とにかくシャープで深く掛かる!ワームフックでおなじみのノガレスの本気のトレブルフック『ゼロフリクショントリプルフック』【ルアーフック大全:ノガレス編】



バスフィッシングに限らず、どんな釣りでも魚に直接触れているのは『針=フック』だけだ。鋭くなければ刺さらない。強くなければ曲がるし折れる。そんな重要かつ繊細な、ある意味もっとも意識すべきタックル。今回はハードルアー用フックをフィーチャー。数々の名品をリリースしてきたノガレスの『ゼロフリクショントリプルフック』を、門馬悠太さんが解説!

【Profile】

門馬悠太(もんま・ゆうた)

プロショップスタッフ、バスボートディーラー勤務を経て、現在はバリバスのバスフィッシング営業企画を担当。霞ヶ浦水系のオカッパリ事情に詳しく、細かく丁寧な説明はビギナーにもわかりやすいと定評がある。

ゼロフリクショントリプルフック(ノガレス)

【Spec】

●サイズ:#12~#1の全7種類
●入数:4本、5本、6本
●カラー:ステルスグレー
●価格:715円(税込)

ルアー別オススメサイズ

●#1~#2:マグナムクランク、ビッグベイトなど
●#4~#6:シャロークランク、ジャークベイトなど
●#8~#10:5cm以上のシャッド
●#12:5cm未満のシャッド

摩擦抵抗が究極に少なく触れればサクッと刺さる

バリバスが展開するバスフィッシングブランド「ノガレス」。

ワームフックが充実しており、オフセットフックからマスバリ、ジグヘッドに至るまで多種多様なフックを数多く揃えている。その一方で、実はハードルアー用のトレブルフックというのは、ここで紹介する『ゼロフリクション トリプルフック』のみ。少々意外? な感じもするが、改めてその特徴をモーリスのバス担当・門馬さんに伺った。

門馬「もっとも注目すべきはフックポイントで、とにかくシャープさが際立っています。そこにフッ素系特殊加工の『ゼロフリクションコート』を施すことで、わずかな力だけでもしっかり掛かり、より深く刺さるのが特長です。フォルムはオーソドックスなラウンドゲイブを採用し、丸めのフォルムのクランクベイトから細身のジャークベイトまで、あらゆるタイプのハードルアーにフィットするハイバランス仕様になっています。ちなみに、ハイドアップやフラッシュユニオンのハードルアーには、このゼロフリクショントリプルフックが標準装備されているモデルもあります」

サイズ展開が最大で#1、最小で#12の7種類と豊富に揃う。サイズ毎に最適なルアーの目安はあるのだろうか?

門馬「僕個人基準の提案ですが、#1~#2ならマグナムクランクやビッグベイトが最適です。#4~#6ならシャロークランク、ジャークベイトなど。ハリ掛かりや水中での姿勢を考慮して、フロントとリアで違うサイズのフックを着けてみるというのも試してみてほしいです」

#8~#12になると、バス用としては小さめの部類だが…。

門馬「僕の場合はシャッド専用サイズですね。#12などは本当に小さいですが、ラパラのミニファットラップを筆頭に、5cm未満の小型シャッドにマッチします。それより大きいサイズのシャッドには#10、#8がオススメです」

チューニングフックを使うべき状況とは?

門馬「例えば冬のように食いが渋く、ショートバイトしかない状況でも、フッキング性能をより高めたチューニングフックに交換すれば、高確率でバイトを釣果につなげられます。ただ、特に小さなルアーの場合ですが、フックの重量だけで浮き姿勢やアクションのバランスが崩れてしまうので、オリジナルのフックと同サイズを選ぶことが基本になります」



関連記事はコチラ

『ルアーマガジン』2022年11月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2022年11月号

今回の表紙は「る○ぶ」をイメージしています。って、言わなくてもわかりますかね(笑)。旅をテーマに特集を考えていたときに真っ先に浮かんだイメージがコレでした。楽しそうでいいですよね~。実際、内容のほうも非常にバラエティ豊かなものになっています! ガチで使えるハウツーはもちろん、冒険心をくすぐる実釣企画、たくさんのお役立ち情報…。「る○ぶ」のように皆さまを楽しい旅へと導きますよ!

  • 発売日:2022年9月21日
  • 定価:990円(税込)
ルアマガプラス