あ!今回のルアマガから創刊25周年に突入です! 直前から色々とありますが、今年も色々と盛り上げていきますよ~。

  • 発売日:2022年10月20日
  • 定価:990円(税込)

※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ルアマガプラス