話題沸騰の新ゲーリーワーム『ヤマタヌキ』これからの季節にベストな3リグを伝受!



アングラーの技量を問わず、バスとの出会いを確約してくれる心強い味方、我らがゲーリーワーム。そのさまざまなラインナップを、もっともっと有効活用するために、ゲーリーファミリーのそうそうたる面々が基本からシークレットまでをルアマガプラス読者にも公開しちゃいます!!

今回のご案内はツカコウこと塚本康平さんです。紹介は変幻自在に扱えるゲーリーの新作ワーム「ヤマタヌキ」。自由度が高い反面、どう使ってバスを化かすべきか迷ってしまいますよね。でも大丈夫、今の時期オススメのリグり方を中部のスーパーロコにコーチングしていただきましょう!

【Profile】

塚本康平(つかもと・こうへい)

中部の超メジャーリバー・大江川&五三川を中心に活動し、岸釣りガイドも行なっている #ゲーリーつり部の若手筆頭。わずかな時間でも現場でロッドを振り、自身のスキルと経験値向上に余念がない。ニックネームは「ツカコウ」。

愛くるしいシルエットでバスを化かす!【ヤマタヌキ】

ゲーリーつり部のボス、河辺裕和さんから初めて『ヤマタヌキ』を見せてもらったのは昨年の冬前。もう目にした瞬間に「これはヤバい!!」と感じました。

ヤマタヌキ(ゲーリーヤマモト)

【スペック】

●全長:2.5in
●重量:約5.3g
●カラー:全12色
●入り数:10本
●価格:1,100円(税込)

まず、飛ぶ! オカッパリをメインに活動している僕にとって、飛距離は大きな武器になります。それにプラスしてテールの「ぽよよん」具合いが絶妙! さらにスリットが設けられているのでスナッグレス効果を備えながらもフッキング率が高い! この、たった2.5inの小さなボディに釣れる要素が満載なのです。

サンプルを手にして僕が最初に試したのは、このワームの定番とも言うべきノーシンカーリグでした。ひと口サイズながら自重が約5.3gあるので操作性に優れ、ベイトフィネスタックルで楽々扱えます。

ひとたび水中に入ればゲーリーワーム特有の水平フォールをバッチリこなしてくれるので、対空時間が長く、バスにしっかりと見せて食わせられる!

着底してからのズル引きではリップラップなどストラクチャーを乗り越える際にテールが「ぽよよん」と自発的なアクションを発生、よりナチュラルにバイトを誘発してくれるのです。そして、これが効くッ!!

これからの季節に効く「ヤマタヌキ」ベスト3リグ!

今回はそんな『ヤマタヌキ』を産卵期~アフターから夏にかけてどう使うか、ご紹介いたします。

この時期はモエビなどボトムや何かしらのストラクチャーに付いているベイトを捕食しがち。そしてなかなか口を使ってくれないことが多々あるためリアクションメインで仕掛けていきます。

そこで出番となるのがライトテキサスリグ&ジグヘッドリグ! さらに季節が進み、アフタースポーンの魚が増えてくるとノーシンカーリグが威力を発揮するはず!

スポーン絡みのタフバスには、静と動のアクション変化が有効!【ライトテキサス】

『ヤマタヌキ』にベストマッチのシンカーウエイトは3.5gで、着底したらパンッと跳ねさせてボトムでステイ、この繰り返しにより静と動のメリハリをつけることがキモとなります。

タングステンバレットシンカー(チル)に、フックはT・N・Sオフセット#1(ハヤブサ)を使用。ストッパーはセットせずにふわ~を演出します。

跳ねる際にピュッとスライドし、止めたときにふわ~とシンカーに追従しながらテールが「ぽよよん」!

これがスポーニング絡みのナーバスな個体に効くのです。

リアクションに特化しつつ中層スイミングもこなす【ジグヘッド】

テキサスよりクイックに誘いたいときや直立状態から「ぽよよん」とさせたいときはジグヘッドリグにチェンジ。

ジグヘッドはモノガードラウンドジグヘッド#1(ケイテック)がベストマッチ。2.7gがベースウエイトになります。

アクションはライトテキサスと同様ですが、こちらは中層シェイクでふわふわと水平姿勢を保ちつつのスローなスイミングも試してみたいところです。

ただし、どちらにせよテキサスリグに比べるとスナッグレス性能が劣るのでご注意ください。

季節が進んだら縦方向の水平フォール【ノーシンカー】

アフターのバスは表層付近に浮いていることが多く、横方向の速い動きに反応しにくくなります。

フックはテキサスリグと同様、T・N・Sオフセット#1でオッケーです。

その状態では虫やミミズなど動きが鈍くてパクッと食べやすいベイトをメインに捕食している傾向があるため、やはり2.5inの『ヤマタヌキ』はうってつけ!

水平フォールを中心にズル引きなど織り交ぜつつじっくりと誘ってみてください。



ツカコウ的「ヤマタヌキ」カラーセレクト!

僕のホームグラウンドである五三川は比較的マッディな水質のため濁りの中でも目立つ色を多く使用しています。

王道の#297グリーンパンプキンブラックフレーク、そしてツカコウ激推しは#341ダークブラウンブルーギル。この2色は絶対に外せません!!

前回の記事で河辺さんが書いていたとおり、どんなリグにも対応し、どんな状況下でも結果を生んでくれるゲーリー新作『ヤマタヌキ』。ぜひ皆さんも「ぽよよん」とさせてビックバスを釣りまくってくださいね!

『ルアーマガジン』2023年1月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2023年1月号

今月号のルアーマガジンは2つの「モノ」特集! まずは皆様もついつい使ってしまう言葉「神ルアー」。ガチで釣れるルアーの使いこなしや理論・理由を様々なアングラーさんの目線で紹介していきます。そしてもうひとつが「コスパ!」今の世の中、誰しも懐事情は厳しいもの…。悩めるすべてのアングラーに捧げる、お得術にご注目あれ! あ!今回のルアマガから創刊25周年に突入です! 直前から色々とありますが、今年も色々と盛り上げていきますよ~。

  • 発売日:2022年10月20日
  • 定価:990円(税込)
ルアマガプラス