[秋エギングの基本]干潮前後がベストの理由。浅場をテンポ良く探ると効率UP!

秋は、アオリイカを狙うエギングのベストシーズン。シャローエリアで、活性の高い個体が狙えるのがその魅力の1つ。そこで、秋イカ狙いのコツについて、エギングエキスパートの池内さんに解説をしてもらった。

●文:ルアーマガジンソルト編集部

2024 チニング特集

解説アングラー紹介

池内 修次(いけうち・しゅうじ)

太平洋側にも日本海側にもアクセスしやすい京都府在住。年間通してアオリイカを追い続けるエギングのスペシャリストだ。中層のエギングを得意とし、釣り場で釣果と笑顔を絶やさないのが持ち味。デュエル・ヨーヅリのプロスタッフ。

【本記事はルアーマガジンソルト最新号!】

『ルアーマガジンソルト2023年11月号』(9/21発売)では、今回の記事の全文を掲載。特集はエギング、エキスパートのテクニックや最新タックル情報など満載!

釣り場・時間帯・潮の変化の良い条件は?

秋のアオリイカの狙い方、まずは基本について。

池内「春はどちらかというとナチュラルに、よりスローに誘っていく方が反応が良い。反対に秋はテンポ良く探っていき、エギをより見つけやすくして誘っていく方が釣果に結び付きます」

朝マズメからはじまった実釣では、状況を探るため頻繁に場所移動を行なう池内さん。

広めの沖磯でランガンし、条件の良い水深を探っていく。浅いエリアが続き、シモリが点在している場所は有望なポイントだ。

池内「秋イカが多いシャロー帯をメインに探っています。浅瀬やシモリ周りにはイカが集中しやすく、釣りがしやすいことも利点ですね」

時間帯や潮周り等の状況の変化は影響はありますか?

池内「時間帯の変化よりも潮位変化が重要。潮が満ちていて水深があると、青物等のアオリイカの子供にとっての天敵が入り込み、イカが警戒してしまいます。そうなると障害物に身を隠したり、底付近から離れなくなったりして、捕食行動を取りにくい」

はじめに選んだのは、隣の沖磯との間を潮が流れるワンドで、水深が浅くなったポイント。アオリイカの活性を変化させる潮が動きやすく、広い範囲が浅いといった良い条件が重なるポイントは、イカが集まる可能性も高くなる。

池内「干潮へと続く時間帯や潮位が低いときは天敵の青物が少ないため、安心してベイトを捕食しやすいので活性が上がりやすいのです」

アプローチとしては、どんな事を意識していますか?

池内「身を隠しやすい海底付近からあまり動きたがらないので、ボトム中心に探っています」

残暑の影響で青物が好活性。状況の好転は潮変わりだが…

釣行を見ていると反応があるようだが、違和感のある反応を示す池内さん。

池内「シオ(ショゴ)がたくさんいますね。青物の反応が強すぎて、ダート系のエギで中層以上を狙うと先に反応してしまいます。エギのダートアクションは青物も好むアクションで、活性が高い時期は先に青物が集まってしまう」

対応策はありますか?

池内「青物は寄せず、ナチュラルにイカだけを誘えるエギに変えてアプローチしています。また水深が浅ければ青物が入り込まないので、より浅い場所や、潮位が下がるタイミングに狙うのが効果的ですね」

下げのタイミング、シャローエリア(浅場)の潮位が下がってくると、天敵の存在が減ることで、アオリイカの活性が上がるという状況があるようだ。

シャローエリアで潮位が下がる干潮のタイミングがベスト!

秋の新子アオリが浅い場所に多い理由は、ベイトが多く捕食が行ないやすく、シモリや海藻等の身を隠す場所が多いため。

そんな浅い場所でも、潮位が高いタイミングは青物等のアオリイカを捕食する外敵が侵入し、警戒心が強くなり反応が弱い状況の場合もある。

池内「いないわけではないので、アプローチを変えたり、時間帯を変えたりして狙ってみることも大切です」

ファーストヒットはシーズン初期としてはまずまずのサイズ。水深が深めのアテ潮のポイントで、少し沖で掛かったこともあり、意外な反応だった。

【ヒットエギ】
イージーQダートマスター 3.0号(デュエル)

池内さん使用タックル

(右)
ロッド:アサルトジェットタイプSアグレッシブフッキングアタッカー75MMH(ゼスタ)●リール:イグジストLT2500(DAIWA)●リールカスタム:ハンドル・ウィング92㎜/ノブ・フィーノプラスノブ/カスタムバランサーロング(リブレ)●ライン:X8 プロ イエロー0.6号(デュエル)●リーダー:ハードコアエギングリーダー2.5号(デュエル)●スナップ:エギ用ロウ付スナップV型1番(日本の部品屋)
(左)
ロッド:アサルトジェットタイプSマールエンカルマ~ナギ~77L(ゼスタ)●リール:イグジストLT2500(DAIWA)●リールカスタム:ハンドル・ウィング92㎜/ノブ・フィーノプラスノブ/カスタムバランサーロング(リブレ)●ライン:TX8エギング 3色マーキング0.6号(デュエル)●リーダー:ハードコアエギングリーダー2.5号(デュエル)●スナップ:エギ用ロウ付スナップV型1番(日本の部品屋)

【本記事はルアーマガジンソルト最新号!】

『ルアーマガジンソルト2023年11月号』(9/21発売)では、今回の記事の全文を掲載。特集はエギング、エキスパートのテクニックや最新タックル情報など満載!


※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。