ライトゲームの達人による「本気のアジング専用ボックス」を見よ!蘆原流VS-7055N(メイホー)カスタムボックスをご紹介!

ワームのタイプやカラー、ジグヘッドのウィトやフックサイズなど手を替え品を替え、深いバイトへ導くアジング。小物類が多い釣りだけにそれらの整理整頓が実釣効率を上げ、釣果アップに結びつく。今回はライトゲームのエキスパートとして活躍する蘆原仁さんが愛用するメイホーVS7055Nのカスタムボックスをご紹介。アジングエキスパートの収納術に刮目せよ!

●文:ルアマガプラス編集部

2024 新製品情報

ライトゲームだけでなくオフショアやトラウトにも精通する湘南のマルチエキスパート!アッシー!!

蘆原仁(あしはら・ひとし)
相模湾、伊豆半島をホームにアジからマグロまで幅広いターゲットを追うソルトのエキスパート。とくにアジングは得意でシビアな状況を打開する引き出しの多さが持ち味だ。愛称はアッシー。

ベースは『ランガンシステムBOX VS-7055N(メイホー)』

VS-7055N(メイホー)

【スペック】
サイズ:313×233×231mm
素材:滑り止めラバーグリップ付属、ワームプルーフ、HG

ベースはVSシリーズ最小サイズの7055Nをセレクト。

蘆原「陸っぱりやボートなど釣り場に合わせて中身を詰め替えて使うのにちょうど良いサイズです。7055Nはハンドルストッパー付きで陸っぱりで持ち運ぶときの安定感も良い。コンパクトなので小型ボートでも邪魔にならず、しっかり釣り込める収納力を備えています」

「3つのロッドスタンド」を中心にカスタマイズした外装及び正面部

蘆原「ロッドスタンドは3つセッティングしています。エステルまたはフロロを巻いた2タックルとPEを巻いた1タックルで、陸もボートもやることが多いです。ロッドスタンドにはすべてマルチホルダーを付けています。カナビラで小物を吊り下げるのも自分流と言えますね」

アジングにマスト!ボックスの安定感向上にも貢献する「ロッドスタンドBM-250ライト」

蘆原「ロッドをスタンドに立てれば、移動もリグ交換するときも楽。システムボックスにマストなアイテムです。またスタンドの台座が接地面を広げ、ボックス全体の安定感が向上します。新色のクリア×ブラックは見た目も軽やかで良いですね」

ホルダーの隙間もフル活用して整理整頓が可能!「マルチホルダーBM25」

葦原さんはロッドスタンドBM-250ライト専用ホルダーに様々なオプションパーツを装着してフル活用。

蘆原「オプションをつけるだけでなく、隙間にプライヤーをさしたり、カナビラをつけることができて非常に便利です」

プライヤーはホルダーの隙間に。
蘆原「置き場所を決めておけば無くしません」 [写真タップで拡大]

蘆原「蓄光器のUVスナイパー(ハピソン)もここに。カナビラが付けられるので便利です」 [写真タップで拡大]

ボックス正面は「マルチハンガーBM」を介しパーツケースや小物類をセット!

蘆原「マルチハンガーにはカナビラで温度計とメジャーを。ルアーを吊り下げて仮置きしたりもしますが、アジングで便利なのがパーツケースの取り付け。アジングはワームやリーダーの交換が多い。ダストボックスに活用します」

パーツケースBM-100
使用後のワームなどのゴミはパーツケースBM-100に一時保管。フタ付きで短い糸クズすら散乱防止。

上段セッティング

アジングなのになぜかプラグやエギが?

スペアのリーダーやアジ狙いでは出番のないサイズ感のルアーなどを収納。

蘆原「リーダーはアジングならフロロ3~6lbが中心。このマスにスプールが6枚入ります。その上がライトゲーム用ラインツイスター(ハピソン )。ミノーやエギはアジング中にシーバスがボイルした、イカが見えたというときに遊べる程度のものを用意」

ガン玉や小型フックはコンパクトなケース「VS-318SD」に収納

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

ボックス上段にはバーサスの小物ケースもシステム収納。

蘆原「ガン玉やスプリットショットリグでワームをノーシンカーで使うときのハリなど、ジグ単以外のリグで使う小物一式を入れてます」

さらに深堀りした使い方は次ページ以降でご紹介!

〈次のページは…〉ボックス両サイドのこだわりをご紹介!