【詳細情報公開!】メガバスのぶっ飛びシャロー専用シンペン『ハダラトラップ』を徹底解説!

茨城県の涸沼は汽水湖で、タイダルによる流れはほぼ無い。ここでのシーバスフィッシングはかなり独特になってくる。ハイシーズンに突入した涸沼において、現在田口さんがメガバス社と開発している「汽水湖対応」マル秘シンペンについて、ガッツリ詳細を語って頂いた。

●文:ルアマガプラス編集部

2024 イカメタル特集

解説していただくのは涸沼の超エキスパート・田口さん

【田口知宏(たぐち・ともひろ)】

茨城県在住。涸沼まで10分ほどの場所に住み、真冬以外はこのフィールドに通い混む。地元の釣具店に勤務し、多くのアングラーが彼のアドバイスを聞きに来店するほど支持を集めている。メガバスプロスタッフ。

沖のシャローレンジを攻略できる「最終兵器」を開発中!

ニュートラルな魚も食わせる「イレギュラーチドリ」

涸沼は全体的に浅く、使うルアーはトップかシャローランナーに限られてくる。

田口「涸沼は真ん中でも水深3mしかない、皿池みたいな場所です。キャスト範囲では水深2mもありません。だから、シーバスは下から上に食い上げたほうが効率的。なので、トレースするレンジは50cmから上をいつもイメージしてます。このレンジがゴールデンゾーンです」

田口さんが今開発しているのが、大遠投できて、しかもその先でシャローを引くことができるシンペンだ。

ハダラトラップ(メガバス)

遠距離でも沈まずシャローを引けるファットボディ

田口さんが現在開発しているプロトのシンペン。長さは86mmで重さは30g弱。80m以上飛ばせる遠投性能があり、ファットなボディによる浮力があるため遠距離でもシャローを引ける。ただ巻くだけで自動的に食わせのチドリアクションを発生。

【スペック】

  • 全長:85mm
  • 重量:28g程度を予定

田口「遠浅な涸沼では、沖を回遊しているシーバスにルアーが届かないことがある。だから飛距離が欲しい。けど、浅いから重いシンペンでは飛んでもボトムを叩いてしまう。食い気のあるシーバスの下のレンジを引いてしまってるんですよね。だから、飛距離が出てなおかつ上のレンジを引いてこれるルアーが欲しかった。このシンペンはフルキャストで80mは飛びますよ。そして、最大限浮力を持たせてあるので浅いレンジを引けるんです」

遠方のボイルも届かせられる超遠投性能

涸沼ではシーバスが沖を回遊していることがあり、飛距離がものを言うことも多い。プロトシンペンは80m超えの飛距離をマークし、それでいて沈み込まずシャローを引けるのが特徴だ。

ただ巻きするだけで定期的にチドリアクションが出るのもこだわった点。

田口「時合じゃないときや、ボイルが終わった後のニュートラルなシーバスにもスイッチを入れられます。下にウエイトを飛び出して設計することで、流れがない場所でもチドリアクションが出るようにしました。めちゃくちゃ飛んで、上のレンジを引けて、ゆっくり巻いても千鳥アクションが出る。そんなこれまでにないルアーになってますので、発売まで楽しみにしていてください!」

ただ巻き中に自動的にチドリが入る

約30gの重さがありながら、スローシンキングなのでボトムを叩かずシャローを引けるのがこのルアー。さらに、流れがなくてもスイム中にオートマチックにチドリが入り、ニュートラルなシーバスにスイッチを入れることができる。

これでしか食わない状況もあるというほど、すでにかなり完成度の高い仕上がりになっており、かなりの数のランカーをキャッチしてきている。

実釣取材終盤、朝マズメの終わりかけのタイミングにプロトシンペンでキャッチ。

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

田口「ボイル祭り終盤の沖に帰っていくニュートラルなシーバスも喰わせられる、タイトすぎない動きになっていますよ」

田口さんによるハダラトラップの実釣動画も只今公開中!


※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。