ベイトタックルでもジグ単の繊細な釣りができる!エステル ロングリーダーメソッドを解説!

ベイトタックルでアジを狙うのがベイトアジング。その第一人者が西村さんだ。「ベイトタックルを使うだけで釣り方は通常のアジングと一緒。まぁ、タックルのセッティングとジグヘッドにはこだわって、効率良く釣っているつもりですけど(笑)」。そのこだわりを解説してもらった。

●写真/文:ルアーマガジンソルト編集部

2024 チニング特集

ベイトタックルでも最適で、飛んで潮に馴染むラインシステムを発案!

西村「今はロッドもリールも進化しています。ベイトタックルでスピニングと同じように1gのジグヘッドがキャストできます」

西村さんが実践するベイトアジングは、釣り方自体はスピニングタックルによるアジングと同じということだ。

西村「一番の違いというか、ベイトアジングで特筆すべきはラインシステムです。PEライン0.4号に0.8号から1号のエステルのロングリーダーを結びます」

ロングリーダーの長さは?

西村「3ヒロ。約4.5mです」

ベイトリールにエステルラインを巻く、ではダメ?

西村「エステルはゴワつきがあって、ベイトリールに巻くとスプール内でラインが浮く。クラッチを切った瞬間にバックラッシュするくらいで、トラブルが頻発。4.5mくらいだとキャスト時に一瞬で出てトラブルレスです」

エステルリーダー0.8~1号…アジングにしては太めですが?

西村「まずスナップへの結節強度が上がります。あとエステルは高比重だから太くて長い分、潮になじませやすくなる。あとは飛距離」

エステルロングリーダーが飛距離に影響?

西村「投げるとジグヘッドを先頭に飛びますよね。ジグヘッドに引っ張られる形で高比重のロングリーダーが飛んで、軽いPEラインを引き出して飛距離が出る。フライで遠投するためのシューティングヘッドと同じ理屈です」

なるほど。飛ばすためのラインシステムでもある! と。

西村「だからベイトタックルでスピニングと同じように1gのジグヘッドをストレスなく飛ばして、繊細なアジングが実現できるんです」

このセッティングでアジからシーバスまで捕獲可能

西村「ビームスインテ6.4ULは、きれいに曲がるフィッシュマンのベイトロッドの中にあって異端児的な先調子。ライトリグが操作しやすく、感度も高い。繊細なアジングに十分対応します。ゲストに70cmのシーバスが喰っても獲れるパワーも備えています」

【使用タックルセット】

  • ロッド:ビームスインテ6.4UL(フィッシュマン)
  • リール:アルデバランBFS(シマノ)
  • ライン:PEライン0.4号プロト(フィッシュマン)
  • リーダー:テレフター1号(YGKよつあみ )

※2021年当時のものです

ロングリーダーで飛距離と操作性を高める!

西村さんの愛竿ビームスインテ6.4ULは全長193cmあるベイトロッドだ。このタックルを使用して、快適にライトゲームを展開するために、リーダーシステムやリグに工夫をしている。

西村「PEラインとリーダーの結び目はリールのレベルワインドのすぐ前。ガイドを通ってティップで折り返して左手の手元までがリーダーです。3ヒロ、約4.5m。このエステルのロングリーダーがベイトアジングで重要な仕事をします」

【解説イラスト①】

先重りで飛距離アップ!

西村「4.5m程度ならベイトリールに巻いてもトラブルは発生せず、キャスト時はエステルの重さが飛距離アップに貢献します。ジグヘッドを先頭にして、極細PEをスプールから引き出し、飛距離を稼いでくれることが期待できます」

【解説イラスト②】

潮に馴染んで喰わせ力アップ!

西村「エステルは高比重でリーダーを長くとるとより潮に馴染みやすくなる。軽量ジグヘッドの操作性が上がり、風の影響も受けにくいです。喰わせる部分はエステル、飛ばす部分はPEと役割分担が明確になります」

【西村さん使用リーダー】
使用リーダーは、XBRAIDのテレフターというラインだ。このリーダーを使用するのには、理由がある。
西村「エサ釣り用のハリスで、エステルのわりにしなやかで感度が良く、結節強力も高い。ジグヘッドの釣りにマッチします。1号でもアジは問題なく喰ってきます」

スナップは水の抵抗も考慮して選ぶ

あと細かい部分ではあるがスナップに関しても、西村さんのベイトアジングに欠かせないアイテムの1つと言えるだろう。

西村「再現性のある正解の釣りを確信するまで、ジグヘッドのウエイト、形状、フックサイズをこまめに変えたいので、交換も手返し重視です。あと、スナップは水の抵抗を受けにくいものが良いですね。水の抵抗が少なければ、リグの素のアクションが活かしやすいですから」

カルティバ 一手スナップ(オーナーばり)

上記の理由から、西村さんが愛用するのは、カルティバの一手スナップ。ワンタッチでルアー交換が可能なので、手返し重視の展開にも対応、さらに存在感が極めて小さいので、ライトゲームでの使用でもリグ本来の動きを阻害しにくい工夫がなされているのが特徴だ。

以上、いかがだっただろうか、西村さんのベイトタックル使用した、ライトゲームテクニック。スピニングとはひと味違った展開を楽しんでみるのもアリだろう。ぜひともチャレンジしてみてほしい。

アングラープロフィール

西村 均(にしむら・ひとし)

ルアマガプラスで連載執筆も担当するドクトルニシニシこと、西村均さん。超軽量ジグヘッドリグをベイトタックルでキャストしアジを狙う釣りを得意とするアングラー。ソルトだけでなく渓流など、幅広く釣りに精通。


※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。