【丁度良すぎる!】エギやイカメタルの「ちょい置き」に最適なオプションパーツが明邦から発売決定!

明邦の大人気タックルボックスである「ランガンシステムボックス」。近年はオフショアゲームでも大きな支持を受けており、アングラーはそれぞれの釣種に合わせた仕様にカスタマイズし、使いやすさを追求している。そんな同タックルBOXのオプションパーツから新たに「イカメタル専用」アイテムが登場!最盛期突入のイカメタルゲームをさらに快適にしたいなら要チェックだ。

●文:ルアマガプラス編集部

2024 チニング特集

スクイッドホルダーBM(メイホー)

【スペック】

詳細未定
8月頃発売予定

スクイッドホルダーBMはその名の通り、現在関西以西を中心に盛り上がりを見せる「イカメタル」を中心に開発したアイテム。

使用用途しては、タイラバやメタルジグ、シンカーの一時収納に最適な「ルアーホルダーBM」と同じだが、イカメタルやオモリグは、メタルやドロッパーオモリと仕掛けに付随するアイテムが多く、ちょい置きする際にも場所に困ることも…。

メタルジグやタイラバの収納に最適な「ルアーホルダーBM」。

そんな明邦スタッフが、ルアーホルダーBMより浅く、しっかりマスに区切られたものであれば置きやすいのではないかと考案したのがスクイッドホルダーBMなのだ。

本体背面には、差込口が3箇所設けられた取り外し式アタッチメントを採用しており、ランガンシステムボックスの両サイド、またはマルチホルダーを介したロッドスタンド、BM-290、BM-240などのスライドタイプのロッドスタンドに装着できる。

本体には水抜穴も設置してあるので、釣行後のお手入れも簡単!

もちろん、イカメタルスッテやエギ以外にも、ルアーやジグ、小型プライヤーやハサミのちょい置きにも最適!ルアーローテーションや仕掛けの組み直す釣りにはうってつけのオプションパーツだ。

発売は8月頃を予定、さらなる詳細が分かり次第ルアマガプラスでも続報をお届けしよう。


※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。