夜のインショアゲームはバイトが止まらない!? ライトゲームパラダイスだった!

気軽にいろんなターゲットの釣りが楽しめるインショア。今回は折本隆由さんと家田成大さんのタッグで、朝から夜まで東京湾のルアーフィッシングを楽しんだ。東京湾は魅力的な魚の宝庫、何を狙うかはあなた次第!

●文:ルアーマガジンソルト編集部

2024 チニング特集

インショア実釣アングラー紹介

折本隆由(おりもと・たかよし)

1975年生まれ。千葉県出身・在住。ルアーフィッシングをメインにあらゆる釣りを得意とするマルチアングラー。ロックフィッシュゲームの草分け的存在で。グルーパーを追い求めて、日本全国を釣り歩く。

家田 成大(いえだ・しげひろ)

2005年からインショアゲーム船ガイドとして活躍。東京湾のキャスティングゲームを良く知るひとり。ガイドが休みの日にも様々なフィールドに釣行し、自身のスキルアップにつなげている。

実釣場所は東京湾!豊富なターゲットが存在する日本有数のインショアフィールド!

東京湾(東京都・千葉県・神奈川県)
多摩川・荒川・江戸川という大型3大河川が注ぎ、豊かな生態系を育む東京湾。特にシーバスの魚影は国内屈指。ボートで少し出るだけで多種多様なターゲットが狙える、まさにインショアゲームのパラダイス。

カーブフォール気味に引くのが、オートマチックに釣る方法!

前回の記事では、デイゲームによるインショア実釣をお届けした。今回は、その続編となる、夕マヅメ〜ナイトゲームのインショア実釣をお届けしよう。

デイゲームのあとは、ナイトゲームでメバルを狙う。マリーナを出てすぐの港湾部がメバルの釣り場だ。普段なかなか岸からは見れない都会の夜景や工場地帯を見ながら釣りをするのも楽しい。

港湾部の壁際にワームをとしていくのがメバルのメインパターン。軽量のジグヘッドリグを使うが、慣れていない方には扱いが難しいかもしれない。

ボートを走らせ十数分の港湾部に広がるライトゲームの好漁場。

メバルを釣るのは港湾部の壁のえぐれなど。ルアーは、ジグヘッドの1〜2gにワーム2〜3inをセットしたもの。壁際に並行気味にルアーをキャストし、カウントダウンしながらメバルがいるレンジを探しながらスイミングさせてくる。

折本「ジグヘッドはあまり軽くし過ぎくて大丈夫。しっかり投げて使える重さを使うことが大事なので、使いやすい重さをチョイスしましょう。簡単な動かし方は、キャストしたらロッドを横方向に動かしながらさびくように引いてくるだけでOK!」

釣り開始直後からメバルのバイトラッシュ!

夜になるとまた違った顔を見せる東京湾。メバルはサイズに似合わずよく引くし、ゲーム性も高く人気のターゲットだ。

家田「今日はワームメインで釣りをしましたが、トップウォーターやミノーなどのプラッギングも楽しいですよ!」

折本「ルアーは壁際をカーブフォール気味に進んでくる形になって、オートマチックに釣れますよ。あとは、着水後3秒で引いたり、5秒で引いたり、カウントダウンして魚のいるレンジを探っていきましょう」

釣りを開始しすれば20〜25cmほどのメバルがどんどんバイトしてくる。バイトはコンスタントに続き、その合間にアジやカサゴなども釣れてくるので、釣りをしていて飽きがこない。

シーバス、ヒラスズキ、マゴチ、クロダイ、メバル、アジ、メバルと、1日で7魚種(ツバクロエイも入れたら8種類!)をキャッチと、デイ&ナイトでインショアゲームを満喫。

同じ東京湾でもタイミングとエリアを変えるだけで多種多様な釣りが楽しめるのだ。ひとつの魚種に絞って釣り込むのもいいし、たくさんの魚種をマルチに釣っていくのもよし。自由に楽しめるインショアゲームにぜひ挑戦してみてほしい。

これからの時期におもしろいのがポッパーゲーム
砂底のシャローやゴロタエリアなどでは小型のポッパーゲームがおすすめ。アクションは連続のポッピングや、数回ポッピングを入れて数秒ステイの繰り返し。水深が深い場所ほど、ステイ時間を長めにするのがコツだ。

【ヒットルアー】

折本さん&家田さん使用ナイトインショアゲーム用タックル紹介

折本さん、そして家田さんが、今回のインショアゲーム(ナイト編)で使用したタックルを、それぞれターゲット用途別に紹介していこう。

折本さん使用タックル

<メバル用>
ロッド:ソアレXR S60SUL-S
リール:ソアレXR C2000SS HG
ライン:PE0.3号
リーダー:フロロカーボン4lb
※すべてシマノ

家田さん使用タックル

<メバル用>
ロッド:ソアレSSアジング S64UL-S
リール:ソアレXR C2000SS HG
ライン:フロロカーボン3lb
リーダー:フロロカーボン6lb
※すべてシマノ

ルアーマガジンソルト2023年8月号に記事掲載!

2023年6月21日に発売した、ルアーマガジンソルト2023年8月号には、今回の記事の全文が掲載されているので、気になった方は、是非とも本誌でチェックしてみてほしい。


※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。