驚きの巨大魚釣り場「那須白河フォレストスプリングス」をおすすめスプーンと共にご紹介

関東でもトップクラスの管理釣り場を擁する栃木県。なかでも由緒あるリゾートとしても名高い那須周辺は個性溢れるポンドが点在している。峻烈な高原の気候のなか、ビッグフィッシュと対峙できる管理釣り場をカルテラスチーフデザイナー兼CEO本多智紀さんと人気樹脂スプーン「パラト」と共に訪れてみた。今回は「那須白河フォレストスプリングス」だ。

●文:ルアーマガジン編集部

2024 新製品情報

前回訪れた「那須高原つり天国」&「蛇尾川フィッシングパーク」

半日弱のビッグフィッシュゲーム(ランチつき)

最後に訪れたのは那須白河フォレストスプリングス。ここは本多さんにとって、ホームと呼べるポンドのひとつ。広大な敷地に大規模な池が点在し、魚種多く、大型個体も豊富に泳ぎまわる。自然を活かした植樹も見事で、このロケーションを本多さんはこよなく愛しているようだ。

本多「レストハウスの広々とした食堂で提供されているフードも絶品で、最高です!」

ということで、到着早々にランチを楽しむことにした本多さん。食堂に居合わせたカルテラススタッフの大場伸幸さんに釣況を伺うと、ぼちぼち釣れているとのこと。だが狙いは1発大型!

冬の午後は短い。妙に活性づいたコーホーサーモンが入れ食ってしまう。

本多「数釣りを楽しみたい日なら、最高のシチュエーションなんですけどね(笑)。大型のマスを見つけてアプローチしても、元気なコーホーが先に食べてしまう」

スタッフの大場さんがコーホーを釣り上げると……コーホータイム到来! だが2人だけが連発。パラトのルアーパワーがハマっていたようだ。

サイトで大型にアプローチするが、ミスバイトが重なり深く食わせることができない。この時期、流れに集まってくるブルックトラウトやジャガートラウトを狙うべくポンドを移動する。思惑通り、インレットに差してきた魚影が見える。流水でのアプローチは、本多さんが得意とするところだ。ダウンクロス気味にパラト3g・タイプHVを流し込んでいくと……数投でヒット! ネットインしてルアーのフックを外すと、なんと勢いよく流芯へとジャンプ!

本多「元気良すぎですね(笑)!」

そこで、流れに集まる魚影は一気にトーンダウン。そして間もなく冬の早すぎる日没を迎えてしまった……。

紅葉燃える水辺で魚とコミュニケーション

またも日暮れまで2時間程度だったフォレストスプリングス。朝の時間も味わおうと改めて訪れた。朝イチは反応を得られなかったが、とあるスポットで連発することに。

改めて午前中に訪れると、流れのジャガーも相変わらず反応良し!

本多「流れ込みは人が多いので、少し離れた反転流場で。かけ上がりが絡んだ場所を狙い、ブレイク下から10秒ステイ2秒デジ巻きのコンビネーションで、ふわっと浮かせてふわっとフォール。拾い食いさせるイメージですね」

本多「流れから離れたところの沖に、落ち葉が集まっているスポットがあった。水中にも何か流れ着いているのか、水ヨレ場なのかアタリが出始めて。ボトムをしっかり取って巻き上げてみると、バイトが明確に。そこから10尾ほど釣れ続いた」

ポンドの周囲は日本一の花草木の山を目指す「花野華(はなやか)」を造成しているとあって、施設内は四季折々の色味で溢れている。

ブルックトラウトなども追加し、早めのランチに。仕切り直して、サイトで大型を狙う。

本多「あのレインボー、魚体がカッコイイですね……!」

パラト0.3gで様子を伺う。目線の裏をかいて鼻先を通すも反応なし。フォールも無視。そこで、速巻き&ステイでリアクションを狙う。鼻っ面でステイが決まると、パラトが一瞬ホバリング。わずかに口元が動いたかと思うと、ゆっくりと吸い込むようにパラトをついばんだ!大きな魚体をイヤイヤと振り回し高トルクで抵抗してくる。焦らずゆっくりといなすと、観念したかのようにネットへと滑り込んできた。

本多「全然ヤル気ない感じで、エサが来たら食べてやるか、という感じでしたね。やっぱり、しっかりとしたアゴのカッコイイ大型個体でしたね!」

撮影していると、はらりと紅葉が舞い降りた。錆びた体色にレッドバンドと紅葉が映える。那須の旅を象徴するような組み合わせに、季節の移ろいを感じた。

本多智紀さんのプロフィール

本多智紀(ほんだ・とものり)

エリア、ネイティブ問わずトラウトに魅了され独自のアプローチを極める。自身のブランド「カルテラス」では樹脂スプーン「パラト」など、唯一無二のモノ作りを展開。その一方アパレルも手がけつつ、アウトドア全般を遊び尽くす。

パラト 0.3g(カルテラス)

+GF30という昆虫の比重を極めた素材で作った樹脂スプーン。シリーズ最軽量だが、22mmという小さすぎないシルエットと生物に酷似した比重でスレたトラウトを翻弄する。ハイプレッシャーなプール系ポンドでも高実績な最終兵器だ。

那須白河フォレストスプリングス

65,000平米を誇る敷地に、大規模ポンドが3つ、女性・小学生専用のポンドが1つ展開。母体となる林養魚場が育てた、実に10種類に及ぶトラウトたちが大量に放流されている。魚のクオリティはぶっちぎりで、美しい魚体と激しいファイト、美味な肉質を誇る。釣り具も数多く取り扱い、カルテラス製品も充実。

エリア名那須白河フォレストスプリングス
所在地〒961-8061 福島県西白河郡西郷村金子石16
電話番号0248-25-3535
営業情報4月〜9月:7:00〜18:00
10月〜3月:7:00〜17:00
1日券:5,000円 他料金設定あり
レンタルレンタルロッドあり
Webサイトhttps://www.forest-springs.com/shirakawa/

『ルアーマガジン・マス王4』発売情報

『ルアーマガジン・マス王4』

エリアトラウト・シーズンイン! といえば『鱒王』。ガチのシークレット深掘りで分かりやすく最前線をお届け!

表紙はアーティスト「NAMIKO」さん作のド迫力作品が目印…🐟 エリア猛者&注目アイテム、今シーズンの主流だけを取り揃えました! 発売です。冬の管理釣り場に必携です。

  • 発売日:2022年11月16日

※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。