実は人懐っこいお魚!? 興味津々でダイバーに近寄ってくるクロダイという魚 水中写真で見るサカナの生態:クロダイ(チヌ)編



海の中はどうなっていて、どんな魚がいるのだろうか。魚たちが暮らす場での、そのリアルな生活を垣間見たい。そんな思いで水中に潜り、撮りためた写真を集大成しました。クロダイは内湾部や河口域で普通に見られる身近な魚。警戒心が強い傾向にあり、釣り人は日夜さまざまな工夫をこらしつつ、頭を悩ませているそうです。

(※本原稿は『水中釣魚ワールド』からの抜粋です。)

水中写真で見るサカナの生態:クロダイ編

【Target Profile】

クロダイ(チヌ)

別名でチヌとも呼ばれるタイ科の魚。北海道南部から九州まで全国に広く分布する。近似種として本州エリアではキビレ、奄美諸島から沖縄エリアにはミナミクロダイ、ナンヨウチヌ、オキナワキチヌが生息する。

警戒心の非常に強いクロダイ

クロダイは警戒心が強い魚として知られている。たとえ水面から見えたとしても、防波堤などで人の姿が海面に映った途端にピュッと逃げてしまうのはよくある経験。潜ってクロダイを観察するときは確かにその警戒心の高さをしばしば実感する。

警戒して藻の間を縫うように移動するクロダイ。普段泳いでいるのは海底から少し上だ。

例えば、釣り人が撒き餌を使っているようなところを海中から見ていると、まず寄ってくるのは小魚やボラといったいわゆる餌取り。クロダイが一番にやってくるということはまずない。

エサ取りなどが騒いでいるのを聞きつけ、遠巻きに現れ、消えてたかと思えばまた現れるという行動を繰り返す。そんなシーンを何度も目撃したことがある。おそらくこれがクロダイの習性ということなのだろう。

エサに近づいてもダイバーの姿を見るとすぐにビュンとUターン。これが普段の様子。

そうして安心してエサが食えると判断すれば、近づいてきてようやく捕食。クロダイたちの常套手段なのだ。

 これはナンヨウチヌ。浅い海に多く海底から少し上でじっとしていることが多い。


濁りが大胆なクロダイの行動を誘発

荒れて濁った日本海の秋の海に潜ったときのことだ。まず撒き餌を数発入れておいてから潜水を開始した。すると、もうすでに海中にはクロダイがいて、オキアミをぱくぱくと食っていた。警戒心が強い魚のはずなのに、めずらしいことだ。

近付いてみても逃げないし、中には水面下まで浮上して積極的に食う魚もいる。濁りで警戒心が薄れ、さらにエサに執心しているので、行動は大胆で食うことにだけ専念しているハイな状態のようだ。水が澄んで透明度が高いときにはなかなかこんな行動は見られない。

濁りの回った海ではダイバーの目の前で撒き餌のオキアミに夢中になることもあるようだ。

一帯には10尾以上のクロダイが右往左往していたが、さらに遠巻きにはもっといたのだろうと考えている。思うにクロダイは人間で言えば人見知りだが、打ち解ければ積極的に盛り上がる…そんなタイプなのではないだろうか。

濁りがあれば、人も気にせず接近する。そんな大胆な一面を見せてくれる。

(※本原稿は『水中釣魚ワールド』からの抜粋です。)

魚は水中でどんなふうに暮らしているのだろうか?

『水中釣魚ワールド』好評発売中!

新刊情報ご案内

海の中はどうなっていて、どんな魚がいるのだろうか。魚たちが暮らす場での、そのリアルな生活を垣間見たい。そんな思いで水中に潜り、撮りためた写真を集大成しました。釣魚の行動観察録にはじまり、海中を彩る多種多様な魚たちの生態、そして捕食の瞬間まで、釣魚の生の姿を大紹介。水中撮影での苦労話やトピックス、各魚種の釣り方なども盛り込んでいます。

『水中釣魚ワールド』

●発売日:2021年8月4日
●価格:1,980円(税込)

関連記事はこちら

ルアマガプラス