テンリュウの『Rayz(レイズ)』は機能とデザインで日本のトラウトマンを魅了! 全4シリーズを一気見せ!!

煌く川面と木陰のコントラスト。日差しで淡い七彩を魅せる白泡。輝く魚体の美しい彩り。トラウトフィッシングのフィールドは光と色にあふれている。この美しい自然の中で光りを放つロッドがテンリュウのレイズだ。機能とデザインでトラウトマンの所有感を満たすレイズシリーズを開発にも携わったテンリュウの舟木さんに紹介いただいた。

●文:ルアーマガジンリバー編集部 取材協力:テンリュウ

2024 イカメタル特集

舟木雄一さんのプロフィール

舟木雄一(ふなき・ゆういち)

テンリュウ営業部に勤務。幼少期から取り組むトラウト、バスに加え、ソルト全般と幅広い釣種に造詣が深いマルチアングラー。トラウトのホームフィールドは天竜川や木曽川水系で源流から本流域まで網羅。遠征も積極的に行い、各地のトラウト事情に詳しい。

レイズは全4シリーズで日本のトラウトシーンをカバー

初代レイズは2012年にデビュー。日本のトラウトルアーゲームにおけるスタンダードなロッドとしての一歩を踏み出す。

舟木「2015年にマルチピースのレイズインテグラル。2016年にワンランク上位モデルのレイズスペクトラも出ました。2017年にはエリア向けスペックのレイズオルタをリリースして、さらにオリジナルのレイズを2020年にリニューアル。インテグラルは今春(2023年)リニューアルしたばかりです」

誕生から5年余りでレイズシリーズは4ブランドに拡大し、その後もリニューアルを展開。フィールド、ターゲット、使用ルアーなど多様化するトラウトシーンに対応し進化しているということだ。

レイズシリーズが発売&リニューアルされた年表

  • 2012年 レイズ
  • 2015年 レイズ インテグラル
  • 2016年 レイズ スペクトラ
  • 2017年 レイズ オルタ
  • 2020年 レイズ(リニューアル)
  • 2023年 レイズ インテグラル(リニューアル)

レイズシリーズの共通コンセプト【1】 調子はPEラインにも対応のレギュラーテーパーに統一

投げやすく、ルアーを操作しやすく、かけた魚をバラさない。扱いやすさがレイズシリーズの共通点だ。

現在、レイズシリーズは全27機種がある。豊富なラインナップは、自分の釣りにあった1本に出会いやすいということだ。

舟木「機種は多いですが、レイズシリーズとして共通したコンセプトがあります。その一つがレギュラーテーパーであること。トラディショナルな本調子に現代的なエッセンスがプラスされています」

現代的なエッセンスというのは?

舟木「細身、軽さ、感度、そして張り。レギュラーテーパーで曲がるけど機種ごとに最適化された張りに調整しています」

なぜ、適度な張りを持つレギュラーテーパーに?

舟木「ルアーを意のままに操作するには適度な張りが必要です。あと、ナイロンラインの時代はファストテーパーでも良かった。今やトラウトもPEラインが主流になりつつあります。PEは伸びないのでファストテーパーだとバイトを弾いたり、かけた魚をバラしやすいという問題が生じるからです」

キャストに関しても一般的にはレギュラーテーパーのほうが投げやすいと言われています。

舟木「投げるときにロッドが曲がるとルアーのウェイトを感じやすいですからね。投げやすさが際立ってきます。使い手を選ばない扱いやすさ。これもレイズシリーズの根本にあります」

レイズシリーズの共通コンセプト【2】温故知新。トラディショナルなルックスと最新技術の融合

水辺で光を浴びダークブルーに発色するレイズインテグラル。レイズシリーズのブランクは魚や水、自然と一体感のある輝きを放つ。

トラウトの世界は道具の趣にこだわるアングラーが多い。レイズシリーズは意匠も凝らされています。

舟木「トラウトは1尾との出会いを大切にする大人の遊びですからね。コルクグリップに天然木のリールシートなど見た目はトラディショナルです。でもブランクスの素材やそれによる調子、ガイドセッティングなど最新のエッセンスも取り入れています。温故知新もレイズシリーズのコンセプトの一つで、それはブランクのカラーにも表れています。レイズのネーミングの由来にもなっています」

レイズシリーズのブランクは黒っぽく見えますが?

舟木「英語のraysを訳せば光線です。黒っぽく見えるブランクもオリジナルのレイズは光を浴びると深い緑に輝く。インテグラルはダークブルー、オルタはダークレッドに輝く。光の三原色です。スペクトラは深い紫色のダークバイオレットでシリーズ最高峰にふさわしカラーに染め上げています」

渓谷の光と陰で色を変えながら輝くブランク。1尾との出会いがより充実して楽しめるのは間違いなさそうだ。それでは、各モデルの特徴を見ていこう!

シリーズの根幹をなすトラウトロッドのハイスタンダード『レイズ』

現在のトラウトルアーゲームに対応した機能とトラウトアングラー好みのデザインで仕上げられたレイズシリーズ。ここからは各ブランドの特徴を解説いただきましょう。まずはレイズから。

舟木「細身、軽量、張りのある本調子で仕上げたのがオリジナルのレイズで、シリーズの根幹を成します。2020年のリニューアルでナイロンラインでもPEラインでも対応できるガイドセッティングを採用しています。リールシートは天然木に西陣織カーボンパイプを組み合わせてチラリと魅せる隠れたオシャレにもこだわっています」

レイズはラインナップも豊富です。

舟木「全11機種でフィールドやターゲット、使いたいルアーによってバリエーションを持たせています。源流から本流、湖まで日本の内水面のトラウトはほぼカバーできます」

レイズ(Rayz)

レイズは源流から本流や湖に対応するスピニングロッド7機種、ベイトロッド4機種をラインナップ。

MODELTYPELENGTH
( m [ft])
PCS.
ACTION
CLOSED LENGTH
(cm)
LURE WT
(g)
LINE
(lb)
PE
(号)
REAR GRIP LENGTH
(mm)
TIP DIA
(mm)
ROD WT
(g)
CARBON/GLASS
(%)
PRICE
RZ4102S-ULS1.47[4’10”]2R76MAX 6MAX 4MAX 0.61101.47394/6¥43,500
RZ542S-LS1.63[5’4″]2R84MAX 8MAX 6MAX 0.61551.57892/8¥46,000
RZ632S-LS1.90[6’3″]2R98MAX 8MAX 6MAX 0.61951.59195/5¥48,000
RZ6102S-LMLS2.08[6’10”]2R107MAX 12MAX 6MAX 0.62301.510496/4¥49,500
RZ772S-MLS2.31[7’7″]2R118MAX 18MAX 8MAX 0.82651.511696/4¥53,500
RZ842S-MMHS2.54[8’4″]2R130MAX 25MAX 12MAX 1.03151.613597/3¥61,000
RZ912S-HS2.77[9’1″]2R142MAX 30MAX 16MAX 1.23301.915198/2¥64,000
RZ4102B-ULB1.47[4’10”]2R76MAX 6MAX 4MAX 0.61151.48294/6¥51,500
RZ542B-LB1.63[5’4″]2R84MAX 8MAX 6MAX 0.61151.58792/8¥52,000
RZ712B-MLMB2.16[7’1″]2R111MAX 20MAX 10MAX 0.82301.612296/4¥59,500
RZ842B-MMHB2.54[8’4″]2R130MAX 25MAX 12MAX 1.03001.614597/3¥65,500

ガイドはチタンフレームにSiCリングを採用。スピニングはKガイド。ベイトはLRVガイドを搭載し、どちらもPEラインとモノフィラメントラインに対応する。 [写真タップで拡大]

オリジナルグリップのリールシートには西陣織カーボンパイプを採用。隠れたところにも意匠を凝らすセンスの良いデザインに仕上げられている。 [写真タップで拡大]

より細く、より軽く! エキスパートの腕に応える1本『レイズスペクトラ』

レイズシリーズの最高峰がレイズスペクトラだ。

舟木「レイズシリーズの共通コンセプトである“しなる”本調子をより軽く、細く、張りを持たせた高弾性のブランクで表現しています。これによりキャストのアキュラシーと操作性が上がります。またバット部は粘り強さを発揮するC.N.T素材で補強し、軽量化による強度低下を感じさせません。チタンフレームにトルザイトリングの小口径Kガイドや、リールシートに高級天然木の花梨バールを搭載するのもスペクトラだけです」

素材もこだわりもシリーズ最高峰。機種数はオリジナルのレイズより少ないですね。

舟木「7機種に絞り込んでいます。例えば軽量ミノーで小渓流のブッシュの隙間を射抜くといった具合に、攻め方、釣り方が見えているモデルをラインナップしました。サクラマス向けプラッギングカスタムなど、要は特化型のロッドでより自分の釣りを極めたいという方にスペクトラをおすすめします」

レイズ スペクトラ(Rayz spectra)

レイズスペクトラはスピニング6機種。ベイト1機種で構成。本流Twitchin’モデルなどフィールドとメソッドを絞り込んだエキスパート向けモデルが顔をそろえる。

MODELTYPELENGTH
( m [ft])
PCS.ACTIONCLOSED LENGTH(cm)LURE WT(g)LINE(lb)REAR GRIP LENGTH(mm)TIP DIA(mm)ROD WT(g)CARBON/GLASS(%)PRICE
RZS51LLS1.55[5’1″]2R79.51-81-51551.26694/6¥52,500
RZS53LMLS1.60[5’3″]2R82.02-103-61551.47096/4¥53,000
RZS61LLS1.86[6’1″]2R95.31-81-51851.47495/5¥55,000
RZS71MLS2.16[7’1″]2R110.03-183-82651.49696/4¥58,500
RZS77MMHS2.31[7’7″]2R119.65-255-123151.612396/4¥65,000
RZS82MS2.49[8’2″]2R128.05-205-123151.813495/5¥66,000
RZS51LL-BCB1.55[5’1″]2R79.51-81-51151.27295/5¥56,500

ガイドはチタンフレームにトルザイトリングの小口径Kガイドを採用。バット部はC.N.T(カーボンナノチューブ)で補強し、各機種ごとのターゲットの最大クラスがきてもその引きをしっかりと受け止めてくれる。 [写真タップで拡大]

リールシートは深みのある木目が魅力の高級天然木、花梨バールを採用。リールシートのローレットの刻みといいルックスも細部までトラウトアングラーの所有欲を満たしてくれる。 [写真タップで拡大]

源流遡行から海外遠征まで見据えたモバイルモデルをラインナップ『レイズ インテグラル』

レイズの共通コンセプトを踏襲するモバイルモデルがレイズインテグラル。2023年春にリニューアルされた。

舟木「一番の変更点はラインナップの見直しです。渓流ルアーをベイトフィネススタイルで楽しむ方が増えています。あと昨今のアウトドアブーム。トレッキングやキャンプで山に入ったときに釣りも楽しむ。そういう方にも携行性の高いパッカブルモデルが人気です」

ラインナップの変更、具体的には?

舟木「ULとLはレングスを5ftから4ft8inにし、仕舞寸法をより短くしました。さらにULとLにはベイトロッドを追加しています。7ft5inのMLMも前作の4ピースから5ピースにして携行性を高めています。あと新機種としてRZI845S-MHを追加。国内外の大規模河川や湖向けのロングロッドです。今回は2ピースモデルはありません」

よりコンパクトに持ち運べるのはうれしい限り。しかも渓流ベイトフィネスモデルまで追加とは!

舟木「UL、Lの4機種は1番と2番(ティップ側2本)のブランクに超低弾性カーボンを使っています。ティップがしなやかなのでスナップを利かせたコンパクトなキャストがしやすい。全機種、レイズの操作性や扱いやすさを受け継ぎ、リールシートには西陣織カーボンパイプを追加して隠れたところでも優美さも醸し出しています」

4ft8inのUL、Lモデルは仕舞寸法39cm。7ft5inのMLMは5ピースになって仕舞寸法53cm。前作より7cmも短縮化。全機種、モバイル性が高められている。

レイズ インテグラル(Rayz integral)

渓流ベイトフィネス対応モデルのRZI484B-UL、RZI484B-Lの追加も新レイズインテグラルの大きな魅力だ。

MODEL
TYPELENGTH
( m [ft])
PCS.ACTIONCLOSED LENGTH
(cm)
LURE WT
(g)
LINE
(lb)
PE
(号)
REAR GRIP LENGTH
(mm)
TIP DIA
(mm)
ROD WT
(g)
CARBON/GLASS
(%)
PRICE
RZI484S-ULS1.42[4’8″]4R39MAX 6MAX 4MAX 0.61101.57496/4¥42,000
RZI484S-LS1.42[4’8″]4R39MAX 8MAX 4MAX 0.61101.67796/4¥42,500
RZI755S-MLMS2.26[7’5″]5R53MAX 20MAX 10MAX 0.82651.611597/3¥51,000
RZI845S-MHS2.54[8’4″]5R58.5MAX 25MAX 14MAX 1.23151.813797/3¥54,000
RZI484B-ULB1.42[4’8″]4R39MAX 6MAX 4MAX 0.61181.58596/4¥49,000
RZI484B-LB1.42[4’8″]4R39MAX 8MAX 4MAX 0.61181.68796/4¥49,500

グリップ周りやガイドの素材、デザインともにオリジナルのレイズを踏襲。機能的にもレイズの操作性と扱いやすさを受け継いでいる。 [写真タップで拡大]

4ft8inの4機種はティップ側2ピースのブランクに超低弾性カーボンを採用。フレキシブルなアクションでコンパクトなキャストを実現。近距離バイトの弾きを防ぐ。 [写真タップで拡大]

管釣りとネイティブの架け橋になる高性能エリアロッド『レイズ オルタ』

レイズオルタは管理釣り場向けに開発。シックな装いはカリカリのエリアロッドとは一線を画し、自然フィールドでも違和感なく馴染みそうだ。

舟木「機能もルックスもレイズの共通コンセプトを踏襲しています。スペック的にはエリアトーナメントでも使えるようなロッドですが、もっと自由に遊べる架け橋的な一本として手にしていただけたらと思います」

架け橋的な、というのは?

舟木「例えばRZA60MLM-T。小型ミノーのトゥイッチやジャークが得意なモデルをそのまま川に持ち込んで遊ぶ。逆に自然フィールドの禁漁期にオルタでエリアフィッシングを楽しむ。ガイドは極細PEやエステル系ラインが使え、マイクロスプーンにクランクと最新のエリアフィッシングに対応するモデルもラインナップしています」

渓流では1尾との出会いを大切にする大人の遊びというスタンスを取りつつ、管理釣り場ではプレッシャーのかかったトラウトが戦略的に狙えるのがレイズオルタだ。

レイズ オルタ(Rayz Alter)

アクションはレイズの共通コンセプトであるレギュラーテーパー。ティップは異素材、異弾性の素材を1本のブランクに成型できるマグナフレックス製法を採用。低弾性チューブラーティップと極細カーボンソリッドティップを機種ごとに使い分け、管理釣り場特有のショートバイトによる弾きを防ぐ。

MODEL
TYPE
LENGTH
( m [ft])
PCS.ACTIONCLOSED LENGTH
(cm)
LURE WT
(g)
LINE
(lb)
REAR GRIP LENGTH
(mm)
TIP DIA
(mm)
OD WT
(g)
CARBON/GLASS
(%)
PRICE
RZA60MLM-TS1.83[6’0″]2R94≒ZERO-7g2-61851.27894/6¥40,000
RZA61L-TS1.86[6’1″]2R96≒ZERO-5g1-51851.27895/5¥41,500
RZA62UL-SS1.88[6’2″]2R97≒ZERO-4g1-41850.87493/7¥42,000

趣のあるグリップ周りの造作。エリアフィッシング向けスペックでもレイズの系譜をしっかり受け継いでいる証だ。

ラインナップは計27機種! ロッド選びが楽しくなる充実のシリーズ展開!

レイズシリーズはオリジナルの『レイズ』が11機種、『レイズ スペクトラ』が7機種、『レイズ インテグラル』が6機種、『レイズ オルタ』が3機種となり、計27機種がラインナップされる。

渓流、本流、湖、管理釣り場など、あなたのトラウトスタイルに合わせたロッド選びを、ぜひレイズで楽しんでいただきたい!

2023年の新作『レイズ インテグラル』の動画もチェックしよう!


※本記事は”ルアーマガジンリバー”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。