藤田京弥さんの「ジャッカルプラグ」ボックスにはどんなルアーが入ってる? 中身を見てみよう!

「神タックル」そんな物が存在するとしたら、まさにこの男が持つ道具たちがそれに等しいのではないだろうか? 世界で活躍する令和の怪物、そして日本最高傑作・藤田京弥さん。彼に選ばれし道具たちもまた傑作なのだ。そんな藤田さんの「ジャッカルプラグ」ボックスの中身を全部みせてもらった。

●文:ルアーマガジン編集部

ソウルシャッド用ケース

ソウルシャッド 58SP(ジャッカル)

[写真タップで拡大]

シャッドを世に普及させた傑作。写真の『時雨ワカサギ』は藤田さんの河口湖オススメ推しカラー。

藤田「春、または晩秋から12月まで河口湖のフラットで52SPがドンピシャのレンジです」

Dビルシャッド用ケース

Dビルシャッド 55MR(ジャッカル)

[写真タップで拡大]

特徴的なダックビルで障害物回避性能抜群なクランキングシャッド。潜航深度ほか、濁りやカバーに合わせて、ソウルシャッドと使い分けている。

金黒ケース(!?)

藤田「これは恥ずかしいからカットしてもいいですよ(笑)」

カラーが金黒に統一されたジャッカルプラグ各種が鎮座。理由を聞くと、2022年JBトップ50遠賀川戦にて、良さそうだと思ってまとめたボックスだという。結果、メインでは使用しなかったが、想定していた戦略などが垣間見える。

確認できるのは左上から右へ折り返しマッシュボブ50MR(ジャッカル)、マッシュボブ50SR(ジャッカル)、ソウルシャッド62DR(ジャッカル)、ソウルシャッド62DR(ジャッカル)、ダウズビドー90SP(ジャッカル)、スビンビドー70SP(ジャッカル)。 [写真タップで拡大]

TNシリーズ用ケース

ずっしり重いVS-3020NDDM(バーサス)にはTNシリーズがズラリ。

右から、TN50、TN60、TN65、TN70が収納。TNトリゴンも同サイズの仕切りにイン。誕生から20周年迎えた今もなお多くのアングラーに愛され続ける名作。 [写真タップで拡大]

ワイヤーベイト用ポーチ

10枚のジップ袋が着脱可能なポーチ。そこにワイヤーベイト各種を収納し、コンパクトにまとめている。ワレットポーチAはすでにカタログ落ちのため、ワレットポーチBで代用可能。

中には……。

藤田京弥さんのプロフィール

[写真タップで拡大]

藤田京弥(ふじた・きょうや)

彗星のごとく現れ、JBのビッグタイトルを総舐めし、本誌対決企画・陸王の記録までもすべて塗り替えた令和の怪物。その勢いはとどまることを知らず、今季から参戦しているアメリカのB.A.S.S.ノーザンオープンでは総合成績2位を獲得。来季からエリートカテゴリーへチャレンジする、日本の最高傑作。

『ルアーマガジン』2023年3月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2023年2月号

今回の特集「バスプロ名鑑」では、バス釣り業界で活躍する有名アングラー100名のプロフィールを大公開! 年齢、身長体重など基礎的なスペックに加え、血液型や出身地なども併せて紹介しているので、アングラー同士の意外な関係性が見えてくるかも!? もうひとつの特集「バス釣りハローワーク」は2022年4月号にて大好評だった企画。様々な形で釣り業界に係わる方々に、仕事内容や就いたきっかけ、はては給料まで聞いてしまっています…!

  • 発売日:2022年12月21日
  • 定価:990円(税込)

※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

ルアマガプラス