2023年エバーグリーン新製品ルアー&ロッドをまとめてご紹介!

photo by Ken Kubota [写真タップで拡大]

2023年も新作が目白押しのエバーグリーンインターナショナル! ロッドが4シリーズ9モデル、そしてルアーは今時点で7モデルの合計2ケタ超。今回掲載は叶わなかったがハードプラグ系も複数ラインナップ予定とのことで、シーズンインが待ち遠しいぞ!

→エバーグリーン2023年新製品画像はこちら!

●文:ルアーマガジン編集部

2024 新製品情報

ボウワームヌードル(高浮力モデル 8in/12in)

水面付近で誘いをかけるか、シンカーでスロー沈下か

昨シーズンの登場以来、全国各地で数々の実績を残してきたボウワームヌードルに、今季は“高浮力モデル”が登場。スローにすることでアタリが格段に上がるとのこと。ノーマルモデルとの使い分けでさらなる釣果を発揮できそうだ。

フィールドのコンディションや状況によってサイズを使い分けよう。高浮力ならではのカラーもラインナップ予定だ。

項目情報
全長8in/12in
カラー未定
価格未定
発売未定

クラップバザー 6in

突如暴れ始めるテールがビッグバスにスイッチON

[写真タップで拡大]

狡猾なバスに口を使わせるべく開発されたリアクション誘発型のスイミングワーム。ビッグシルエットはスローな操作ではテールを動かさず、速度の変わり目で突如バタバタと動き始めるユニークな設計。ほかでは反応しないビッグバスにスイッチを入れるキラーベイトだ。

項目情報
全長6in
カラー未定
価格未定
発売未定

OKカーリー(仮称)

琵琶湖のシシィベイトに似せた食わせカーリーテール

琵琶湖プロガイドの大西健太さんが開発するスリムタイプのカーリーテールワーム。躊躇わずにバイトさせる弱々しいテールアクションは、テスト段階で誰が使っても釣れると定評。ワームが変に動きすぎない両翼スタビライザーにも注目。

項目情報
全長未定
カラー未定
価格未定
発売未定

OKスピナーベイト

ウィードエリアに潜むビッグバスを獲るために

ビッグバスを仕留めるべく誕生したウィード攻略特化型モデル。速巻きからスローまで各スピードに対応して、ナチュラルな振動の一方アピール力は抜群の大型オリジナルブレード搭載。グラスリッパー譲りのヘッド形状とヘビーワイヤー等が扱いやすさを向上する。

項目情報
重量未定
カラー未定
価格未定
発売未定

ラストエース 128/110F

「最後の切り札」がさらにラインナップを拡充へ

ラストエース 128 [写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

ラストエース 110F [写真タップで拡大]

ベイトフィッシュそのもののナチュラルアピールで、まさに「最後の切り札」的存在にNEWモデルが登場。反り上がったテールが特徴の128は従来よりもう少しアピール力が欲しい時に、110Fは浮かせて獲るフローティングモデルのサイズアップ版だ。

項目情報
全長110mm/128mm
カラー未定
価格未定
発売未定

カレイド・インスピラーレ IRSC-63MHR-TG40X ウォーガゼルRS

超高弾性の限界を突破! 稀代の名竿・ガゼル進化系

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

M40Xをメインマテリアルに3年の歳月を経て完成した超高弾性フルチューブラーシャフトがウォーガゼル。PEベイトフィネスから水面系ハード&ソフト、果てはジャークベイト110mmのテクニカルな操作までをも網羅。飛びとパワーも万全に仕上げたショートバーサタイルで新たなるインスピラーレの世界が広がる。

項目情報
全長6ft3in
パワーMedium Heavy
ルアー2~20g
ライン6~14lb/PE1~2号
価格95,700円(税込み)
発売1月予定

カレイド・セルペンティ TKSS-64ML ビースティンガーエクストリーム

攻撃型スピニングの進化系全てがアップグレードへ

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

攻撃型スピニングの名竿・ビースティンガー64Lのアップデートモデル。素材をトレカRT1100G化して新たに設計したことで、抜群のキャスタビリティと切れのある操作性、強烈なフッキングパワー&リフトパワーを実現。高弾性カーボンのアドバンテージのみを抽出した新時代のスピニングロッドがここに。

項目情報
全長6ft4in
パワーMedium Light
ルアー0.9~7g(1/32~1/4oz)
ライン3~8lb/PE0.6~1.2号
価格未定
発売8月予定

カレイド・セルペンティ TKSS-63L-ZZ デルジェス

ZIGZAGガイド搭載でスピニングの可能性拡大

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

G-niusオリジナルのZIGZAGガイドを搭載したスピニング新機軸。左右交互に傾いたガイドは、ラインとの接点を増やして感度を高めるだけでなく、PEラインのバタつきさえ抑え整流効果を発揮すると共に飛びに貢献。

項目情報
全長6ft3in
パワーLight
ルアー0.9~5g(1/32~3/16oz)
ライン3~6lb/PE0.4~1号
価格未定
発売5月予定

カレイド・セルペンティ TKSS-611MHスパイダースピン

「吊るし」専用に磨いたパワースピニング機

[写真タップで拡大]

カバー越しに天から蜘蛛が降りてくるかのように、気配を消したパワーフィネスを実現するロングパワースピン。軽量かつブレのないブランクスはキャストアキュラシーを高め、なおかつパワー溢れるフッキングとリフト力を実現する。

項目情報
全長6ft11in
パワーMedium Heavy
ルアー1.8~21g(1/16~3/4oz)
ライン4~12lb/PE0.8~2号
価格未定
発売未定

オライオン OCSC-64Lアルエット

小型プラグを主軸としたベイトフィネスを完遂

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

打撃系がメインだったオライオンシリーズだが、片手で快適に振り切れるロッド「アルエット」が遂に登場。シャッドや小型クランクなどライトプラッギングでのキャスタビリティと優れた操作性にフォーカス。

あえての24トンカーボンをメインマテリアルとしており、「乗せて運ぶ」感覚のキャストフィールは秀逸。しなやかなブランクスは浅掛かりでのミスを低減する。スモラバやネコリグなどの精度にも優れ、シェイキング等生き生きとアクションさせることが可能だ。

項目情報
全長6ft4in
パワーLight
ルアー1.8~10.5g(1/16~3/8oz)
ライン6~14lb
価格未定
発売5月予定

オライオン OCSC-68Mスカイソード

自在なキャストと確実な乗せを実現する低弾性カーボンロッド

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

巻きの釣りに特化したムービングベイトロッド。バックハンドやサークルキャストでも投げやすいリリースポイントの幅広さでソフトな着水アプローチを演出できるため、さらなるバイトを誘発可能。食い込みもよく粘りのあるブランクスは不意のバイトにも盤石。この手のロッドにありがちな持ち重り感は皆無で、驚異的な軽量感は自在なキャストに貢献する。

項目情報
全長6ft8in
パワーMedium
ルアー5~28g(3/16~1oz)
ライン8~20lb
価格未定
発売10月予定

オライオン OCSS-69Hハイド&シーク

打撃系パワーフィネスでヘビーカバーを徹底攻略

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

難攻不落のヘビーカバーに潜むビッグバスを仕留めるべく仕上げられたパワーフィネス機。長尺かつヘビーなパワーながら、アングラーのリニアな操作性に直結する軽量感をキープ。繊細なアプローチを可能にして、ひとたび掛ければ圧倒的なパワーでゴボウ抜きも可能。関東のみならず、西日本でもニーズが高まるPEスピニング待望論に応えた1本だ。

項目情報
全長6ft9in
パワーHeavy
ルアー1.8~21g(1/16~3/4oz)
ラインPE0.8~2.5号
価格未定
発売9月予定

フェイズ PCSC-66L+BF フィールディンスター・ベイトフィネス

撃ちのみに特化したベイトフィネス新機軸

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

ハードボトムの繊細なサーチや消波ブロックの穴撃ちなどでの操作性を高次元に追求したベイトフィネスモデル。ファーストテーパーかつチューブラーならではの張りは、ライトリグの撃ちのみに特化した証し。ショートグリップは多方向からキャストを繰り出せる。

項目情報
全長6ft6in
パワーLight
ルアー1.8~14g/ 1/16~1/2oz
ライン6~14lb
価格54,000円(税抜)
発売1月

フェイズ PCSS-56Lマスターアーチャー56

小場所を自在に攻め抜ける取り回しの良い短尺モデル

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

リザーバーのオーバーハング下に潜り込み、ライト級ルアーを自在に扱える超ショートレングスモデル。敢えてチューブラーティップにこだわり、精度の高いキャストを決めやすく、不意のスタックでも素早く回避して次なるキャストへ繋げる。攻めに直結する1本だ。

項目情報
全長5ft6in
パワーLight
ルアー0.9~8.8g/ 1/32~5/16oz
ライン3~6lb/PE0.3~1号
価格未定
発売9月予定

『ルアーマガジン』2023年9月号 発売情報

ルアーマガジン史上初めてのスモールマウス×オカッパリの表紙を飾ってくれたのは川村光大郎さん。大人気企画「岸釣りジャーニー」での一幕です。その他にも北の鉄人・山田祐五さんの初桧原湖釣行や、五十嵐誠さんによる最新スモールマウス攻略メソッドなど、避暑地で楽しめるバス釣りをご紹介。でもやっぱり暑い中で釣ってこそバス釣り(?)という気持ちもありますよね? 安心してください。今年の夏を乗り切るためのサマーパターン攻略特集「夏を制するキーワード」ではすぐに役立つ実戦的ハウツー満載でお送りします! そして! 夏といえばカバー! カバーといえば…フリップでしょ!! 未来に残したいバス釣り遺産『フリップ』にも大注目ですよ!


※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。