アブ・ガルシアのオシャレなロッド「ズームサファリ」は使って楽しいアウトドア志向の釣り竿だった!



アブ・ガルシアはスウェーデン発の釣り具メーカー。今年で創業100年の歴史を持ち、国内の人気メーカーとはまた違った魅力を持つ人気のブランドです。近年では釣りに限らずアウトドア全般を志向したアイテムも取り揃えていて、この「Zoom Safari(ズームサファリ)」もそんなワンアイテム。釣り竿は釣り竿でも、アウトドアを楽しむための釣り竿なんです。スピニングモデルに加え、2021年にはベイトモデルが登場。この機会にお借りして、使わせて頂きました。

アウトドア志向の「ズームサファリ」シリーズ

ズームサファリ(アブ・ガルシア)

かつてアブが取り扱っていた「ズーム」「サファリ」という2本のオールドロッドの名前を取り、レトロに仕立てた「ズームサファリ」はこのアウトドアブーム最盛期に空前のヒットを飛ばし、特に昨年のスピニングモデルは一時的に入手困難になるほどの人気となりました。

その秘訣はやはりひと目でわかる「ギア感」。自然に溶け込む落ち着いた配色やコルク製のグリップなど、アウトドア人口の心をくすぐるデザインセンスが余すことなく発揮されています。

キャンプなどアウトドアの1ジャンルとして釣りを楽しみたい! という声に見事に応える、軽妙洒脱な「アウトドアギア」と言えるでしょう。

「ズームサファリ」を実際に触ってみる

今回はバス釣りの聖地・霞ヶ浦周辺でインプレッション。使ってみたのは主に「ZMSC-765L」、ズームサファリのベイトモデルの中では7ft6inという最もロングな番手です。

ズームサファリ ZMSC-765L(アブ・ガルシア)

【スペック】

●全長:7ft6in
●仕舞寸法:52.1cm
●標準自重:153g
●ルアー:2~15g
●ライン:6~12lb
●継数:5本
●パワー:L
●価格:17,050円(税込)

実は本格派レトロ! ググンと曲がります。

最初に触ってみて驚いたのはその柔らかさ。最近のロッドは「弾性率」が高く、曲がっても芯が残ってハリがあるのですが、ズームサファリはもっと芯から柔らかい感覚。これは確かにオールディーズな傾向です。「ZMSC-464L」「ZMSC-565L」も同じ「L」というパワー設定で、同様に柔らかいロッドになっていました。

しかしルアーや仕掛けの重みをしっかり感じてロッドに乗せ、振り抜くことができればしっかりと遠くへ飛んでくれます。特に7ft6inという長さを活かせるこのモデルならなおさら。ただ、ベイトリールで扱うことも考えると重めのルアーのほうが投げやすいかもしれません。

重みを乗せるとググン! と曲がります。使用ルアーは「ビーブル 3/8oz」。だいたい10gほどです。
バス釣りであれば「スピナーベイト」「クランクベイト」といったいわゆる「巻きモノ」系がおすすめかと。

柔らかさの利点は…釣れると楽しい!

最近では珍しいくらい柔らかいロッド、という印象のあるズームサファリ。それゆえにかけがえのない利点がひとつあります。すなわち、ファイトがめっちゃ楽しくなるということ。いざ魚が掛かると思いっきり引き込まれて、生き物の躍動感を余すことなく手元に伝えてくれるんです。

小さい魚もしかり、大きな魚だとなおさら。いろいろとトレースコースを変えながらここには絶対いるだろ! 的なアシの近くを攻め続けると、ヘビー級のアタリがゴンっと来ました。

みよ、足元まで寄せてもこの角度! なお当日ガイドしてくれた梅田さんは「陸王オープン」決勝戦の準優勝者。ランディングまでお任せしてしまって、本当にすみません…!

釣れたのは本命のバス…ではなくでっぷりと抱卵した特大キャットフィッシュだったのですが、格闘戦の迫力はひとしおです。ぎちぎちに締めたドラグを引きずり出すほどのハイパワーでズームサファリが気持ちよく弧を描きます。油断すると第3ガイドまで水中に引き込まれてしまうくらい曲がり込みます。楽しい!

白熱した展開を乗り越えてニコパチ。テンションが上がって添い寝する筆者。やっぱり、釣りって楽しいのが一番じゃないですか?

ズームサファリのショートモデルは小場所で楽しい!

4ft6in、5ft6inモデルはロッドとしてはかなり短い部類に入りますが、その分だけ取り回しがよく、小川や狭い用水路などで扱うのにぴったりです。小さい頃、木の枝とかをブンブン振り回して遊んでいた経験はありませんか? まさにあんな感じで楽しめます。

小型のナマズ用ルアー「スウィングビート55(ティムコ)」を結束。川幅が狭ければショートロッドでも十二分に探りきれるんです。

仕舞寸法はいずれも約40cmと相当短く、カバンやリュックサックに収まる長さ。散歩やリフレッシュのついでにちょっとだけ釣りをする…という気軽な楽しみ方にフィットするモデルですね。

6ft6inモデルのみ硬めのMパワー設定

ズームサファリのベイトモデルには長さ別に4本が存在しており、うち上記の3本はLパワーの柔らかい設定になっています。使うルアーや仕掛けの重さもそれに応じて軽めです。

しかし6ft6inモデルのみミディアムクラス。推奨ルアー重量も9~28gとなっており、他の3本とは異なる特徴を持つロッドです。バスやナマズを狙うにもより中量級のルアーを扱いやすいほか、海や河口部でチヌ(クロダイ)を狙うチニングをイメージした1本ですね。



「本気のレトロな釣り」を突き詰めてみては?

対象とする魚を限定していない「ズームサファリ」の遊び方は無限大なのですが、ルアマガプラス編集部からひとつおもしろい楽しみ方をご提案。それはズームサファリをタイムマシンとして用いることです。

そもそもアブはちょうど100年の歴史を持ち、後世に遺されるべき名作群を山ほど開発してきたのですが、中でもベイトリール「アンバサダー」は白眉でありもはや文化財。現在でも当時のモデルが高価格で取引されているほどで、これがレトロ調のズームサファリとしっくりくるのです。

このセットで本流や湖のトラウトなんかを狙えばもうカンペキにオールド・スクールなオールド・スタイル。いわゆる「オールドアブ」がお好きな方々にはたまらないセッティングでありましょう。

多摩川では春にマルタウグイが遡上。正確にはコイ科の魚ですが婚姻色も強く出て、季節の風物詩として親しまれています。一部では「ログ・サーモン」と呼ばれているとかいないとか…。魚がいさえすれば釣れるので、初めてでも楽しめます。

アウトドアの1ジャンルとして釣りを楽しむ。

このように、根底のテーマを「アウトドアとしての釣り」に置いたズームサファリの使い方はいろいろ。魚のいそうな水場さえあれば、キャンプや軽めの登山に持ち込んだりしてもベストマッチだと思います。

外に出るときいつでも手元においておけば、何かしら楽しいことが起こりそうなロッドです。ぜひに手に入れたいもの!

関連記事はこちら

ルアマガプラス