永野総一朗さんの秋バス「表パターン&裏パターン」おすすめルアー

水中がバスにとって過ごしやすい状況となり、魚の行方をつかみにくくなっていく秋は、1年を通して最も釣り方が多様になる季節と言えるだろう。しかし選択肢の多さは釣りを絞り込みにくくもするもの。ここでは、名だたる5名のアングラーによる、頭を悩ませる秋の釣りの基準となるような「セオリー」の釣りと、劇的に効くときがくるかもしれない「裏パターン」を紹介する。今回は永野総一朗さんの王道パターンと裏パターンご紹介。

●文:ルアーマガジン編集部

永野総一朗さんのプロフィール

[写真タップで拡大]

永野総一郎(ながの・そういちろう)

なかなか予約が取れない大人気琵琶湖ガイド「たまらんばい永野バスフィッシングガイド」で日々ゲストをもてなす達人。セオリー通りの釣りを押さえつつも、独自性の強い釣りを展開。サービス精神溢れる解説にファンは多い。福岡県出身であり、実家の作っている高菜が絶品! 一部の釣具店でも購入可能だ。

永野総一朗さん秋の王道パターン

トップウォーター

HUミノー111FS【ハイドアップ】

リアに取り付けられたプロップは、スローリトリーブでも安定して高速回転する設計。また、永野さんはショートバイト対策としてフェザーフックに換装している。 [写真タップで拡大]

created by Rinker
ハイドアップ(HIDEUP)

動ける魚を水面までヒッパレ

この季節、ガイドでいらしてくれるゲストさんにも楽しんでもらっているのがHUミノー111FSです。テールにプロップがついたミノーなんですが、今まで使ってきたこういったタイプの中でも断トツで魚を引っ張る力が強い印象です。使い方は巻くだけでシンプルなんですが、決して強すぎない、適度なウォブリングによる曳き波とプロップによる水しぶきが効くみたいです。

i字系ルアーではチェイスするだけの魚も食ってくるイメージですね。ガイドでは水面近くまで生えたウィードの上を通したりするほか、漁礁や島周りなど、水がキレイな場所かつ適度な流れがある場所でも使います。水深8m以上のところからバスが食いにくることもあるんですよ!

永野総一朗さん秋の裏パターン

ヘビーダウンショットリグ

コイケフルキャスト【ハイドアップ】

使用しているのは、ワッキーマスターモンスラークラス #4/0+TGスリムシンカー クイックチェンジャー+スルーダウンショットリーダー スペシャルロング30cmだ。 [写真タップで拡大]

「痙攣アクション」で魅惑の誘いを!

去年の晩秋からやりだした釣りなんですが…「コイケフルキャスト」です。それもヘビダン! エラストマーを沈めて使うことのパワーの凄さを実感しています。ブームはまだまだ続きますね。季節的には、ウィードの中にいた魚が動き出すタイミングになってきます。なので、ウィードポケットに入れたり、シンカーだけをウィードに引っ掛ける形で移動距離を抑えて誘い続けます。

それ以前は、カバースキャットなどの高比重系で釣っていた魚を狙っているイメージですね。動かし方は、2~3秒毎にラインを一瞬だけチョンとはじく「痙攣アクション」。こうすると、コイケフルキャストがほとんど移動しないまま1/4回転を繰り返すのですが、その動きがスゴイ魅力的なんですよ!

『ルアーマガジン』2023年3月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2023年2月号

今回の特集「バスプロ名鑑」では、バス釣り業界で活躍する有名アングラー100名のプロフィールを大公開! 年齢、身長体重など基礎的なスペックに加え、血液型や出身地なども併せて紹介しているので、アングラー同士の意外な関係性が見えてくるかも!? もうひとつの特集「バス釣りハローワーク」は2022年4月号にて大好評だった企画。様々な形で釣り業界に係わる方々に、仕事内容や就いたきっかけ、はては給料まで聞いてしまっています…!

  • 発売日:2022年12月21日
  • 定価:990円(税込)

※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

ルアマガプラス