ベイトリール入門モデルなのに「軽量性」も抜群!『レボ5X-HS(アブガルシア)』

アブガルシアの大人気ベイトリール「REVO(レボ)」シリーズが2023年遂にモデルチェンジ!5代目を迎える同シリーズはこれまでとは少し違い、幅広いユーザーを満足させる充実したラインナップが魅力。今回はそんな第5世代レボシリーズの超ハイコスパ「エントリー」モデルをご紹介します。

●文:ルアマガプラス編集部

2024 新製品情報

インプレするのは社内随一のレボマニア!福ピンク!!

[写真タップで拡大]

ルアマガ編集部・フクシゲa.k.a.福ピンク
編集部イチの巨漢。学生時代に使用した初代レボSX以来の近代アブガルシアフリーク。レボの箱がハンバーガーの箱に見えてなんだか嬉しい35歳児。「初代のレボってどことなくガンダムエクシアに似ててかっこいいんです!」

レボ5X-HS(アブガルシア)

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

【スペック】

  • ギア比:7.3
  • 最大ライン巻取(cm):76
  • 自重(g):204
  • ボール/ローラーベアリング:7/1
  • スプール径(mm):33
  • ラインキャパ(フロロ16lb/PE3号 m:100/100
  • 最大ドラグ(kg):9.1

独自性抜群!レボ5のエントリーモデルと甘く見ることなかれ!

[写真タップで拡大]

Xの大きな特徴のひとつがハンドルノブ。「AbuGarcia」のロゴがはいった二重成形型となっています。個性的なビジュアルが魅力的なのはもちろん、グリップ感が抜群でした!

[写真タップで拡大]

フレームがC6カーボンという樹脂素材を採用しているため、重量はエントリー価格帯ながらも最軽量! またブレーキはマグネット式で、小さめのスプールと相まって、レボ5シリーズの中ではもっとも軽いものを扱うのが得意な印象。好きな人は好きそうなカラーリングも面白いですね!

[写真タップで拡大]

レボ5ではXのみスプール径が33mmと、他のモデルより2mm小さくなっております。

レボ5X-HSはこんな人にオススメ!

  • レボ5をまずは体験してみたい
  • マグネットブレーキが好き
  • 個性的なリールを使いたい

※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。