【イベント限定!】ご当地感満載のメタルマジックTG(アクアウェーブ)『KCシャチホコ』カラー! 名古屋で開催のキープキャストへ急げ!

3月11日(土)〜12日(日)の2日間に渡り、愛知県名古屋市にて中部地方最大級の釣りの祭典「キープキャスト」が開催される。話題の新製品の展示やエキスパートアングラーによるトークショーも見どころとなっているが、会場でしか入手できないオリジナルアイテムにも注目されたし! サワラ釣りでは定番となっているアクアウェーブの「メタルマジックTG」もご当地的感あふれるゴールドベースのカラーを纏い、限定販売されるぞ!

●文:ルアーマガジンソルト編集部

2024 新製品情報

今や定番の超激釣れルアーとなった「メタルマジックTG」をおさらい!

サワラのブレードゲームを東京湾にいち早く取り入れた、上州屋池袋店の高橋昇さん。こちらは取材時に釣り上げたサワラ! もちろん、ルアーは「メタルマジックTG」だ。

東京湾のサワラゲームでは「ブレードジグ」と呼ばれるタイプのルアーの実績が高く人気を博している。その原型となった釣りは広島湾が発祥とされ、「出ればラッキー!」だったサワラを「狙って釣れる魚」に大きく躍進させた。

そんなサワラゲームで、実績も含め定着しているのが「メタルマジックTG(アクアウェーブ)」というタングステン素材を採用したブレードジグだ。

●素材:タングステン●自重:20、30、40、50、60g●価格:1720~2700円(税別) 

ボディ/「最大の特徴は動かないこと」

高比重素材を使用しシルエットをコンパクトに見せ、ベイトが小さい場合にも対応する。ブレードの抵抗による回転を抑え、高速巻きでもボディが動かない安定性にこだわっている。

ブレード/「フラッシングと波動でアピール」

巻き抵抗は大きく、速巻きには適していないコロラドシェイプを採用。その理由はコンパクトさや波動の大きさ。シャッドテールワームのようなシルエットを意識している。

フック「ラインブレイクやバラシを防ぐ1本バリ」

ルアーサイズを小さく出来た事により、サワラの鋭い歯にラインが当たりやすくなった。フッキング率よりもラインブレイクやバラシを防ぐためシングルフックを採用し、結果的にキャッチ率を上げている。

そんな人気ルアーのキープキャスト限定カラーがこちら!「KCシャチホコ」

3月11日(土)〜12日(日)の2日間に渡り、愛知県名古屋市にて釣りの祭典「キープキャスト2023」が開催される。今回で7回目となる同イベントは、出展メーカーイチオシの新製品展示や、エキスパートアングラーによるトークショーが予定されているが、さらに、会場では物販も開催! 毎年、人気のアイテムには長蛇の列ができるほど。

事前情報として、編集部が入手した注目アイテムがこちら! サワラの定番ルアー「メタルマジックTG」のキープキャスト限定カラーだ。あの名古屋城のシャチホコをモチーフにしたカラー名は「KC(キープキャスト)シャチホコ」。ご当地感たっぷり!

シャチホコカラーの特徴はまず、ギラギラのゴールドとシャチホコの鱗模様。ヘッド部には赤をあしらっている。

ウエイトは30gと40gの2種類。共にブレードカラーもゴールドだ。

「メタルマジックTG」を用いたブレードジギングでも、ゴールドベースのカラーは効果的とされている。曇天時や濁りにも強いとされ、鱗模様のきらめきも相まって、強いフラッシングで広範囲にアピールできそうだ。限定ということで数に限りもあるので、3月11日(土)〜12日(日)はキープキャスト会場内のアクアウェーブブースへGO!

名古屋城のシャチホコがメタルマジックTGに!!(笑)


※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。