ライトゲームを幅広く楽しめる「ハイコスパロッド」はコレしかない!『ソアレBB(シマノ)』

アジングやメバリングに代表されるように、ライトゲームカテゴリーの中にも特定魚種のみを想定した専用モデルが存在する。それらはある意味“尖った存在”であり、クラスによってはストイックに追求するからこそ使いこなせるというモデルもあるだろう。しかし、ここで紹介する『ソアレBB』はライトゲームターゲットに広く対応し、ビギナーからベテランまで気軽に使えるスペックに仕上がっている。

●文:ルアマガプラス編集部

2024 新製品情報

ソアレBB(シマノ)

[写真タップで拡大]

【スペック】

品番全長(ft.)継ぎ方式継数(本)仕舞寸法(cm)自重(g)ルアーウェイト(g)適合ラインナイロン・フロロ(lb)適合ラインPE(号)
S76UL-S7’6″並継2117.2670.5-51-40.1-0.4
S76UL-T7’6″並継2117.2690.6-61.5-50.1-0.6
S76L-S7’6″並継2117.2750.6-121.5-40.1-0.6
S80L-S8’0″並継2117.2821.5-142-60.2-0.8

進化したスペックのひとつ目は、これまでは上位機種のみであったブリッジライクシートを、BBクラスにも新採用したこと。専用モデルのように尖り過ぎないブランクスのセッティングながらも、このブリッジライクシートを得たことで感度がよりアップすることになった。

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

そして、その尖り過ぎないブランクスもハイパワーXを新たに搭載することで、ネジレ抑制が大幅に向上。アングラーが意図する方向への正確なキャストが決まりやすく、不意の大物がヒットしても伸されることなく主導権を保ちながら、ファイトを楽しむことができる。

[写真タップで拡大]

ティップにはソリッド並みのしなやかさを持つソフチューブトップ、タフテックαとハイレスポンスソリッドという2種類のソリッドティップをモデルごとに適材適所で採用。

ソフチューブトップ [写真タップで拡大]

タフテックα [写真タップで拡大]

ハイレスポンスソリッド [写真タップで拡大]

全4本のラインナップを使い分ければ、ショアから狙える数多くのライトゲームターゲットを楽しむことができるので、ぜひソアレBBでチャレンジしてほしい。

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]


※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。