釣り物が少なくなる冬、釣り人をホットにさせてくれるのはアイツだ!

釣り物が少なくなってくる冬に、釣り人をホットにさせてくれるのがアジング。ワームやジグなどを使いアジを狙う大人気のライトゲームだ。魚の活性が落ちる低水温期でも狙いを的確にも絞れば、爆釣も夢ではない。

●文:ルアマガプラス編集部

2024 新製品情報

【THEフィッシング】名手が魅せる!!愛媛・戸島アジングゲーム

舞台は、愛媛県宇和島港からフェリーで約1時間の“戸島”。宇和海国立公園内に位置し水深が深く、潮流も速く豊富な栄養塩が海底から湧き上がってくる好漁場。江戸時代にイワシ網漁、近年はブリの養殖業が盛んな漁師の島だが、マニアの間では“アジの天国”とも呼ばれている。

[写真タップで拡大]

「もう、ワクワクが止まらない!」そんな戸島に降り立ったのは、ライトゲームのエキスパート・渡邉長士。ホームグラウンドの千葉・房総半島はもちろん、アジやメバルを求め日夜全国を飛び回る熱血アングラー。戸島へは初めての釣行だ。

[写真タップで拡大]

渡邉は、フェリーから降り立ってすぐに海を確認。しかし今回のターゲットであるアジが見当たらない。アジングをする際に、一番重要なことは「アジを見つけること」だと渡邉は言う。今回の冬アジング、もしかしたら苦戦か!?

[写真タップで拡大]

しかしアジングの名手にかかればお手の物。初めての場所でも、どんな所にアジはいるのか。タックル選びのポイント。状況に応じたジグの重さやラインの使い分け、狙うべきレンジ、活性によるアクションの工夫など。実釣中に丁寧な解説を交えながら、アジの居場所を見つけ連発させていく。これぞまさに職人芸。

[写真タップで拡大]

初心者はもちろんエキスパートも必見の、アジングの魅力が詰まった30分、お楽しみに!


※本記事は”ルアマガプラス”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。