【巻くだけで釣れる!】サワラシーズン絶対必須のルアー!『メタルマジックTG(アクアウェーブ)』 を徹底解説!!

いまやサワラ攻略用のルアーとして大人気のメタルマジックTG。ハイシーズンに突入するサワラゲームのために、このルアーの特徴と使い方を改めておさらいしておこう。 

●文:ルアマガプラス編集部

2024 チニング特集

メタルマジックTG (アクアウェーブ)

【スペック】

  • 重さ:20g 、30g、40g、50g、60g
  • カラー:20g(全8色)、30&40g(全11色)、50&60g(全10色)、船宿監修カラー(全10色) 

どんなに速く巻いてもしっかり泳ぐ抜群の安定性 

独特のヘッド形状による抜群の使用感 

メタルマジックTGはタングステンボディのテールスピンジグ。比重の重いタングステンボディにすることでコンパクトにすることができ、圧倒的な飛距離を叩き出す。ボディが小さいのでマイクロベイトを捕食しているときにも効果的だ。

飛距離が出るというのはとても大切な要素で、不意に起こるサワラの遠めの跳ねやシャブキ(※いわゆるボイル)が起こったときにも対処することができる。

また、頭部の下部が広い三角形状になっており、さらにフロントヘビーな低重心設計になっている。スイミング姿勢が安定し、超高速巻きでも泳ぎが破綻しない。

サワラではとにかく速く巻いてくるというパターンが効くことが多いので、高速巻きでの安定性はこのルアーにおいてとても重要な要素だ。フロントヘビー設計によりフォールも速く、素早く底どりして巻いてくることが可能。 

ブレードはメタルマジック専用に設計されたもので、引き抵抗の軽さとアピール力を両立。

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

ボディのカラーによってゴールドとシルバーとガンメタの3色がついている。スイベルには太めの平打ちスプリットリングを使用し、大物とのパワーファイトでも安心。フックは、20gにはフッキング重視のダブルフックを。30〜60gには太軸のシングルフックを搭載している。 

ハリ先が痛んだらどんどん交換していくように

 メタルマジック ・スペアパーツ (アクアウェーブ)

【スペック】

シングルフック
  • サイズ:#1、#2
  • 入り数:2本 
シングルLフック
  • サイズ:#1、#2、#3
  • 入り数:2本
ダブルフック
  • サイズ:#0
  • 入り数:2本

メタルマジックには純正のフック&ブレードのスペアパーツが別売されている。ラインナップは3種類ああり、新発売のシングルLフックはブレードがUV加工されているためさらなるアピール力がプラスされている。

ショートバイトやバラシなどでフックポイントは鈍ってしまうことがあるので、貴重なワンバイトをものにするためにも、スペアフックを用意しておいて、ハリ先が鈍ったらどんどん交換していくことが大事。また、状況に合わせてフックサイズを大きくしたりするのも効果的。また、他のメタルジグにこのフックをセットして使うことも可能。持っておいて損はないアイテムだ。 

メタルマジックTGの実釣動画も絶賛公開中なので、釣行前には必ずチェックすべし!


本ページはプロモーションを含みます。 ※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。