「ズル引きでも…リアクションでも…」ロクマルのブラックバスが釣れたクローホッグ系ワームとは。

ロクマルをその手にするには、釣り人側のテクニックも必須だけど、やっぱりルアーパワーも超大事! ってことで、ロクマル捕獲実績ルアーを達人たちに聞いてみた! マル秘ルアーも盛りだくさん! 使いこなせるかはアナタ次第!?

●文:ルアマガプラス編集部

2024 チニング特集

profile

岡 友成(おか・ともなり)
レイドジャパンプロダクトディレクター。ホームの岡山県で磨いたオカッパリは超一流。

玉置 証(たまき・あかし)
釣ることにこびない発想でルアーを大胆に改造し注目を浴びる。ホームは津風呂湖。

並木敏成(なみき・としなり)
アメリカのバスシーンにおけるサムライトーナメンターのアイコン的存在。O.S.P代表。

大西健太(おおにし・けんた)
エバーグリーンプロスタッフ。琵琶湖OKガイドサービスの超人気アングラー。

奥田 学(おくだ・まなぶ)
レジェンドでかバスハンターとしての経験を自らのブランド、シグナルに落とし込む。

クロー・ホグ系ワーム

バイズクロー4.5in(ベイトブレス)

琵琶湖に通ってた時代の思い出の自己記録
「昔は琵琶湖によく通ってて、マイボートでよく釣りしてました。ロクマルは東岸のシャローをテキサスリグで普通に撃っててキャッチ。今でも年一くらいで琵琶湖は行くんですが、そろそろ自己記録更新したいですね」
DATE:2004年4月
LAKE:琵琶湖
LENGTH:62.5cm
WEGHT:4380g
RIG:7gテキサスリグ

モンスター ダーツホッグ6.5in(ジャッカル)

ビッグバスを魅了する隠れた名作
「人が多かったんですが、周囲はライトリグばかり投げてたんでこれはどうかなと入れたら1投目でラインが走りました。そんなに深くない場所のウィードエリアに投げて、ボトムに着底するくらいですぐに食いましたね」
DATE:2014年6月
LAKE:琵琶湖
LENGTH:62cm
RIG:7gテキサス

ブラッシュホグ(ZBC)

ホグ系ワームのジャンルを確立した立役者
「こいつは55後半から60アップまで、たくさん釣ってますね。記憶に残ってるのはセミノール(フロリダ)とかメキシコとか。テキサスは3/8から1/2ozくらい。大きいサイズだからね。カラーはグリパン系の黒赤とか黒青のフレークをよく使ってます」
DATE:2009年頃
LAKE:レイクセミノール
LENGTH:62cmくらい
RIG:テキサスリグ

エッジブレイカー(エバーグリーンインターナショナル)+バウヘッド(ザップ)

冬から春のリアクションの釣りはこれで
「エッジブレイカーはクイックな動きが得意なんで、冬にボトムバンピングでリアクションで食わせる釣りに効果的。1月に62cmの長さで5000kgが釣れたときはその太さに驚きました」
DATE:2023年1月6日
LAKE:琵琶湖
LENGTH:62cm
WEGHT:5000g

ケラソニック(シグナル)

マルチテールが毛とは違う波動を生む
「これはまだプロトで、多動系ワームって呼んでるんだけど、テールが両サイドにあって後ろにキックテールが付いてピンテールと、色んな波動が出せるように作ったの。ダウンショットのシンカーは1/4ozかな。フリーリグでも使うね」
DATE:2023年6月
LAKE:琵琶湖
LENGTH:65cm
WEGHT:5300gくらい
RIG:ダウンショット


※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。