【デカイの釣りたければこのミノー!】青物直撃! 飛ばして食わせる『飛ブンダーアルボロート (アクアウェーブ)』

遠方で起こるボイル・ナブラ攻略に欠かせないのがヘビーウエイトミノー。飛ブンダーアルボロートは高い遠投性能とアクション面を両立した、優秀なルアーに仕上がっており、この夏の青物攻略に強くオススメできるアイテムになっている。 

●文:ルアマガプラス編集部

2024 新製品情報

飛ブンダー アルボロート (アクアウェーブ)

[写真タップで拡大]

【スペック】

  • 全長:90mm
  • 重量:28g
  • カラー:8色
  • 価格:1,870円(税込み)

まるでメタルジグさながら矢のように飛んでいく 

飛ブンダーアルボロートは全長90mm/重量28gのヘビーウエイトミノー。このアイテムの一番の魅力は飛距離だ。遠投性能を獲得するためにボディの後方ギリギリまで内部ウエイトを配置した。こうすることで飛行姿勢が安定し、まるで矢のようにルアーが飛んでいく。強風時や逆風時でも高い遠投性能を見せてくれる。また、タングステンボールを2個配置し、ボディウエイトのバランスを強化させ、アクション面も向上させている。 

低重心&後方まで伸ばしたウエイトに、タングステンボール2個でさらに補強。フックアイはやや大きめのものを採用。  [写真タップで拡大]

リップはなるべく空気抵抗を減らすように設計し、ボディも風を切るように流線型にデザイン。テストではマックスで88mという飛距離をマークした。メタルジグのように飛ばせるヘビーウエイトミノー、それがトブンダーアルボロート。一度使えば、その遠投性能にきっと驚くはずだ。 

ターゲットを魅了する逃走ウォブリングアクション

[写真タップで拡大]

 

飛ぶだけでなく、もちろんアクション面でも抜かりはない。高速リトリーブでもアクションが破綻せず、泳ぎだしのレスポンスも高い。ボディ全体を震わせるアピール抜群のウォブリングアクションで、必死に逃げるベイトフィッシュの泳ぎを再現する。飛距離を犠牲にすることなくパフォーマンスをフルに発揮し、遠方のターゲットにしっかりとアピールさせていくことができる。 

[写真タップで拡大]

フックアイはやや大きめにすることで、スプリットリングの番手を上げて大物に対応させることも可能。フックサイズを上げてもバッチリとアクションしてくれる。堤防やロックショアでの青物狙いはもちろん、サーフエリアのフラットフィッシュ狙いにも効果は抜群。また、サワラのボートゲームにもぴったりだ。突然発生するボイル・ナブラにもこの飛距離が大きな武器になるし、小さいベイトフィッシュを食べている時も90mmのボディサイズはアピール過多にならない。圧倒的飛距離で青物を直撃できる飛ブンダーアルボロート、ショアジギやサーフ釣行の際にぜひ持っていって試して欲しい。 

カラーはベイトフィッシュ系とアピール系など8色をラインナップ。  [写真タップで拡大]


※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。