あなたが釣り遠征に行くとき必携アイテムって何? 伊豫部健さんに聞いてみた!

近くのため池で釣りを楽しむのもアリだが、たまにはちょっと遠くに足を運びたくなるのが釣り人の性。かたやトーナメントの世界や各メディアで活躍するプロアングラーは全国津々浦々のフィールドへ遠征を行う毎日を過ごしている。釣行行脚を繰り返しているプロアングラー5名が、釣り遠征に欠かすことのできないお供をご紹介! 長距離遠征へ行く機会がある方は是非参考にしていただきたい。今回はイヨケンこと伊豫部健さんに伺った。

●文:ルアーマガジン編集部

伊豫部健さんのプロフィール

[写真タップで拡大]

伊豫部健(いよべ・けん)

愛知県常滑市出身&在住。中学2年の時に地元知多半島のため池で初めてバスを釣った感動を胸に、アメリカからヨーロッパに至るまで世界の第一線で活躍するプロアングラー。バス釣りの原体験であるオカッパリも大好き。

釣り場のお供に!「GoPro」

YouTube撮影には欠かせない存在に!

僕は現在YouTubeチャンネルで実釣動画をアップしたりしているので、撮影機材は欠かすことができないですね。GoPro用のモバイルバッテリーとかも持ち歩いていると、バッテリーが切れる前にすぐ対処できるのでオススメですよ!

[写真タップで拡大]

created by Rinker
GoPro(ゴープロ)

長距離運転のお供に!「アイス」

冷たさで眠気を瞬間リフレッシュ!

ロケや営業で全国各地に行ったり、海外トーナメントに出場する時など長距離運転をすることがあるけど、実は何も対策とかしないんですよね(笑)。3時間でも5時間でもぶっ通しで運転し続けることもよくあるし、たまに眠くなったらパーキングエリアでアイスを食べてリフレッシュやね(笑)。

[写真タップで拡大]

ホテルのお供に!「スマートフォン」

SNSチェックは常に欠かせません

車中泊とかはあまりしないので、基本的にはホテルに宿泊することになります。ホテルでのお供はやっぱりスマートフォンかな。ツイッターなどのSNSをチェックしたり、インスタライブで視聴者とコミュニケーションをする時間などに充てていますね。

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2023年1月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2023年1月号

今月号のルアーマガジンは2つの「モノ」特集! まずは皆様もついつい使ってしまう言葉「神ルアー」。ガチで釣れるルアーの使いこなしや理論・理由を様々なアングラーさんの目線で紹介していきます。そしてもうひとつが「コスパ!」今の世の中、誰しも懐事情は厳しいもの…。悩めるすべてのアングラーに捧げる、お得術にご注目あれ! あ!今回のルアマガから創刊25周年に突入です! 直前から色々とありますが、今年も色々と盛り上げていきますよ~。

  • 発売日:2022年10月20日
  • 定価:990円(税込)

※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ルアマガプラス