ショアジギングロッドの超スタンダード『コルトスナイパーSS(シマノ)』がリニューアル!さらなる強さと軽快性がここに!!

ショアジギング用ロッドのスタンダードクラス『コルトスナイパーSS』が、上位機種のテクノロジーをふんだんに投入することで、よりパワフルに、より軽快にゲームを楽しめるようになった。一体どんなテクノロジーで強化されているのだろうか?

●文:ルアマガプラス編集部

2024 新製品情報

コルトスナイパーSS(シマノ)

[写真タップで拡大]

【スペック】

品番全長(ft.)継数(本)継ぎ方式仕舞寸法(cm)ジグウェイト(g)プラグウェイト(g)適合ラインPE(号)本体価格(円)
S96M9’6″2逆並継149.5MAX 60MAX 45MAX 2.530,500円
S100M10’0″2逆並継157MAX 60MAX 45MAX 2.531,000円
S96MH9’6″2逆並継149.5MAX 80MAX 65MAX 331,000円
S100MH10’0″2逆並継157MAX 80MAX 65MAX 331,500円
S106MH10’6″2逆並継164MAX 80MAX 65MAX 333,500円
S100H10’0″2逆並継157MAX 100MAX 85MAX 432,000円
S100M-310’0″3並継109.7MAX 60MAX 45MAX 2.533,000円
S100MH-310’0″3並継109.7MAX 80MAX 65MAX 333,500円
S100H-310’0″3並継109.7MAX 100MAX 85MAX 434,500円

まず、ブランクスは先代モデルよりさらなるパワーアップを図るべく、縦繊維の内層&外層にそれぞれ逆方向からカーボンテープを密巻きにした三層構造のスパイラルXを採用。

[写真タップで拡大]

キャスト時やファイト時における瞬時のパワー伝達がアップしている。さらに、そのスパイラルXが施されたブランクスをカーボンテープでX状に締め上げて強化したのがハイパワーX。キャスト時、ファイト時のネジレをさらに抑制することに成功している。

また、ジョイントにはブランクス同士の継ぎ目部分をねじるようにして合体させるスクリューロックジョイントを採用。継ぎ目の固着を抑えるだけでなく、使用中のガタツキやズレも軽減。加えてキャスト時に発生する恐れがある高負荷による不意な破損を抑制してくれる効果もある。

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

グリップにはズレにくく、安定したパワーファイトが展開できて疲れも軽減されやすいVホールドフロントグリップをセレクト。リールシートは不意な緩みやガタツキを防ぐダブルナット仕様だ。

ラインナップは全8本のスピニングタイプを用意。堤防やサーフなどアクセスしやすいフィールド向けのモデルは2ピース、沖堤防や沖磯など携行性が考慮されるフィールドに対応するモデルは3ピースをそれぞれ採用している。今年こそステップアップしたショアジギングを楽しみたいアングラーには、ぜひ使ってほしいモデルだ。

[写真タップで拡大]


※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。