バークレイからヒラメに青物、根魚と「マルチ」に使える万能SWジグヘッド登場!『マルチヘッド』

シンプルな構造ながら、あらゆるタイプのフィールド、あらゆる魚種に対応できるのがジグヘッドリグ。使い方もタダ巻きやリフト&フォール、ダートアクションなどなど、装着するワームのタイプに合わせてチョイスできるのは強みと言えるだろう。だが、ここで紹介する『バークレイ・マルチヘッド』は、付属のパーツを使ってチューンナップすることでアピール力をさらにアップさせたり、フッキング率をさらに上げたりすることができるのだ!

●文:ルアマガプラス編集部

2024 新製品情報

マルチヘッド(バークレイ)

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

【スペック】

  • 重さ:30g、40g
  • フックサイズ:#1/0、#2/0
  • 付属トレブルフックサイズ:#5
  • 付属ブレード:シルバーorゴールド
  • 入り数:2

マルチヘッドの重量は30gと40gの2種類で、サーフでのキャスティングゲームや沿岸部でのボートゲームなど、名前の通り単体でもマルチに使えるスペックを有している。ラインアイを後方にマウントして浮き上がりを抑えたり、ヘッド前面&下面をフラットにすることで横倒れを抑制して根掛かりを軽減したりと、細部のデザインにもこだわりを持たせている。

[写真タップで拡大]

そして、チューニングパーツとして付属されているのがトレブルフックとブレードで、トレブルフックはスプリットリング&ワイヤーを、ブレードはスナップをそれぞれ介してヘッドに装着が可能。ヘッドの装着部分にはローリングスイベルがマウントされているので、トレブルフックへのフッキング後に魚が暴れ回ってもバレにくいだけでなく、ブレードの回転を妨げずに高いアピール力をキープしてくれる効果もある。

[写真タップで拡大]

フックサイズは30g、40gともに#1/0、#2/0の2サイズあり、装着するワームのサイズに合わせて使い分けることが可能。ワームは同社のガルプ! やマックスセントをチョイスすることで、ブレードによるフラッシング&波動の発生に加えて“味と匂い”が追い打ちをかけ、より多種多様なターゲットへとアピールできるはずだ。『バークレイ・マルチヘッド』を駆使して、さらなる釣果アップを狙ってほしい!


※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。