今春発売!地域特化型ロッド第一弾は、アジング/瀬戸内スペシャル!?そのスペックとは?

釣具店などで絶賛予約受付中の新カテゴリーロッド『地域特化型ロッドコンセプト』第一弾はあのレジットデザインから発売されるスクアド・市杵島スペシャルというアジングロッド。地域特化型ってなに? どんなコンセプト?? 解説します。

●文:ルアマガプラス編集部(深谷真)

2024 新製品情報

『地域性』というコンセプトを打ち立てることによって生まれたロッドの個性

釣竿というのは、狙う対象魚と釣り方を主題としてまずは設計されます。それにメーカーの個性や設計者、テストアングラーの個性、想定するフィールドなどが盛り込まれて作られます。今回、ロッドメーカーであるレジットデザインからリリースされるのは『地域性』というコンセプトを色濃く盛り込んだモデル。

コルクグリップのデザインが高級感があり、にぎりやすい。フライロッドを少し意識したシガーデザイン。 [写真タップで拡大]

どこの地域を想定して作られたかというと、アジングが盛んな瀬戸内エリア。いくつかの地域的特徴があります。代表的なのはご存じのとおり『潮の流れが強い』。堤防から釣りが多く『足場高い』。ほかにもたくさんの地域的特徴はあるのですが、釣り竿という性質のものに、多くのコンセプトを盛り込むことは不可能です。現場で足繁くアジングに通うアングラーに聞き込み調査したところ、最も多く使うのが1.2gというジグヘッド

昨今は1gアンダーというジグヘッドが標準と言われているわけで、1.2gだと重すぎない?と首を傾げる人も多いかもですが、流れの速いエリアで、アジが群れるレンジにしっかりとルアーをドリフトさせるために1.2gを多用しているという地域性が見えてきたのです

リールは150g前後の小型リールを主軸にテストされています。 [写真タップで拡大]

なので、この1.2gニアのジグ単での釣り感を集中的に高め意識したロッドを、作っていただいたわけです。なんてニッチな!と思われるかもですがこの1.2gというジグヘッド帯の使い勝手を高めたことで、副次的にではありますが、かなり幅広い重さを扱うのに十分な性能がロッドに付加されました。

地域特化型Aspecialize concept(アスペシャライズ・コンセプト)はルアマガからの提案。今回はアジングのメッカ地域『瀬戸内エリア』をフューチャーしています。第二弾は北九州特化モデル『No.9』か!?という感じにプロジェクト化しています。Aspecializeは、area(地域)+specialize(特化)の造語。

そして、拘ったのが『足場高なエリアでも魚をキャッチできる』というファイト&ランディング性能。このいわゆるファイト性能に括られる部分は、なぜか軽視されがちなのですが、これにもかなり拘っています。使う素材にT1100Gという東レの最新素材(ナノアロイ技術を採用した33t中弾性カーボン)を採用しているのも、このあたりを意識したからです。

防波堤での釣りが多くなるのは地域に限らず。ただ潮位変化が大きい瀬戸内なので、干潮時でも安心して釣ったアジを手元にランディングする性能というのは欲しい。ラインの太さの兼ね合い、ドラグ性能を加味した『抜き上げ性能』が試された。 [写真タップで拡大]

アジングロッドには感度性能というのが求められます。アタリ感度だけでなく、ルアマガでも口を酸っぱくして言っている『潮感度』性能が必要です。はっきりいいます。アジングロッドに高感度なんていりません。ほどほどの感度で十分です。今回のロッドが不感症というわけでなく、釣りに必要な感度性能は十分に備え、不必要に高感度にすることによるデメリットを抑え、しっかりとファイト&ランディング性能にマージンを割いているロッドなのであります。※高感度には別のメリットはあります。ただ万人には不必要なメリット。

なので、中弾性カーボンを採用し、なおかつ、3ピースという仕様にすることを選択しています。これはベンディングを重視し、釣ったあとのファイト性能にかなり気を遣っているからなのであります。

瀬戸内をホームとするアングラーに意見を求めつつ、開発は進められた。写真は中江アングラー。(ロッドはプロト最終) [写真タップで拡大]

瀬戸内エリアを意識して作ったというニッチな仕様であり、しかも主題に据えたのが1.2gのジグヘッドというコンセプトの狭さ! ですが、ここを意識したことで、結果的にかなりの汎用性を手に入れています。つまり、裏を返せば『潮の流れが強いエリア、足場高いエリアで釣りをする人』にはフィットするのではないかと思っています。なぜか関東圏からの注文が多いっ!

T1100Gの33tと聞くと、感度は大丈夫なの?とおっしゃる方もいますが、この素材、ナノアロイ技術を採用しているので、強度感の割に軽く、感度面では高感度ロッドと遜色なくしかもしっかり曲がってくれる上に、トルク感があるのです。最近の素材の革新としてナノアロイはかなりロッドの性格を変えた技術のひとつです。 [写真タップで拡大]

レジットデザイン・スクアド 市杵島SP(Aspecialize-concept)のスペック、発売は釣具店にて!

  • 長さ:5ft5in
  • 継数;3ピース
  • テーパー:ミディアムファストテーパー(4:6)
  • アクション:ミディアムファスト
  • 素材:T1100G(東レ)/33tグラファイト/ナノアロイ技術採用
  • ルアー:0.3-3.0g。推奨1.2g前後。
  • ライン:1lb-3lb
  • 販売:釣具店ほか(ただいま受注受付中)
  • 価格:35,800円(税抜)・39,380円(税込)

こちら、コンセプトなどの企画はルアマガチームではありますが、レジットデザインから発売される陸っぱり初のアジングロッドとなります。設計の陣頭指揮をとった、同社CEOの飯高さんも改めて東京湾に持ち込んで実釣確認をして、狙ったコンセプトの使用感はもちろんのこと、軽い1g以下のジグ単での使用感もかなり良かったために、かなり満足げ。

飯高『テストの大半はお任せしていたのですが、あらためて使ってみると、このロッド、めちゃくちゃ汎用性高いじゃないですか。いわゆるピンピンのアジングロッドではないんですけど、ものすごく、使いやすい。自信持って皆さんにお勧めできることを再確認しました」

設計したの飯高さんも、お披露目取材で確信したとのこと。いわゆる流行りのパキパキなファストテーパー、ファストアクションのロッドではなく、十二分な感度性能を担保しながらアジングロッドの使いやすさを追求した1本、『スクアド・市杵島SP』にご注目ください。瀬戸内海、宮島に祀られる市杵島姫(イチキシマヒメ)にあやかって名付けた1本。水の神、瀬織津姫、弁天様でもありますので、ぜひそのご利益にもあやかってくださいませ。

釣具店様の注文は、発売元のレジットデザインにまでお問合せください。

[写真タップで拡大]


※本記事は”ルアマガプラス”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。