公式ストア
公式ストア

高比重ワームやフリーリグを「自在に操れる」究極のロッドが登場!『ワイルドサイドヴァリアントモデル WSC-ST70H/TZ (レジットデザイン)』

  • 公開日:2022/02/28
ブラックバス ブラックバス(ロッド) ブラックバス(ベイトロッド) 鬼形毅 ルアマガ+の最新アイテム紹介 2022ロッド ルアマガ+のフィッシングショー レジットデザイン(LEGIT DESIGN) レジットデザイン(インタビュー) レジットデザイン(ロッド) レジットデザイン(バスロッド) ソリッドティップ


フリーリグや高比重ワームのノーシンカーリグなど、近年ますます注目を浴びてきている釣りにマッチするロッドがワイルドサイドヴァリアントモデルから登場! このロッドを使えば、ラインスラックを出すパワー系ワーミングの釣りが楽しくなること間違いなし! 

【Profile】

鬼形 毅(おにかた・たけし)

レジットデザインC.O.O.として、ロッドのデザインとブランドのプロデュースを手掛ける。現在も競技の舞台に身を置き続けている第一線のトーナメンターでもある。バスフィッシングの豊富な知識を活かし、艇王などの解説者としても活躍。  

ワイルドサイド ヴァリアントモデル WSC-ST70H/TZ “Solid Tip Model” 

【スペック】

  • 全長:7ft
  • ルアー適合範囲:7〜28g
  • 適合ライン:10〜20lb
  • 価格:52,800円(税込)


適度なスタック感とワームの違和感を無くすにはソリッドティップが必要不可欠だった 

ラインの違和感を完全に手中にし、感じる、掛ける、曲げる、獲る! 

あらゆるパターンに対応する豊富なラインナップと確かなクオリティで、全国のいろいろなアングラーに支持されているレジットデザインのワイルドサイドシリーズ。そこに新たなカテゴリーとして、ヴァリアントモデルが加わることに。 

鬼形 「ワイルドサイドは、初期モデルは2015年発売なので、もう7年経つことになります。流石に7年経つと技術や素材的にも進化をしていて、カーボンもより軽くて剛性が高いものが出てきていたりする。そうなると、スペックを見直しをすると焼き直しが必要だったりということも出てきます。最新の素材、製法、素材でアップデートしつつ、新たな番手も作っているという感じですね。素材や製法が進化している、というより、変わっていっている、というのが正しいかもしれません」 

――そんなワイルドサイドヴァリアントモデル、4本目に紹介するのがこのロッド。7ftレングスのヘビーパワーのベイトロッドにソリッドティップを搭載しているという、名前だけ見てもかなりニッチなロッドだということわかります。ズバリ、このロッドの狙いは? 

鬼形「ソリッドティップの良さは、ソリッドとチューブラーの反発力の違いで、ラインの重さを感じ取ることができること。なので、ラインを沈みこませるような釣りに向いている。高比重ノーシンカーのボトムズル引き、フリーリグ、キャロの釣りなどは、キャストしたらラインスラックを出しながら操作することになりますよね。そういう釣りには、長くてパワーのあるソリッドティップ搭載ロッドが使いやすいよね、ということで作りました。

意外にこういう番手はあまりなくて、もっと長かったり、強過ぎたりする。そういうロッドは琵琶湖方面では良くても関東での使い勝手が悪くなってくる。この番手なら、バックスライドやヘビダンでのモノ撃ちなど、結構出番は出てくると思いますよ」 

ティップに張りのある30tカーボンソリッドティップを搭載。ソリッドティップとチューブラーブランクの構造の違いにより、絶妙なティップのモタレ具合が発生。ラインのたるみが多く出ている時のバイトやリグの挙動を、アングラー側が感じとることが可能になっている。 

――最近全国的な流行になっているのが、高比重ワームをロングキャストして、ラインも完全にボトムまで沈み込ませていくというもの。あとはフリーリグやキャロライナリグも同様に、ラインスラックを出しながらリグを操作していく釣りですよね。やはりこういった釣りにはソリッドティップのほうが操作しやすいんでしょうか?

鬼形「普通の70Hのチューブラーのロッドだと、ティップが固過ぎて釣りがノー感じになってしまうと思います。バイトがあってもわかりにくかったり、ラインが不用意に動いてしまったりということが起きてしまう。ソリッドティップなら、ラインスラックを適切に扱うことができるので操作性も高いし、ティップに乗ったラインの重さでバイトも感じ取ることができると。ラインがたるんでいる状態でのソリッドティップなんで、バイトも深く出ますよ」

鬼形「ソリッドだからと言ってティップがべにゃベにゃじゃなく、ヘビーパワーにあった強さに設計してあります。ボトムの障害物にリグの当たったときも、適度な釣れるスタック感を演出できますよ。ベリーからバットにかけては、パワフルさとアラミド繊維補強によるしなやかな粘りを両立。フリーリグや高比重ワーム、バックスライド、ヘビキャロ、ヘビダンなどでぜひ使って欲しいですね。ボートだけでなく、オカッパリで使っても面白いロッドになっていますよ」 

レジットデザインの情報一覧

2015年の誕生後、瞬く間に全国各地にファンを獲得し、最強クラスのプロアングラーもサポートしている気鋭のロッドメーカー。飯高博文さんと鬼形毅さんという、稀代のロッドデザイナーコンビが生み出す数々のアイテムは紛れもなく『本物』。レジットデザインの情報一覧はこちら!

詳しくはこちら

ルアマガ+

2022.02.28

急上昇

コメントを投稿

コメント一覧

-->

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。