【編集部インプレ!】コンパクト&ガッチリ!『レボ5SX(アブガルシア)』で第5世代のレボが分かる!

アブガルシアの大人気ベイトリール「REVO(レボ)」シリーズが2023年遂にモデルチェンジ!5代目を迎える同シリーズはこれまでとは少し違い、幅広いユーザーを満足させる充実したラインナップが魅力。今回は第5世代レボシリーズを象徴する各種性能が満載の『レボ5 SX』を紹介!

●文:ルアマガプラス編集部

2024 チニング特集

インプレするのは社内随一のレボマニア!福ピンク!!

ルアマガ編集部・フクシゲa.k.a.福ピンク
編集部イチの巨漢。学生時代に使用した初代レボSX以来の近代アブガルシアフリーク。レボの箱がハンバーガーの箱に見えてなんだか嬉しい35歳児。「初代のレボってどことなくガンダムエクシアに似ててかっこいいんです!」

インプレフィールドは関東バサーのオアシス「BRGDポンド」

BRGD POND
群馬県前橋市にあるバスの管理釣り場。大人気アパレルブランド「BASS BRIGADE」が運営するポンドで、水質や餌やりなどに徹底的にこだわっている。まるでため池のような野性味あふれるコンディションのバスたちが、ライトリグからビッグベイトまで様々なルアーに獰猛に襲いかかる! 今回の取材は放流日の前日ということで厳しいコンディションではあったものの、トップウォーターにも連発するなどフィールドのポテンシャルを強く感じることができた。

レボ5SX(アブガルシア)

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

【スペック】

  • ギア比:6.7
  • 最大ライン巻取(cm):74
  • 自重(g):212
  • ボール/ローラーベアリング:9/1
  • スプール径(mm):35
  • ラインキャパ(フロロ16lb/PE3号 m:115/120
  • 最大ドラグ(kg):11.2
  • 価格:25,300円

第5世代を迎えたレボの根幹がここに!

一番下のグレードにあたる「レボX5」がそのほかと少し毛色が変わるので、実質的にはこのリールからレボ第5世代らしいスペックのリールとなります。つまり、ピニオンサポート構造、35ミリ系のスプール、遠心ブレーキ(IVCB6)等々…。アブガルシアが誇る高機能を体験したいならまずはこの「レボ5SX」がおすすめです!

一言で表すなら、ガッチリとしたリール!という印象です。見た目的にもクールなので余計それを感じるのかもですが、非常にしっかりしています。にもかかわらず、アブガルシアお得意のロープロファイルデザインなので、決してゴツいわけではないという…。巻くにしても撃つにしても非常に使いやすかったです!

フィールドではライトリグを中心に使用してみました。いわゆるベイトフィネス的な使い方ですね。ただコチラに関してはスプール系が大きいので、より本格的に軽いものを投げたいのであれば、レボ5Xのほうが適しているように思います。ガッチリしている点も加味すると、ハードめなカバー撃ちや、抵抗の大きいルアーを巻くシチュエーションなんかでは間違いなく役立つと思います。その際はよりギア比の高いHSやロケットもありますので、好みで使い分けるのはいかがでしょうか?

レボ5SXはこんな人にオススメ

  • レボ5の高機能をハイコスパで体験したい
  • 強度と軽さのバランスを取りたい
  • 低めのギア比が好みなら

※本記事は”ルアマガプラス”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。