DAIWAから「使いやすさとパワーが高次元に融合」したロックショアロッド『ドラッガー ブレイクスルー』 【DAIWA2023新製品】

限られた足場から、大きなルアーをキャスト・操作し、パワフルなターゲットを迎え撃つロックショアの釣り。この釣りのための新たなロッドシリーズが誕生した。それがドラッガー ブレイクスルーだ。 

●文:ルアマガプラス編集部

ルアーに命を吹き込む使用感はロックショアロッドの新境地 !『ドラッガーブレイクスルー(DAIWA)』

[写真タップで拡大]

パワーも使い勝手も申し分無しの究極のロックショアモデルが誕生 

ショアジギロッドの新ブランド『ドラッガー』。そのハイエンドでありロックショアシリーズがドラッガー ブレイクスルー。コンセプトは、ほとばしるパワー、そしてプラグの操作性だ。 

とにかくストレスなく、ジグをしゃくったりプラグを操作し続けられることが釣果に繋がるロックショア。ドラッガー ブレイクスルーは、ロッドを横にさびけば最適な反発力でルアーに水の負荷を与えてくれるので、ルアーがオートマチックにスイムするような印象を受けるはず。ルアーが水を纏う感覚を実感でき、ダイペンがヌルヌルと泳がせることが可能。操作性が上がることでルアーのアクションミスが減り、ミスダイブも減少。短いロッドストロークでルアーを泳がせることができるので、ロッドワークに必要以上の神経を使わず、モーションも少ないので楽に釣りをすることができる。また、ルアーの使用範囲が広いのも特徴で、食い渋ったときにルアーサイズを下げても問題なく操作することが可能。 

[写真タップで拡大]

ティップ [写真タップで拡大]

ガイド [写真タップで拡大]

ジョイント部 [写真タップで拡大]

フォアグリップ [写真タップで拡大]

リールシート [写真タップで拡大]

ロッドは全て3ピース。持ち運びはもちろん、ロッドのパワーを上げるために出した答えが3ピースだったという。バット部は、力の溜め、魚の抜き上げにとって重要な箇所。センターカットだと曲がりの支点が上にズレたりするので、3ピースが都合が良かった。ロックショアのテスター陣と丸2年ほど開発していたモデルが満を持してお披露目という形だ。ラインナップは6本。ヒラスズキまで視野に入れた比較的ライトなものから、海外の磯場で10kg、20kgというターゲットにも対応できる超ヘビーモデルもラインナップ。 

大型ターゲットの強烈な引きを受け止め、リフトさせるための強靭なバットパワー。5kg、6kgは楽勝。10kgオーバーにも余裕で対処できる。  [写真タップで拡大]

ラインナップ

100MH-3 
ダイペンやジグを使いつつ、12cmのミノーもサクサク使える。ヒラスズキロッドとしても活躍します。メータークラスが掛かってもゴリゴリ巻けるパワーも有する。 

910H-3 JIG SPECIAL  
ジグで水流変化をいち早く掴むために、テーパーやガイドセッティングを追求。シングルフットにして軽さを感度を高め、ジグの操作性をアップさせている。 

100H-3  
シャープなキャスト性とナチュラルなルアーのアクション入力を両立。プラグの水噛みミスアクションが少なく、ルアーがヌルヌルと水をまとうような新感覚を味わえる。 

100HH-3  
重量級プラグでも楽に操作でき、ヌルヌルしたプラグの水噛みフィールを実現。20kgを超える大物を獲るために鍛え上げたハイパワーのブランクスを搭載。 

93XH-3  
大型ヒラマサに照準を当てつつ、軽快なロッドワークによるコントロール性も追求。ハイパワー・ショートモデルながら、60gクラスのルアーにも対応する。 

83XXH-3  
ヒラマサをはじめ、カンパチ、GTなどをターゲットに、レコードサイズを狙うためのモンスターロッド。圧倒的なパワーとドラグコントロールに追従する粘強性が特徴。 

【スペック】

品名全長
(m)
継数(本)仕舞(cm)自重(g)先径/元径(mm)ルアー重量(g)ジグ重量(g)ライン(ナイロンlb)ライン(PE号)カーボン含有率(%)価格
100MH-3未定3未定未定未定/未定20~8030~1002~4未定69,000
910H-3 JS未定3未定未定未定/未定40~130MAX5未定79,500
100H-3未定3未定未定未定/未定30~10040~1303~5未定70,500
100HH-3未定3未定未定未定/未定50~12060~1604~6未定72,000
93XH-3未定3未定未定未定/未定60~16080~2006~8未定73,500
83XXH-32.513954152.8/18.770~2106~109975,000

ルアマガプラス