『フリームス FC LT2000S(DAIWA)』をエリアトラウトでインプレしてみた

ルアーマガジン本誌の名物企画、同一メーカーの同一用途のタックルを3つの価格帯で比較する「3Gインプレッション」が舞台をエリアトラウトに変えて登場。テスターはバスプロとして活躍しているニンジャさんとルアー専門店オーナー駒崎祐典さんの2人。今回はDAIWA『フリームス FC LT2000S』の使用感を紹介していく。

●文:ルアーマガジン編集部

2024 新製品情報

フリームス FC LT2000S(DAIWA)

水を問わないライトゲームのバーサタイルモデル

ザイオンのエッセンスを受け継ぐカーボンハイブリッド樹脂、ザイオンV(バーサタイル)を用いた金属を超える軽量&高剛性ボディ。DAIWAが提唱するスピニングリールのコンセプトLT(ライト&タフ)を体現する。またエアローターも軽量化され、回転レスポンスが大幅に向上、初動がさらに軽くなった。

項目スペック
自重185g
ギア比5.2
巻き取り長さ68cm/ハンドル1回転
最大ドラグ力5.0kg
標準糸巻き量3lb・150m(ナイロン)、0.4号・200m(PE)
ボール/ローラーベアリング数5/1
価格16,800円(税別)

「POINT.1」外観デザイン

軽くて堅牢

ニンジャ
ニンジャ

この価格にしては高級感のあるいいデザインですよ。もう同じような言葉しか出てきませんが、堅牢さも感じられます。軽いのもいい。

クセのない万人向け

シンプルで万人受けしそうな、いい意味でクセがない。そういうリールってどんなロッドにも合うので、手に取りやすいデザインですね。

駒崎
駒崎

「POINT.2」回転・巻き心地

DAIWAらしい軽さ

ニンジャ
ニンジャ

DAIWAっぽい軽さです。ただ貸出機だからかノブのガタツキが若干感じられたので、シム調整やカラーをベアリングに変えたりすればいいのかな。もっと良くなるはずです。

ノイズが気になる

どうしても値段なりに感じました。ただエアローターなので初動の軽さは他メーカーの同価格帯よりは上だし、エリアトラウトの現状に則しています。でもクリアランスがそれなりで、それってノイズになるので集中力は削いでしまうかな。

駒崎
駒崎

「POINT.3」ドラグ

十分使えて操れる

ニンジャ
ニンジャ

安心のATD。こればっかりですね。魚に対してしっかり追従するし止めたいところで止まってくれる。ただ軸受けのベアリングない分、滑らかさは上位機種とは異なります。仕方ないところですが。でも使えないかと言えばそんなことはなくて、十分使えます。

釣り人をサポートしてくれる

良いと思います。細かいことをいうとキリがないですが、押しなべてDAIWAのドラグ性能は機種に関係なく素晴らしいので、ライトラインを使ってもブレイクとかフックの伸びとかはないですね。ドラグが助けてくれるはずです。

駒崎
駒崎

「POINT.4」糸ヨレ・キャストフィール

ロッドを選ばない快適さ

ニンジャ
ニンジャ

機構的な理論上はベアリングじゃない分糸ヨレは起こりやすいはず。ただライン交換を頻繁にすることでカバーはできます。抜け感のあるキャストフィールで、どんなロッドにも合わせやすいと思いました。

ハイテンポの釣りではどうか

若干糸ヨレが多かった感はありますね。キャストした後にラインを整えてあげれば大丈夫なんですが、今日みたいに魚が上ずってるとテンポ的にそれができないこともあります。そこは上位機種との差ですね。

駒崎
駒崎

「POINT.5」総合的使用感

ミノーやボトムの釣りがマッチ

ニンジャ
ニンジャ

エリアトラウトをやったことがない人が1台目にというのにはまったく問題ないです。ただハンドル長が45mmなので、スプーンの巻きの釣りでは気になる人も居るかも。個人的にはミノーやボトム、クランクなどの釣りに向いている気がします。

初めての1台、ステップアップに

コストパフォーマンスは非常に高いですね。やや使いにくいところもありますが、同価格帯の他メーカーと比べても即戦力になるはず。初めての1台とかより下位機種からのステップアップであれば十分選択肢になると思います。

駒崎
駒崎

まとめ対談

駒崎「市場売価でウチなら税込み12,540円。ひところの1万円台前半のリールって、もっとヤバかったですよね」

ニンジャ「そうですね」

駒崎「軽さで言ったらハイエンドと変わらないし、軽さイコール感度ってこともあるから、入門機としては最強ですよ」

ニンジャ「僕も自分の子供にはフリームスを買い与えて使わせているんですけど、ある程度のことはできるし、チューンすればもっと軽い巻き感にもなる。とりあえずやってみたいって人にはいいですよね」

駒崎「エリアトラウトの楽しさを吊るしの状態でも伝えることができるリールですね」

ニンジャ「この下の価格帯のリールもあるにはありますけど、個人的には、ここが最低ライン」

駒崎「そうですね。下位機種は性能も明らかに下になるので、アングラーが補わなきゃならない。それをビギナーさんには求められないから、吊るしで最低限の戦闘力があるのはこいつでしょうね」

ニンジャ「ほかの釣りならいいかもですけど、エリアトラウトってリールに助けてもらうことが多いので」

駒崎「この値段なら本来ストレスを感じることは多いんですが、ストレスはないですよ」

ニンジャ「足りないと思ったら育てることもできますもんね」

ココが推し!

ニンジャ
ニンジャ

軽くてかっちり!

自重と巻きの軽さ!

駒崎
駒崎

テスターの2人をご紹介

センドウ・タカシ(千藤卓)

バスプロとして活躍する傍ら、エリアトラウトにも本格的に取り組む。ニンジャの愛称で知られるマルチアングラー。

駒崎祐典(こまざき・ゆうすけ)

東京都足立区のルアー専門店「アングラーズショップマニアックス」のオーナー。

ニンジャさん使用ロッド&ルアー

ロッド

左から、62ML、60ULST、61L(すべてプロト)、シルバーナ瀧TZ 59TSリミテッド(テールウォーク)、エリアドライブTS ARD-62T-DTS(バリバス)。

ルアー

スプーン上段左から、ディッシュ0.3g(ディスプラウト)、ノアB2.6g(ロデオクラフト)。真ん中、ブング0.6g(ティモン)。下段左から、アキュラシー0.9g(なぶら家)、ハイバースト1.6g(ヴァルケイン)。

プラグ上段左から、アンフェア35F(ラッキークラフト)、ミート33DR-F(ノリーズトラウト)。真ん中、ダブルクラッチ45F(DAIWA)、下段左から、チェルシーF(ロブルアー)、DSベビーバイブ(ディスプラウト)。

駒崎祐典さん使用ロッド&ルアー

ロッド

左から、ダーインスレイヴ61ML -AGS Rev-S、62MLガイアブリッツ、61ISUL(すべてヴァルケイン-マニアックスコラボリミテッドモデル)

ルアー

スプーン上段左から、ノアB2.2g、ノアS1.4g(ロデオクラフト)。真ん中、ハントグランデ1.3g(ニュードロワー)。下段左からハイバースト1.6g(ヴァルケイン)、鱒玄人ギー0.6g(ノリーズトラウト)。

プラグ上段左から、シャインライド(ヴァルケイン)、RCディープクラピー(ロデオクラフト)。真ん中、イーグルプレイヤー50スリム/GJ(ディスプラウド)。下段左から、オペラF(ムカイ)、イーグルプレイヤーMR(ディスプラウト)。

インプレに使用したライン

スーパートラウトエリア ES2 エステル0.3号

今回全てのリールに巻いたのは、バリバスの「スーパートラウトエリア ES2 エステル0.3号」。メリットとデメリットが相反するエステルラインのデメリットを解消した新コンセプトラインだ。

今回インプレで利用した釣り場

東山湖フィッシングエリア

東名御殿場インターからすぐの人気エリア。多くのトラウトが放流され、数釣りから大物まで、コンディション抜群の魚たちと遊ぶことができる。営業時間、券種、釣果情報などはWebサイトへへ。

項目情報
管理釣り場東山湖フィッシングエリア
所在地〒412-0024 静岡県御殿場市東山1077
電話番号0550-82-2161
Webサイトhttps://www.higashiyamako.com/

『エリアトラウト ギア&マニュアル』発売情報

『エリアトラウト ギア&マニュアル』

日進月歩するエリアトラウト専用アイテム群。ルアー、ロッド、リールはもちろん、ラインやフックでゲーム展開が激変するシビアな世界だ。そこで先鋭化するNEWアイテムを、ルアーマガジン編集部ならではの徹底した取材と美細なビジュアルでコンテンツ化! また最新ハウツーを盛り込んだ「エリアトラウト入門」パートも充実。基礎情報も更新されまくりの必読書です!

  • 発売日:2022年11月16日