メガバス『ライブX』がグッドデザイン賞受賞! メガバス23度の受賞歴を振り返る

国内屈指の歴史を持つルアーメーカー『メガバス』のCEO・伊東由樹さんが23回目のグッドデザイン賞を受賞した。受賞アイテムは蘇った伝説『ライブX』。優れた初代モデルから脈々と続く系譜と、グッドデザイン賞に込められた想いを伊東さんに語っていただいた。

●文:ルアーマガジン編集部

伊東由樹さんのプロフィール

[写真タップで拡大]

伊東由樹(いとう・ゆき)

メガバスCEO。伝説のロッド『アームズ』をはじめ、バスフィッシング界の歴史に幾度も名を残す正真正銘のレジェンド。35年という、国内を代表するルアーメーカーを経営する手腕はもちろん、アングラーとしての腕前も超A級。

グッドデザイン賞とは

製品や建築、ソフトウェアやシステム、サービスなど、形の有無に関わらず優れたデザイン性(理想や目的)を持つものごとをデザインと捉え、その質を評価・顕彰する日本デザイン振興会による活動。国内最高峰の工業デザイン賞として広く認知されており、製品の素晴らしさのバロメーターであると同時に、企業やデザイナーのたゆまない努力の証としても知られている。

LIVE-X(ライブX)【メガバス】

ボディ内部にはLBO IIのみを配置。アクション軸上に位置し、なおかつ唯一の重心となることで、リップが受けた水圧を最速でアクションへと変換。抜群の泳ぎだしに貢献する。

【スペック】

  • 全長:74mm
  • 重さ:3/8oz
  • タイプ:スローフローティング
  • 価格:2,134円(税込)

ソフトベイトをも超越する蘇った伝説

グッドデザイン賞。工業的に生産される製品からビジネスモデルといった概念的なものまで、幅広く優れた「デザイン」に送られるこの賞を、伊東由樹さんは23回も受賞している。その数は通算50シリーズを超え、そのジャンルもバスルアーからロッド、シーバス用ルアー、延べ竿まで多岐にわたっている。

今回ルアーマガジンでは、2022年のグッドデザイン賞の授賞式から戻ったばかりの伊東由樹さんに、受賞したライブXにまつわるお話やグッドデザイン賞への想いを語っていただいた。

伊東「昨今の時世もありましたが、久しぶりにグッドデザイン賞の授賞式にいってきました。今回は日本のルアーフィッシングのエポックメイキング的なルアーの最新版である『ライブX』が受賞となりました。35年、デザイナーとしての人生も送ってきましたが、今の自分の手から生み出されたものをこうして評価していただけるのは非常に幸せなことですね」

メガバスがはじめて世に送り出したオリジナルルアーである『Vフラット』。プラグ量産に踏み切った記念碑的ルアー『Zクランク』。プロジェクト『リビングレジェンド』の名のもとに、メガバスの伝説的名作がすでに2アイテム復活している。

共に傑作として蘇っている中、第3段として2022年に登場したのが『ライブX』だ。

伊東「1991年に制作した、『ライブX』を現代の技術で作るなら、ということで形になったルアーです。2m以上潜るロングビルミノーですが、必ずしもディープを狙いたいルアーではありません。たとえシャローであってもスタックすることなく回避し、バイブレーションのようなロールアクションで激しく明滅し、いかなる瞬間もバスを誘い続けることができるルアーなんです」

リップやボディ形状の妙。そしてそこに、メガバスが誇る重心移動の最新システム『LBO II』が搭載されることで実現しているのである。

伊東「内蔵しているウエイトはまさに『LBO II』のみ。究極的に一点集中するこのウェイトをアクションの中心軸と同期・同軸化させることで、ラインテンションを張っただけでも動き出すような、極限のアクションレスポンスを生み出すことができるんです」

超デッドスローリトリーブでも泳ぐのはもちろん、障害物にコンタクトした直後からアクションし、ソフトベイトさながらに、バスを魅了する生命感を宿し続けることができる。それが現代に蘇った伝説『ライブX』なのだ。

メガバス・アイティーオー グッドデザイン賞歴代受賞アイテム

受賞年受賞アイテム
1997年ポップX、ライブX リバイアサン
1998年Vフラット
1999年X80トリックダーター、リップインベイト、ジャイアントドッグX、グリフォン
2001年ヴィジョンワンテン、ディープX200T、V3バレットシャッド、ヴィジョン95、
プロップダーター80、デストロイヤーエヴォルジオン
2002年ベイトXコンセプト
2003年フラップスラップ、ポップMAX、グリフォンゼロ、バイオスシリーズ
2004年デストロイヤーシリーズ(p2)、タイプX
2006年ドラムシリーズ、シルバーシャドウシリーズ
2007年アンスラックスシリーズ、ZZダックス、ゾンクシリーズ、
オロチジェイドパイソンシリーズ、デストロイヤー霧雨
2008年Xポッド、シグレシリーズ、アームズコンプリート、オロチシリーズ
2009年一風竿、バルサMAX、ZクランクX、ディープX300
2010年オロチシリーズ(X4)、モノブロックシリーズ、ゾンダ 10R/10L
2011年デストロイヤー(p3)、LIN10 L/R
2012年シルバーシャドウXX、パガーニR100、パガーニ エアバンブー
2013年アームズチャレンジ、FXクランク ナックル
2014年Iスライド
2015年アームズスーパーレジエーラ、Iジャック
2016年LBOシリーズ
2018年デストロイヤーエヴォルジオン、IXIシャッドシリーズ
2019年トライザシリーズ
2020年デストロイヤー(p5)
2021年ヴァルキリーワールドエクスペディション、アイウィングトリプルフライ
2022年ライブX

『ルアーマガジン』2023年3月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2023年2月号

今回の特集「バスプロ名鑑」では、バス釣り業界で活躍する有名アングラー100名のプロフィールを大公開! 年齢、身長体重など基礎的なスペックに加え、血液型や出身地なども併せて紹介しているので、アングラー同士の意外な関係性が見えてくるかも!? もうひとつの特集「バス釣りハローワーク」は2022年4月号にて大好評だった企画。様々な形で釣り業界に係わる方々に、仕事内容や就いたきっかけ、はては給料まで聞いてしまっています…!

  • 発売日:2022年12月21日
  • 定価:990円(税込)

※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

ルアマガプラス