公式ストア

急上昇

【期間限定】ハズレなし!ガラポンチャレンジ開催中!
ブラックバス ルアーマガジン T.O.Y.2020 T.O.Y.

2020年に1番人気だったバス釣り新作ルアーはこれだ! 読者投票ランキング発表【ルアーマガジンT.O.Y.】

ルアーマガジン

  • 公開日:2021/08/29


ルアーマガジン読者が人気ナンバーワンタックルを決める、年に1度の恒例企画タックル・オブ・ザ・イヤーこと「T.O.Y.」。混沌を極めた2020年の世相とバスフィッシングシーンのさなか、最も多くのアングラーから支持を集めたタックルとはいったい…? その答えが明らかになる! 大トリを飾るのは昨年に新商品として登場したルーキールアーのランキング。流行を鏡写しに反映した当部門を確認すれば、また来年への期待も高まるというもの!

目次

ルーキー部門【2020年T.O.Y.】

2020年にリリースされたルアーから選出されるルーキーランキングは、毎年顔ぶれが一新される1度だけの鮮度MAXなランキング。注目度と期待値と実力が入り混じるフレッシュなルアーたちのいまとこれからに注目しよう。

2019年のT.O.Y.ルーキー部門はこちら

2020年T.O.Y.総集編はこちら

【1位】エグチャンク(レイドジャパン)

【198pt】

【スペック】

●全長:3.5、4in
●入り数:6、5個
●カラー:8色
●価格:935円(税込み)

波打つ爪とボディでやる気のあるバスの突進バイトを誘発

ジグスト、ミノストのトレーラーとして開発されたエグチャンク。そのコンセプトは、水を強く叩くこと。大きな塊と訳されるCHUNK(チャンク)らしく、ボディよりも大きく厚い爪が上下に大きく揺れて水を強く叩き、広域から食い気の立ったバスを一気にバイトへと持ち込ませる。テキサスやヘビキャロなどのリグとも相性は抜群だ。

江口俊介さんから受賞のお言葉が届いております!

江口「自分が開発したアイテムでも初めての受賞だと思うので嬉しいですね。開発で苦労した部分? 実はアレはサクッとできて、プロトの段階からアームとかイメージ以上によい感じでした。強いパワーでルアーが勝手に魚を呼んでくれるので、ぜひ使ってみてください。今後ともこうした評価をいただけるアイテムを作っていきたいと思います」

【2位】スリークマイキー(ジャッカル)

【137pt】

【スペック】

●全長:90、115mm
●重量:10.4、19g
●カラー:8色
●タイプ:フローティング
●価格:2,640、3,080円(税込み)

躱さず寄せるナチュラルアクションで獲る第3のマイキー

関東生まれのジョイントビッグベイト、躱マイキーシリーズの開発者、川島勉さんによる新作。ストラクチャーをタイトに攻める躱マイキーとは対をなす、ストラクチャーの近くのオープンにおびき寄せる食わせ系のタイトアクションがウリ。スピニングでも扱える90mmとボリュームアップの115mmの2サイズをラインナップ。

【3位】ナギサ(ジャッカル)

【131pt】

【スペック】

●全長:65、97mm
●重量:3.8g
●カラー:10色
●価格:1,936円(税込み)

食わせるための“動かなさ”を突き詰めたi字系プラグ

i字系の釣りでは「あるある」の、あと一歩で口を使わない寸止め状態の原因を、不自然なボディの動きによるものと判断。揺れの少なさを追求し、リアフック部のフィンとソフトテールを導入することで無駄な動きの元となる水流の制御を可能にした。サイズ感とシェイプはまさにベイトフィッシュと、とことんナチュラルにこだわっている。

created by Rinker
JACKALL(ジャッカル)

【4位】ブラストボーンSF(ジャッカル)

【115pt】

【スペック】

●全長:190mm
●重量:50.5g
●カラー:6色
●タイプ:スローフローティング
●価格:4,180円(税込み)

水中ドッグウォークでピンスポットに潜むバスを呼び寄せる

ビッグベイトのボリューム感とショートレンジのドッグウォークで、水中のピンスポットからバスを誘うアクションに特化。可動域の広いシングルジョイントとフラットボディ、ソフトテールが複雑な水押しと明滅効果を生み出す。



【5位】ヘルターツイスター(イマカツ)

【111pt】

【スペック】

●重量:1/4、3/8、1/2oz
●カラー:10色
●価格:1,870円(税込み)

スピナーベイトを超えたアラバマ的能力を発揮する

4枚のブレードがベイトフィッシュの群れと波動を演出する奇天烈系スピナーベイト。アッパーアームは可動式で、障害物に当たってもヘッドが横倒れせずタイトに通し続けられる。ヘッドにはウエイトをセットすることも可能だ。

【6位】ハニーナゲット(ジャッカル)

【108pt】

【スペック】

●全長:3、3.8in
●入り数:6、5個入り
●カラー:6色
●価格:880円(税込み)

最適なシーンで最適なアクションを演じる中層攻略ワーム

中層にサスペンドするバスを獲るために開発された特化型ワーム。最大の特徴はフリーリグやシンカーフリーのテキサスリグなど、シンカーの着底直後に変化する水平なフォール姿勢で、中層攻略にマストな食わせの間を意図せず演出できる。

【7位】ビッグ2ウェイ(レイドジャパン)

【105pt】

【スペック】

●全長:75.0mm
●重量:8.0g
●カラー:12色
●入り数:6個
●価格:935円(税込み)

サイズアップによる強すぎない存在感とパワーで食わせを加速

T.O.Yソフトルアー部門で1位に輝いた2ウェイのサイズアップ版。ベイトフィネスでも扱いやすいサイズで、アピール力も当然アップ。水質など、より目立たせたいときに投入してみよう。最大サイズのマグナムも存在する。

【8位】ブルスホッグ3in(ボトムアップ)

【103pt】

【スペック】

●全長:3in
●入り数:7本
●カラー:10色
●価格:847円(税込み)

ワームづくりの鬼が生んだ、パワーで寄せて食わせる逸品

上下左右に動くスリット入りのパドルやピリピリ震えるシングルタイプのヒゲ、4対のレッグなどのパーツはもちろん、ハリ持ちの良さと柔らかい動きを両立する素材など、川村光大郎さんのこだわりが詰まったホッグワームだ。

【9位】マックスブレード(レイドジャパン)

【97pt】

【スペック】

●重量:8、11、14g
●カラー:8色
●タイプ: パワー、スピード
●価格:1,210円(税込み)

レイドジャパンが考えるふたつのチャターベイト

チャターベイトが持つべき相反するふたつの釣れる要素をふたつのカタチで具現化。強波動でスローでもしっかりアピールするType-POWERと、微波動、ハイピッチで高速巻きに対応するType-SPEEDがそのふたつだ。

【10位】DBユーマ フリー(ジャッカル)

【95pt】

【スペック】

●全長:3.8、4.5in
●入り数:7、5本
●カラー:6色
●価格:825円(税込み)

入門にも上達にもピッタリなフリーリグ特化型ワーム

フリーリグでの使用に最適化するべく特化型ワームを秦拓馬さんが設計。フォール中はブレーキとなりフリー状態を生むアームと、シンカー着底後のロールアクションのアクセントとなるテールで動きにメリハリを与える。

ルアーマガジン

2021.08.29

急上昇

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。