タフな釣りに耐えて中は自由にレイアウトできる防水バッカン【冨樫浩さんおすすめコスパアイテム】

誰もがひとつは持っている安くて便利な小物や、高くても長く使える用品といったハイコスパな物たち。そんな便利なアイテムをバスプロから釣りうまロコ、有名ショップ店員やメディア関係者まで合計20人に聞いてみました! 今回は冨樫浩さんのおすすめコスパアイテムをご紹介。

→《船バッグS(E)》の価格はこちら!

●文:ルアーマガジン編集部

2024 新製品情報

船バッグS(E)(DAIWA)

冨樫浩さんの船バッグ評

このバッカンは15年くらい前から使ってるもので、とてもタフなので今でも愛用しています。DAIWAのFF船バッグは昔からある定番のシリーズですね。

今でこそバス釣りでもバッカンを使う人は多いですが、昔は船釣り用のアイテム用というイメージでした。

VS820シリーズやプラノ3700シリーズがちょうどよく収まって、釣りに行く場所に合わせて中のBOXを変えて釣りに行ったりしています。バス釣り以外にも使えますしね。あとはカメラバッグとしても使っていますよ。

自分は釣りに行くときはロッドからリールを外すのですが、リールをここに5~6個ガバっと入れて持ち運んでいます。内蓋もあって、ちょっとした小物をここに入れるのに便利です。

冨樫浩さんのプロフィール

冨樫浩(とがし・ひろし)

プロショップオオツカのスタッフで、超人気釣りブログ「RED PEPPERS」を運営。長年にわたりバス釣りを多彩な立ち位置で見てきた重要人物。

『ルアーマガジン』2023年9月号 発売情報

ルアーマガジン史上初めてのスモールマウス×オカッパリの表紙を飾ってくれたのは川村光大郎さん。大人気企画「岸釣りジャーニー」での一幕です。その他にも北の鉄人・山田祐五さんの初桧原湖釣行や、五十嵐誠さんによる最新スモールマウス攻略メソッドなど、避暑地で楽しめるバス釣りをご紹介。でもやっぱり暑い中で釣ってこそバス釣り(?)という気持ちもありますよね? 安心してください。今年の夏を乗り切るためのサマーパターン攻略特集「夏を制するキーワード」ではすぐに役立つ実戦的ハウツー満載でお送りします! そして! 夏といえばカバー! カバーといえば…フリップでしょ!! 未来に残したいバス釣り遺産『フリップ』にも大注目ですよ!


※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。