秦拓馬さんのバイブレーション「秋の巻きモノ使い分け学論」

秋と言えば巻きモノが最も有効的になる季節。ひとえに巻きモノと言えど、クランクベイト、スピナーベイト、バイブレーション、ブレーデッドジグなどなどランナップは様々で正直何を使えばいいのかが曖昧な部分も多い。そこで巻きモノの正解をいち早く導き出すべく巻きのスペシャリスト4名が徹底解説。このページを読めば、釣り場で迷うことないルアーローテができること間違いなしだ! 今回はバイブレーションの使い分け理論を秦拓馬さんに解説していただいた。

●文:ルアーマガジン編集部

秦拓馬さんのプロフィール

[写真タップで拡大]

秦拓馬(はた・たくま)

元国内最高峰カテゴリーJBトップ50のトーナメントプロにして、現ユーチューバーとして知られるスーパーアングラー。その軽快なトークと確かな釣りのスキルに加え、驚異的なキャスト能力でも世のアングラーを魅了する。

秦拓馬さんのバイブレーション使い分け論

スポットの優位性が薄れる秋だからこそのルアーかなと思いますね。

バイブレーションの有効性

秋のバスフィッシングはスポットによる優位性が薄れるタイミングなんですよね。

たとえば3mのカバー、2mのカバーという水深とかレンジの違いによる差が生まれにくいんですよ。たとえば夏であればよりディープのほうが反応が良くなるとか考えられるじゃないですか。そういう差がなくなってきて、いろいろな所を効率よく攻めたいタイミングで、最もパイロットルアー的に使用できるのがバイブレーションかなと思いますね。

魚のコンディション的にもエサを食いたいときも食いたくないときもバイブレーションって良さを発揮してくれるんですよね。低活性でフィーディングを起こし辛いタイミングでも、バスが定位しているストラクチャーにルアーを当ててリアクションによって食わせるということができるので、どのコンディションでもバイブレーションは魚を釣ることができますね。

[写真タップで拡大]

効果的な使い方

野池で使ったり、リザーバーのフラットエリアで使うことが多いんですけど、基本的には3mよりも浅いレンジで使うことが多いですね。立ち位置として、自分が立っている浅い側からルアーを深い側に投げて、ブレイクをなぞりながら巻いてくるイメージですね。

ロッドの長さは7ft以上でやることが多いですね。今僕がメインで使用しているロッドは72Mというモデル。リールはハイギアを使用しています。

ラインに関しては12lbをメインにするんですけれど、8~10lbクラスの細いラインを使用する場合もありますね。これはルアーをローテーションするのと同じで、タックルをローテーションすることで、釣果がでるケースがあるからなんです。さらに言うと、巻き方とかフックのセッティングも場合によっては変えると効果的に魚を探れますね。

TN/60【ジャッカル】

[写真タップで拡大]

created by Rinker
JACKALL(ジャッカル)

【CASE1】クランクベイト

ディグル【ジャッカル】

[写真タップで拡大]

フィールドに対してルアーパワーが必要なときに投げますね

たとえば、バイブレーションを使って手返しよくポイントの広範囲を一通りサーチしても反応が得られないときにクランクを投げることが多いですね。あとは、バイブレーションのアクション自体がポイントに対して弱いなと感じたとき。

クランクベイトのほうがバイブレーションよりもルアーのパワー自体は強いイメージですね。あとはアシ際のシャロー効率よく撃ってルアーパワーで引っ張り出すのも効果的です。

【POINT】アシ帯のシャローエリア

[写真タップで拡大]

【CASE2】スピナーベイト

ドーン3/8oz【ジャッカル】

[写真タップで拡大]

魚がフィーディング状態に入っているときは有効的!

スピナーベイトはクランクやブレーデッドジグ、バイブレーションとは違って、魚が餌を自ら進んで食べたいというフィーディング状態に入っているときに使うことが多いですね。

たとえばバイブレーションをブレイクラインのボトムを速く引いてくるときはどちらかというとリアクションの釣りですよね。

でもスピナーベイトは水深があるところをスローロールで誘ったりするのは本能的に食わせる釣り。そのような状況でスピナーベイトは有効になってきますね。

【POINT】水深のあるボトムのスローロールが効果的

[写真タップで拡大]

【CASE3】ブレーデッドジグ

ブレイクブレード3/8oz【ジャッカル】

[写真タップで拡大]

魚のレンジを見つけてからが本領発揮ですね

僕はスピナーベイトとバイブレーションの間がブレーデッドジグという認識なんですよ。

リアクション的な食わせが必要な場合はバイブレーション、リアクションじゃなくてフィーディングがベースになっているシチュエーションの時にはスピナーベイトという使い分けです。そこの中間がブレーデッドジグだと思っています。

バイブレーションを使うときとスピナーベイトを使うときはパターンの両端を狙っているという感じですかね。それで今日の反応が分かればブレーデッドジグで絞った釣りを展開するとハマりやすいと思いますね。

『ルアーマガジン』2023年3月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2023年2月号

今回の特集「バスプロ名鑑」では、バス釣り業界で活躍する有名アングラー100名のプロフィールを大公開! 年齢、身長体重など基礎的なスペックに加え、血液型や出身地なども併せて紹介しているので、アングラー同士の意外な関係性が見えてくるかも!? もうひとつの特集「バス釣りハローワーク」は2022年4月号にて大好評だった企画。様々な形で釣り業界に係わる方々に、仕事内容や就いたきっかけ、はては給料まで聞いてしまっています…!

  • 発売日:2022年12月21日
  • 定価:990円(税込)

※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

ルアマガプラス