《2022年》買って良かった超絶オススメ5選[ルアマガプラス編集部・西川]

ルアマガプラス編集部員の西川が2022年買ってよかったと思えるイケてる商品をピックアップ。長く使えるものから即リピ確定して継続利用しているものまで5つの商品をご紹介。年末の大掃除に大活躍するであろう商品は必見!

●文:ルアマガプラス編集部

2022年ルアマガプラス編集部員・西川が買ってよかったもの5選

2022年も残すところ数日。この1年間は釣りだけでなく生活に関わるいろいろな商品を購入してきたが「買ってよかった」と思える商品を5点ピックアップしたのでご紹介。

レベルクランク(レイドジャパン)

今年よくいった釣り場は水深50cm〜1mほどで、浅い場所をメインに探っていくときに大活躍したのが「レベルクランク」だった。

このルアーの大きなポイントは「沈む」というところで、バイブレーションのように使える。シャロークランクだと浮力が高すぎゆっくり巻くと浮いてしまう。バイブレーションだと早すぎて魚が追えないし、スピードを落とせば根がかりという地獄を見る。

そんなときに絶妙なレンジコントロールをしながらゆっくり巻ける「レベルクランク」がバチバチにハマっておいしい思いをさせて頂いた。

レベルクランクをゆっくり巻くことでハクレン・コイ・ボラのスレ掛かりを回避できるというのが最大のストロングポイントだったかもしれない。 [写真タップで拡大]

超音波洗浄機(シチズン)

ルアマガプラスでメガネっ子代表といっても過言でない私の生命線である「メガネ」を労ってあげるために購入した「超音波洗浄機」。実はメガネ以外にも、使用したルアーやラインカッター、妻が身に着けているアクセサリー類など用途が広い。

釣れた魚を血抜きするときに使う「津本式 家庭用魚仕立てノズル」のネジ部分には汚れが残りやすく歯ブラシで洗浄していたが、超音波洗浄機ならブチ込んでスイッチを押すだけ。ズボラな人ほど購入したときのインパクトが大きいので検討中の方は即ポチ購入推奨。

メガネから血抜きノズルまで何でも超音波洗浄。 [写真タップで拡大]

オキシクリーン

「オキシ漬け」で一世を風靡した酸素系漂白剤の「オキシクリーン」。釣行後に魚の生臭さがついた服や小物をつけておけば嫌なニオイが気にならずに済む。これから大掃除が控えているご家庭はカーテンなどを風呂釜につけておけば綺麗サッパリ、新年を万全の状態で迎えられる。

ちなみに金属製品をオキシ漬けするのはNG。駄目だとわかっていてもやってしまう。腐食や変色の原因になるので重曹で汚れを浮かせるのがベスト。 [写真タップで拡大]

シートたわし

スポンジをキッチンペーパーのようなロール状に収めた「シートたわし」。先日、エリアトラウトに挑んだ際に持って帰ってきたニジマスのヌメリ取りで大活躍。キメの細やかなスポンジなので、まな板や食器の軽い汚れを落とすのに最適。複数回使えるので1ロールあれば半年くらいは持つので1本いかがでしょうか?

グラファイトトースター (アラジン)

毎朝、このトースターで焼いた食パンを食べているほど高稼働を見せる「グラファイトトースター」。ダイヤルを回した瞬間、最大で280度の高温で一気に焼き上げる。外はサクサク、中はモチモチの食パンを食べるだけで朝から活力はマックス。

また、魚を焼くときは低温でじっくり中まで火を通したあと最後に高温で表面に焼き目をつけるとパリパリの皮目が完成。普段と違う食感に箸が止まらなくなる。

2022年買って良かったものまとめ

釣具が1個だけという結果になったが、他4アイテムは生活に欠かせない重要なポイントを抑えているということで選出。特にシートたわしとオキシクリーンは台所からお風呂場、年末の大掃除まで大活躍するので非常にオススメ。普段から掃除をしないかたは年末という機会に徹底的なお掃除大作戦を決行してみてはいかがでしょうか。

【2021釣具買って良かったモノ】ルアマガNo.1マルチアングラー大木のベスト・バイをご紹介します!


※本記事は”ルアマガプラス”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

ルアマガプラス