奥田学さんの秋バス「表パターン&裏パターン」おすすめルアー

水中がバスにとって過ごしやすい状況となり、魚の行方をつかみにくくなっていく秋は、1年を通して最も釣り方が多様になる季節と言えるだろう。しかし選択肢の多さは釣りを絞り込みにくくもするもの。ここでは、名だたる5名のアングラーによる、頭を悩ませる秋の釣りの基準となるような「セオリー」の釣りと、劇的に効くときがくるかもしれない「裏パターン」を紹介する。今回は奥田学さんの王道パターンと裏パターンご紹介。

●文:ルアーマガジン編集部

奥田学さんのプロフィール

[写真タップで拡大]

奥田学(おくだ・まなぶ)

琵琶湖で培ったでかバス捕獲術を全国区で披露する剛の者。ジャイアントベイトからマイクロベイトまで引き出しの多さは異次元級だが、そのいずれもがモンスターを釣り上げるための超実践術となる。岸釣りにおいてもその腕前は強烈であり、3代目の陸王を冠している。

奥田学さん秋の王道パターン

ビッグベイト

アーマージョイント【シマノ】

どちらも20cmクラスのビッグベイトという点は共通。キモはその使い方にあり、双方とも圧倒的なリーリングスピードでも泳ぎ切る性能を持つ。

[写真タップで拡大]

黒龍【シグナル・プロト】

[写真タップで拡大]

秋はビッグベイト…の次元を超えた速さという武器

やっぱりビッグベイトだよね。秋はコレがマッチザベイトになるもんで。全国の河川やダムなんかで落ちアユがいるでしょう? あれを食ってるでかバスを狙うのが秋のセオリーかな。使うルアーはアーマージョイントとか黒龍とかで、とにかく速く巻いて使うのがキモやね。

ノーマルギアでは到達できない極限のスピード。バスが本気で捕食するスピードは人間が想像している以上に速いからね。騙すにはもっともっとスピードが必要になるわけ。そうすればルアーを視界に捉えたバスが、本能的に反応して食いに来る。サーチスピードが速いからガンガン回っていける。そういう意味では秋の巻き物に近いとも言えるかもしれないけど、次元が違うよね。

奥田学さん秋の裏パターン

スイムジグ

スピードヘッド 1oz【シグナル・プロト】+スピードシャッド 4in【シグナル】

[写真タップで拡大]

ヘビースイムジグで未体験インパクトを与える!

秋の裏パターンね…。そっちもスピード系になるかな。ただし狙うレンジがキモになってくる。場所はある程度どこでもいいんだけど、とにかくミドルからスーパーディープで、1.5ozとかのでかいスイムジグを通す。例えば開発中のスピードヘッド1.5ozにスピードシャッドの4~5inを組み合わせて使うんだけど、これなら落ちるスピードは速いし、深いレンジも速いリトリーブスピードで通すことができる。

バスからすれば、そんな水深で見たことのない動きの物体が通れば、思わず口を使ってしまうわけ。食性ではなく、完全にリアクションの釣りやね。ターンオーバーを嫌ったり、冷え込みが始まってでかバスが真っ先にディープエリアに落ち始めたタイミングが釣りどきかな。

『ルアーマガジン』2023年3月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2023年2月号

今回の特集「バスプロ名鑑」では、バス釣り業界で活躍する有名アングラー100名のプロフィールを大公開! 年齢、身長体重など基礎的なスペックに加え、血液型や出身地なども併せて紹介しているので、アングラー同士の意外な関係性が見えてくるかも!? もうひとつの特集「バス釣りハローワーク」は2022年4月号にて大好評だった企画。様々な形で釣り業界に係わる方々に、仕事内容や就いたきっかけ、はては給料まで聞いてしまっています…!

  • 発売日:2022年12月21日
  • 定価:990円(税込)

※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

ルアマガプラス