「夏シーバスのテッパン!」的な鉄板ルアー!邪道『冷音(レイン)』の使い方を徹底解説!

ソルトルアーブランドでお馴染みの『邪道(Ja-do)』の代表、藤澤周郷さんに「ここ一番で使いたい!!」シーバスルアーを選んで頂き、お気に入りのポイントや使い方を語って頂きます!!今回のルアーは藤澤さんプロデュースの鉄板バイブ。肝は2つのホールの使い分け!

●文:ルアーマガジンソルト編集部

2024 イカメタル特集

関西シーバス界にこの人あり!Ja-doガイズNo.1!

藤澤周郷(ふじさわ・ひろさと)

シーバス、チヌをメインに大阪湾で活躍するソルトエキスパート。様々な釣りに詳しく、多くのアングラーに影響を与えてきた。繊細な釣りを得意とし「邪道(Ja-do)」ブランドから様々な画期的ルアーをプロデュースしている。

藤澤周郷の“ココイチ”ルアー「冷音(レイン)14g(Ja-do)」

根がかり回避能力を高めシャローで最適な鉄板バイブ。最大の特長は2つのホール。前側はテクニカルホールで引き心地は軽く速巻きでイレギュラーダート。後ろ側はイージーホールでしっかりとした巻き心地でスロー引きに◎。

【スペック】

  • サイズ:62mm
  • カラー:28色(新色含む)

シャローなオープンエリアを手返し良く探れる

藤澤「オールシーズン使えるけど、特におすすめなのは夏から秋。シャローに魚が差してくるときはええですね」

――具体的にシャローというと?

藤澤「サーフ、干潟、石畳あるような岸際とか、沖堤、東京湾だったら牡蠣瀬あるところとかね」

――そういう場所でなぜ良いんでしょうか?

藤澤「根がかり回避能力に優れてて、1m前後の広いシャローエリアも手早く探っていけるように作ってあるからやね」

――他に特長ってありますか?

藤澤「ラインアイが2つあって、後ろ側のイージーホールは浮き上がりを抑えてあって足元までスローに泳がせられる。前側はテクニカルホールといって、引き心地が軽くて速巻きするとイレギュラーダートで誘う。場所によって使い分けが可能やねん」

藤澤的!+αテク!!

ロッドを立てながらチョンチョンチョン…と3回ほど細かいハイピッチショートジャークを入れる。そうすることでヒラを打って魚を誘う。特に前側のテクニカルホールは抜けるようにヒラ打ち、後ろ側のイージーホールはヒラ打ちでも泳ごうとしてブルブルッと強くアピール。

冷音の実釣解説動画は「fimoTV」でも公開中!!これからの夏のシーバスシーズンに向けて試してみてはいかがだろうか?


※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。